月組

想像以上の大作!月組次回本公演「I AM FROM AUSTRIA」日本初演

こんにちは、ヴィスタリアです。

取り急ぎ更新いたします。

月組次回本公演はウィーンミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」日本初演

月組の次回本公演の演目が発表になりました。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

月組公演
■主演・・・珠城 りょう、美園 さくら

◆宝塚大劇場:2019年10月4日(金)~11月11日(月)
◆東京宝塚劇場:2019年11月29日(金)~12月28日(土)

日本オーストリア友好150周年
ミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』

作曲・作詞/ラインハルト・フェンドリッヒ
脚本/ティトゥス・ホフマン、クリスティアン・シュトゥルペック
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/齋藤 吉正

「エリザベート」、「モーツァルト!」など数々の大ヒットミュージカルを生み出したウィーン劇場協会が、2017年9月にオーストリアそのものを題材として制作したミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」。

オーストリアの国民的シンガーソングライターであるラインハルト・フェンドリッヒが綴った名曲の数々と、「故郷」や「家族」をテーマとしながら、コメディー要素を散りばめつつ、華やかなレビュー満載の舞台は、オーストリア中に旋風を巻き起こし、2019年6月まで異例のロングランを果たし現在も上演中の話題作です。

折しも日本とオーストリアが国交を樹立して150周年となる記念の年に、105周年を迎えた宝塚歌劇の「我が心の故郷」という郷愁とも重なるこの作品を、珠城りょう、美園さくらを中心とした月組により、日本初演致します。

舞台はウィーンにある老舗ホテル・エードラー。
跡継ぎであるジョージは、伝統を重んじる両親に対し若者らしい革新的な改革を掲げ、悲願である“五つ星”獲得を目指し積極的に経営に参加していた。

そこへ、オペラ座舞踏会に出席する為に久々に帰国したオーストリア出身の人気ハリウッド女優エマ・カーターがお忍びでやってくる。
しかし従業員の一人が彼女の来訪をツイートした為、マスコミが押し寄せホテルは大混乱に陥ってしまう。ホテル側の不手際を詫びに、ジョージがエマの部屋へ訪ねると、ふとしたことから二人は意気投合するが……。

ホテルの御曹司として自らのなすべき事を模索するジョージ、世界的なスターでありながら自らを失うエマ、各々は惹かれあい、オーストリアの美しい街並みや自然の中で、自分の居場所を見つけていく。

オーストリアの第二の国歌とも称される主題歌「I AM FROM AUSTRIA」をはじめ、珠玉のナンバーに乗せて描かれる、心温まる舞台にご期待ください。

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190225_002.html  

1本物の大作が来ると噂されていた月組の2019年後半の本公演は新作ウィーンミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」の日本初演でした。

この月組公演が東京宝塚劇場の2019年の締めくくりにあたるので「ベルサイユのばら」がくるのではないかとヴィスタリアは思っていたのですがハズレました。

想像以上の大作で驚きました。

月組は海外ミュージカルの初演が多い。たま様は海外ミュージカルが続いている。

月組は海外ミュージカルの初演を多く上演しています。

◆「ガイズ・アンド・ドールズ」1984年
◆「ME AND MY GIRL」1987年
◆「グランドホテル」1993年
◆「1789」2015年

記憶とwiki先生を頼りに書き出してみましたがもし間違っていたら教えていただけたらうれしいです。

今回の「I AM FROM AUSTRIA」も月組が初演となりました。

たまたまかもしれませんが、芝居に熱く、緻密に作り上げる月組の雰囲気が大作の初演、一から作り上げることに合っているのではないでしょうか。

そしてたま様(珠城りょう)は毎年海外ミュージカルを本公演でされているのですね。

◆「グランドホテル」2017年
◆「エリザベート」2018年
◆「I AM FROM AUSTRIA」2019年

ホテルが出てくるようですが「グランドホテル」とは違い、ウィーンミュージカルですが「エリザベート」とも違う新作がどんな作品なのか楽しみです。

美弥るりかちゃんのいない月組だけれど

先日の夏のドラマシティ・青年館「チェ・ゲバラ」にしてもこの「I AM FROM AUSTRIA」にしても、美弥るりかちゃんがいない月組、宝塚なんですよね。

るりかちゃんがいないということをまだ受けとめきれていない気持ちがあります。
この気持ちが整理されたり言葉にできる日は来るのかはわからないでいます。

それでも月組子さんたちが懸命につくりあげる新作のミュージカルですから1回は観劇したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください