月組

終わりのはじまり、今という奇跡(月組「夢現無双」公演サイト更新開始)

こんばんは、ヴィスタリアです。

まもなく大劇場で花組「CASANOVA」が初日を迎えますが、その次の月組「夢現無双/クルンテープ」のサイトの更新が始まりました。

こうして公演の情報がリリースされると近づいてくるのを感じます。
終わりのはじまりなんだという、感傷的な気持ちでこれを書いています。

「夢現無双」と「MESSIAH」がリンクしている

ヴィスタリアは剣豪小説をほとんど読んでいない上に宮本武蔵のこともほとんど知らないので劇団のサイトの解説が勉強になりました。

これを読んで宮本武蔵は島原の乱に幕府側で参加していることを初めて知りました。

つまりたま様(宮本武蔵)はみりおちゃん(明日海りお/「MESSIAH」の天草四郎)やゆきちゃん(仙名彩世/「MESSIAH」の流雨)を攻撃する側にいたということですね。

「夢現無双」と「MESSIAH」がヴィスタリアのなかでつながりました。

また役についての情報もいくつか得ることができました。

◆沢庵宗彭/光月るう は武蔵の師として描かれる

◆新免無二斉/紫門ゆりや は美作(現岡山)で幼い武蔵を養子にした。当理流(総合武術の流派)の兵法者(武術、戦術に優れている者)。

◆吉岡伝七郎/夢奈瑠音、吉岡清十郎/暁千星 は武蔵と京都で決闘する?

◆佐々木小次郎/美弥るりか の秘剣は燕返し。眉目秀麗な美剣士。

燕返しについての解説もありました。

佐々木小次郎が福井県の一乗滝で編み出したとされる剣術。

最初の一撃はわざと外し、相手を自分の方に誘い込み、そこにすかさず二撃目を繰り出し、勝負を決めるというもの。

原作が読めるか(読む気になるか)自信がないので勉強になりました。

月城かなとくんと蓮つかさくんのキャストボイス

キャストボイスの初回はれいこちゃん(月城かなと)とれんこんくん(蓮つかさ)でした。

れんこんくんのキャストボイス。

さぁ~皆様!月組では久々となる日本物のお芝居、そしてタイのショーの稽古が始まっております。
私は『夢現無双』で植田良平役を演じますが、その他にも個性豊かな役ばかりで立ち回りもあり見所満載の作品になること間違いなし!

また、ショーもタイの世界観溢れ、私自身とてもワクワクしています♪頑張ります!

れいこちゃんのキャストボイス。

集合日を迎え、新しい作品がスタートしました!
お芝居は日本物。久々に着物に袖を通すと身が引き締まります!!
ショーは早速振り付けが始まっています。
タイのクラブの場面、男役がポールで踊ったりとてもかっこいいです!

今の月組の、このメンバーで出来る幸せを噛み締めて、お稽古頑張ります!

ヴィスタリアが気になったのがれいこちゃんの タイのクラブの場面、男役がポールで踊ったりとてもかっこいいというところです。

それはもう絶対かっこいいに決まっているじゃないですか。
どなたが踊るのか気になるところですし、るりかちゃんも踊るのかとっても気になります。

ぜひるりかちゃんにれいこちゃん、たま様(珠城りょう)と踊ってほしいです。

そしてれいこちゃんの最後の一文が…(涙)

月組のキャストボイスではよく「いまの月組」というキーワードをたびたび見かける気がするのですが、あらためていまの月組生さんたちがここに揃っていることの奇跡のようなものに思いを馳せたくなりました。

大劇場「夢現無双/クルンテープ」遠征することにした

ヴィスタリアは東宝組なので東上する作品は基本的に遠征しないようにしていますが、今回はるりかちゃんの退団公演ということもあり、遠征することにしました。

チケット、ホテル、仕事の調整など着々と準備を進めています。

そしてどうしてもこの日程で行きたいというのがあり、悩みましたし未だに後ろ髪をひかれていますが、星組「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」の大千秋楽ライブビューイングを断念しました。

七海ひろきのお兄様のラストデイなので見ないわけにはいかないと思っていたのですが…いろいろあって……ごめんなさい。

「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」は大千秋楽の数日前のチケットが取れたのでそれがヴィスタリアのなかでのお別れの日になりそうです。

いましかない月組も星組もしっかり心を込めて見たいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください