星組

星組天飛華音くんが語る「GOD OF STARS」新公初主演と本公演と星組スターたち

おはようございまず。ヴィスタリアです。

radikoのエリアフリーでラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」を聞きました。
ゲストは星組「GOD OF STARS-食聖-」で新人公演初主演をつとめたカノンくん(天飛華音)です。

本役のさゆみさん(紅ゆずる)はもちろんのこと、ことちゃん(礼真琴)
せおっち(瀬央ゆりあ)のお話もあって盛り沢山のトークでした。

なおパーソナリティーの小山乃里子さんの自由なお話は話題ごとにまとめています。

※夏休み中につきこの記事は予約投稿です。
いただいたコメント、メッセージ等はあらためてお返事いたします。

「GOD OF STARS-食聖-」新人公演初主演を終えて

いつものように新人公演が終わったばかりの収録でした。
小山さんが「ようやりました。いい線いったなと思って。今回みんな、すごい集中している気がして」と褒められると、カノンくんは舞台を振り返ってお話されました。

「まだまだ足りない部分が多いなとやりながらも感じたので、東京ではもっと成長した姿をお見せできたらなと思います」

「今回、私は緊張したんですけれど、いつものような集中できないくらいの緊張はなくて、やることに必死になって、主演をさせていただいていると実感したのが幕が降りるときで、そのときにすごいグワッとくるものがあって。
それまでは本当に必死にホン・シンシンをやりました、っていう感じなんです」

ちょっと不安げに声の小さくなるカノンちゃんに、小山さんは「あのホン・シンシンの役は気を抜いたらできないよね?」と聞くと本役のさゆみさんのお話になりました。
「私は男役の所作も全然できていないし、あの役は心から堂々していないと埋まっていないというか、自分でお稽古場の映像を見て客観的に自分をみるとそういう部分が目立つというか、薄いなあというか。
東京への課題なんですけれど、表面だけでなく心から堂々と舞台に立てるようにしたいです。
紅さんはやはりそういうのが本当にすごいなあと、客席を包み込むというか懐が深いというか、そうでなければあの役はできなくて、自分にはまだまだそういう部分が足りないなと思いました」

さゆみさんが見せてくれる懐の深さ、舞台も客席も包むような優しさと繊細さが伝わってくるすてきなお話だと思いました。

ホン・シンシンは最初のセリフからガラが悪いという話もありました。
「あそこは掴みで、ホン・シンシンがどういう人物なのかお客様にわかっていただかないといけないので、セリに乗った瞬間に“よし!ふてぶてしく、ふてぶてしく”と思って上がりました」

カノンくんにとって初めてのセリ上がりだったそうです。
「セリ上がりは初めての経験で、宝塚(大劇場)の奈落に行ったのも今回が初めてだったのですごく新鮮でした。
東京(宝塚劇場)の奈落は通路になので通るのですが、宝塚の奈落は本当にセリ上がりをする方しか行かないので、暗くて静かで、神聖な気持ちになりました」

小山さんに「でも待っている間はいろんな思いがあるもんね。拍手を聞きながら出番を待って。堂々とやっているなと思ったんだけれど」と聞かれると、
「堂々とできていたのか…実は何度かコケそうになって。体のバランスが…オッとなって、ああ緊張しているんだなと。
いつもは出だしは特に、歌いながら、声がガサついていたりそっちに気を取られて歌詞とか考えられないと思うんですけれど、今日は紅さんに昨日“お客様に元気をお届けする、幸せにしたいという思いが大切”と言っていただいいて、本当にその通りだなと、役づくりに必死になりすぎていて、一番大事なのはそこだなと。
緊張していたんですけれど、まずはお客様にちゃんと元気をお届けしたいという気持ちを一番にプロローグに臨みました」

その気持ちは客席にしっかり届いていたのではないかと、カノンくんの「拍手も笑い声もあたたかくて、宝塚は愛にあふれたすてきな場所だなと思いました」という言葉を聞いて思いました。

番組中では新人公演から「GOD OF STARS」の歌がオンエアされました。
かのんちゃんとひっとんのデュエットだと思うのですが、ひっとんの声が鈴のようでかわいかったです。
また掛け声を入れている星組生の元気なこと!

もう1曲新人公演からホン・シンシンの歌「シャイニングスターズ」がオンエアされました。
「初めて夜、教室で一人聞いたとき涙が出てきちゃって。本当に素敵な曲です。紅さんが歌っているのを聞いても毎度涙が出そうで、曲調なんですかね、心揺さぶられる大好きな曲です」

今回はお芝居もあり歌もあり、派手なアクションもあるそうです。
「立ち回りがお鍋とお玉を持っているのですが大きくて、衣裳も大きいし、銀橋での立ち回りもあって。
衣裳も着させている感、小道具の扱いもまだまだで、立ち回りももうちょっと練習して、今日感じた重さを忘れずに東京までがんばりたいなと思っています」

小山さんが「お鍋を鳴らすところでは笑いを取っていましたよ」と振ると、
「とれていましたか。ここは紅さんもいつも笑いを取っているので、絶対外してはいけないと思ってお鍋を叩きました」

ところでこの新人公演のお稽古は稽古期間が短かく苦労されたそうです。
「お稽古期間が短いというのはわかっていたので、配役が発表された時点で、これはできることをやっておかねばと思って、みなさんとお芝居を合わせるときにはできる限りのことをやって、あとは話し合って作れるようにと準備していたつもりだったのですが、合わせるとセリフが抜けたりとかいろいろありました。
主役というのは膨大なセリフの量なのだと思いましたし、これでショーもあって2公演あって、すごいなと思いました」

東京の新人公演にむけての課題は?
「表面だけでなく、ただのかっこつけではなく、懐深く、生き様がかっこいいホン・シンシンとして、お芝居ももっと深く深く考えて、その成長過程をしっかり見せていけたらなと思います」

鹿児島から音楽学校に入って

番組初登場とのことで音楽学校を目指したきっかけは?という質問がありました。
「両親がもともと宝塚が好きで、小学校に入学する前の休みに宝塚に連れてきてもらって観劇してから、もともとダンスとか習っていて舞台の経験はあったので、その姿を見て、“ああ、ここに、入る!”って思いました」

音楽学校時代は芝居の授業が好きだったそうです。
「鹿児島のミュージカルスクールでお芝居の勉強はさせていただいていました。
でも入ったのは中学生からだったので3年間だけ。
音楽学校でもお芝居は大好きな授業で、特に正塚先生のお芝居の授業は一人ずつ課題を渡されて覚えてきて、先生から一人ずつ直接ダメ出しを貰えたりするんですけれど、そのとき本当に役と自分の感情が一致する感覚とかを教えていただいて、お芝居って楽しいと思いました。
お芝居を好きと思うようになったのは音楽学校に入ってからですね」

同じ鹿児島出身で同期のあみちゃん(彩海せら)も先日雪組「壬生義士伝」新人公演で初主演、がんばっていました。
「舞台稽古を観に行ったんですけれど、あみちゃんのそれこそセリ上がりで振り返って白い歯がキラーン!と光った姿に、もう涙が出てきちゃって。
役もあみちゃんに合っているし、その前に本公演も見ていたんですけれど、あみちゃんの心のある芝居に泣かされて、同期ですけれど本当に尊敬するなあと思いました」

あみちゃんも「ビバ!タカラジェンヌ」に出演された際にカノンくんが新人公演主演するのが本当にうれしいと感激されていました。

彩海せらくん新人公演初主演と望海風斗様の言葉の届け方こんにちは、ヴィスタリアです。 radikoのエリアフリーでラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」を聞きました。 ゲストは雪...

それはカノンくんも同じようで「今日もLINEをくれてすごくうれしかったです。あちらも(東京公演中で)忙しいだろうに」とのことでした。

本公演 アイドルグループのキャラ設定とショーの見せ場

本公演のお話もありました。
カノンくんはご当地アイドルグループ「パラダイス・プリンス」のメンバーCanon役です。
「とっても楽しいです。アイドルグループで5人いるので、キャラ立ちが大切だなと。
私は嵐のなかでたとえると大野くんポジションで末っ子キャラです。
最初はかわいいキャラだったんですけれど、私のこの顔でかわいいキャラは厳しいとみなさんどうやら感じたらしく、“おっとり系でいいよ”と。
瀬央さんが松潤で、天華さんが桜井くん、極美さんが相葉ちゃん、天希さんがニノ!
この設定はすぐ決まりました」

◆ショーの見せ場は?
「フィナーレ前に礼(真琴)さんを囲んで下級生の男役4人組で踊らさせていただくんですけれど、スターさんが着るような全身スパンコールの羽根付きの衣裳をまさか、まさか着させていただいて。
しかも大好きな、尊敬する礼さんを囲んで、たった5人で舞台に立たせていただいています。
青の衣裳で、紅さんが着られていたお衣裳ですごくうれしいです。ここが一番の見せ場というか、見ていただきたいポイントです」

◆本公演の最後のアピール
「お芝居ではオレンジ色の髪の、おでこを出している、カノンという役はアイドル役ということで、自分の大好きなBTSになりきってやっています」

(番組中にカノンくんの好きな曲でBTSの「アイドル」がオンエアされました)

「この公演はいろんなところが見どころたくさんで、どこもかしこもおもしろいのですが、舞台でオレンジ色の髪を見つけたら、がんばりますので、ちょっと見ていただけたらと思います。
先生のカラフルにしてほしいというご意向で、私は最初、マッシュルームみたいに髪をおろしていたんです。
それが似合わなくて、舞台稽古でみなさんにいっぱい見てもらって、今の形になんとかたどり着いているんですが、見ていただけたらと」

オレンジ色の髪が目印ですね。覚えました。

星組の95期せおこと メッセージ

前回のゲストせおっち(瀬央ゆりあ)からのメッセージが紹介されました。

瀬央ゆりあが美しく語るGOD OF STARS/Eclair Brillant(ラジオの感想)こんばんは、ヴィスタリアです。 radikoのエリアフリーでラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」を聞きました。 ゲストは星...

カノンくんは「うわー。うれしいです」と声にならない、なんともいえない軽い悲鳴を上げていてかわいかったです。

次のゲストことちゃんへ、カノンくんから一言と言われると、ことちゃんへの気持ちがこもった声がキラキラしているのがわかりました。
「大好きな、尊敬する上級生です。舞台人としても人としても本当にすばらしくて、同じ組で近くで学ばせていただけて本当に幸せです。
次のトップスたーということで、少しでも支えられるように…とは私なんかが言えるセリフではありませんが、支えられるように、舞台人としても人としても成長できるようについていきたいと思います」

小山さんが「星組の雰囲気ってほんとうにいいいよね」と振ると、実感のこもった言葉が返ってきました。
「本当にあったかいなと。今日も新人公演の前に上級生のみなさんがほんっとうに優しくて、ああ、あったかいなあって思いました」

天飛華音くん 新人公演主演のご挨拶全文

皆様、本日は星組新人公演「GOD OF STARS-食聖-」を最後までご観劇くださりありがとうございました。
星組の天飛華音です。

この公演は紅さんのご卒業公演で、ハッピーになれる、本当に素敵な作品で、未熟な私にこのような大役が務まるのか不安な日々でしたが、この役をいただきたくさんのことを勉強することができて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この舞台を通して一番感じることは、舞台というのは本当にたくさんの方々に支えられてできているのだなということです。
いま目には見えていないけれど支えてくださる大勢の方々、尊敬する上級生のみなさん、大好きな星組のみんな、あたたかいお客様、本当に皆様のおかげで今日の新人公演をさせていただけたなと感じております。

みんなで一つのものを作り上げる喜びを感じ、あらためて舞台が、宝塚が大好きだなと思いました。

まだまだ未熟者ですが、今日のこの新人公演で感じた課題を胸に東京の新人公演ではさらに成長したお姿を見せることができるよう日々精進してまいります。
そして明後日からの本公演も誠心誠意つとめてまいります。

本日は本当にありがとうございました。

本公演はもちろん、カノンくんの初主演となる星組新人公演を東京で観劇できるのを楽しみにしています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください