花組

瀬戸かずや様の「CASANOVA」と「蘭陵王」(ラジオの感想)

おはようございます。ヴィスタリアです。

今日は花組「CASANOVA」東京公演の一般前売に参戦し惨敗しました。
花組はチケットを取るのが大変だと痛切に感じています。

さて、先日オンエアされたラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」のあきらさん(瀬戸かずや)のゲスト回を聞きました。

番組を進める小山乃里子さんの自由自在の楽しいトークは話題ごとにまとめています。

花組「CASANOVA」金髪の「トルコの兄ちゃん」

まずは上演中の「CASANOVA」の話からはじまりました。

「生田先生をはじめ、花組の皆で練りに練って作った作品なので、作ってきたものが「大丈夫だった」と確信に変わったのでうれしい」

あきらさんの率直な感想を聞くことができました。

小山さんは「CASANOVA」のあきらさんのコンスタンティーノ役を「トルコの兄ちゃん」と評していました。

「異国から来た富豪で、お金はありあまるほどあるが貴族ではないところに野心がある人物をどう作るか悩んだ。
2幕に行くにつれて濃くなっていくので、どう1本繋げるのかを悩んだ」

「今回は髭もなければ金髪で、”若い”、”若い”と言われていてこそばゆい。
衣裳も光輝いているので、アクセサリーもイヤラシイくらいくらいつけようと思っている。
花野さんにもたくさんアクセサリーをつけていただいて、そういう遊びも楽しんでいる」

あきらさんのコンスタンティーノのお写真、初日映像を見ましたが金髪で美しさが際立っていると思いました。

共謀するかれーくん(柚香光)との曲「秩序のもとに」は怖い曲だと水を向けられると、あきらさんは「私は憧れている貴族なので体中の血が沸き立つ」とお答えでした。

もう1曲あきらさんが中心となって歌う「仮面舞踏会」が番組中で流れて、楽曲提供したドーヴ・アチア氏の音楽の世界を味わうことができました。

あきらさんの役だけでなく作品や花組子さんのお話もありました。
「生田先生の言っていた”人が一人で悩んでいることや課題は、周りの人にとっては大したことがなくても当事者にとっては大事件で前に進めなくなってしまう”、という繊細なところを大切にしたい」

「ショーは本編のカーニバルからフィナーレロケットに繋がっていくのがおしゃれだと思う」

かれーくんについて。
「柚香とお芝居をするのも久しぶり。舞台上で日々変わっていく彼の目の奥のものだったり、コミュニケーションがあるのが楽しい」

ちなつさん(鳳月杏)について。
「かっこいいし、男役がやるからこその強さがある。ナンバーとかの決め方、表情、余韻がさすが」

「いまの花組だからこそだせるもので、仙名はじめたくさんの人がやめてしまうし、ちなつも組替えしてしまうし、稽古場から感じるものがあった。
でも皆が生き生きしているので、寂しいとか忘れさせてくれる」

ほかに下級生に薦めてもらった曲ですてきだなと思った曲ということでイーグルス「デスペラード」が紹介されました。

衝撃の「蘭陵王」と帆純まひろくんのこと

コンスタンティーノが今まででになかった役という話になると、あきらさんは前作「蘭陵王」のことをお話されました。

「コンスタンティーノは今までにあまりなかった役だけれど、前作「蘭陵王」はすごく助けてくれたと思う。
稽古場で通しをして映像を見ると、手が折れていてオネエぶりが体に沁みについていたので、それを取るのに苦労した」

「「蘭陵王」で毎日お客様と舞台を作っていること、日々変わる空気感、舞台が息づいていることを感じた。
そういう意味で「蘭陵王」ですごく鍛えてもらったし、どんな反応がきても自分がやるべきこともやる強さみたい(なものを学べた)」

「この学年でこういう役がくるとは衝撃的だったが、男役を続けてきたからこそオネエに見えるというか、”男性がやっているようにしか見えなかった”という誉め言葉をよくもらった」

たしかに「蘭陵王」のあきらさんは衝撃的でしたが、演技力、表現力のたしかさをこれでもかと見せてくれたとヴィスタリアは思っています。

その「蘭陵王」で恋人役逍遥君を演じたホッティー(帆純まひろ)についてのお話もありました。

「(逍遥君の演技について)あんなに冷ややかな顔もできるようになったんだと、おねえさんは…おにいさんは…おじさんはうれしく見ていた」
「下級生のころからお手伝いをしてくれたり、悩んだり喜んだりを見てきて、いろいろ熱心に聞いてくれたので、その子がやっと新人公演の主演をつかんだというのは自分のこと以上にうれしくて泣いた」

あきらさんの優しさがよくわかるお話だと思いました。

「ホッティーは整理がつかめないと前に進めないタイプなので、いま一生懸命進もうとしている」

次回はホッティー(帆純まひろ)が登場するとのことで楽しみです。

前回のゲスト極美慎くんは、あきらさんから声をかけたそうです。
「ある種一目惚れかもしれないけれど、すごくかっこいい下級生がいると思って声をかけたら本当にすごい下級生だった。
活躍を楽しみにしている」

小山さんも仰っていましたが、あきらさんの下級生に対する目配り、心配りが伝わってくるようなお話でした。

金髪の麗しいあきらさんが活躍される「CASANOVA」を見るのが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください