月組

月組公演カクテルに佐々木小次郎が!そして宙組全ツと、明日海りお様のポスターのこと。

こんばんは、ヴィスタリアです。

今日はニュースの多い日ですが、ヴィスタリアの独断と偏見と偏愛で気になった順に書いてまいります。

明日初日の月組「夢現無双」公演カクテルは3種類!

明日いよいよ初日を迎える月組「夢現無双/クルンテープ」宝塚大劇場公演の特別メニューが発表になりました。

公演カクテルは「二刀流」「長干し竿」、そしてノンアルコールカクテルが「横笛」となっています。

通常はアルコール入りカクテルが1種類、ノンアルコールカクテルが1種類のところいつもより種類が多いんです。

「二刀流」は言わずもがな宮本武蔵、「横笛」はポスターで美園さくらちゃんのお通が持っていました。

「長干し竿」の由来を知りたくて検索したところ佐々木小次郎の刀を「物干し竿」というそうですね。

公演カクテルにも美弥るりかちゃんの退団に向けてのはなむけがあるのね、としみじみしています(涙)

(今回の記事の画像は満月のようなレモンと長めのシナモンスティックが竿っぽいかな〜と選んでみました)

いつもはビール派のヴィスタリアですが今回はせっかくなので「長干し竿」を味わってみようと思います。

宙組全国ツアー「追憶のバルセロナ/NICE GUY!!」で真風涼帆様が熊本凱旋

宙組の全国ツアーの演目と日程が発表になりました。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【全国ツアー公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
宙組公演
■主演・・・真風 涼帆、星風 まどか
◆全国ツアー:2019年8月31日(土)~9月23日(月)ミュージカル・ロマン
『追憶のバルセロナ』
作・演出/正塚 晴彦

2002年に絵麻緒ゆうと紺野まひるを中心とした雪組によって上演された作品の再演。

時は19世紀のスペイン。バルセロナの貴族の嫡子フランシスコは、宣戦布告してきたフランス軍に立ち向かうべく、親友のアントニオと共に戦場へと向かう。

激しい戦闘の末、フランシスコは瀕死の重傷を負うが、旅芸人一座の娘イサベルの献身的な介抱によって一命を取り留める。

一座と行動を共にしながらも、フランス軍に占領された祖国の現状を憂うフランシスコは、カーニバルの賑わいにまぎれバルセロナへと潜入。

そこで彼が目にしたのは、いまやフランスの協力者となったアントニオと、彼の妻となったかつての許嫁セシリアの姿だった……。

祖国の誇りを取り戻すため立ち上がる青年の、愛と戦いの物語。

ショー・アトラクト
『NICE GUY!!』-その男、Sによる法則-
作・演出/藤井 大介
「ナイスガイ」をキーワードに「男の美学」を追求したこの作品は、2011年に大空祐飛を中心とした宙組によって初演。
“その男、S”とは真風涼帆のことであり、シャープな格好良さ、大人の男の優しさなど、真風涼帆を中心とした宙組の魅力を余すところなくお届けする、華やかでダイナミックなショー作品です。
https://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20190314_004.html

日程を見ると梅芸→鳥取県→熊本県→宮崎県(宮崎市、延岡市)→大分県→福岡県→石川県→富山県→千葉県と、九州が多く北日本は回りません。

特に熊本はゆりかちゃん(真風涼帆)の出身ですから凱旋になりますね。

しかし2月に博多座「黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA」があったことを考えると九州の公演がやや多いような気がします。

もう一つ気になったのがゆりかちゃんがトップ就任してからの再演ものの多さです。

◆「天は紅い河のほとり/シトラスの風
◆「白鷺の城/異人たちのルネサンス」
「黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA」
「オーシャンズ11」
「追憶のバルセロナ/NICE GUY」

※紫色が再演ものです。

特にオリジナルのショーがまだ1本もありません。
ぜひ次の大劇場公演でまかまどのオリジナルショーが見られることに期待したいです。

明日海りお様の「恋するARENA」ポスターがすっごい

すっごいポスターがアップされました。

なんという眩さ、かっこよさ、美しさでしょう。

5年以上トップをされてきたみりおちゃん(明日海りお)。

ヴィスタリアは前半を映像で、そして「邪馬台国の風/Sante!!」からは劇場などで見ています(当時はまだ宝塚歌劇にこれほどはまっていませんでしたが)。

いろんなみりおちゃんを見てきたなあと思うのですが、みりおちゃんの男役の引き出し、可能性はいったいどれほどあるのだろうと感嘆せずにいられません。

新しいみりおちゃんのかっこよさ、美しさを見たなあと思います。

「恋スルARENA」は平日開催なので行くのは難しいと思っていたのですが、こんなすてきなポスターを見て申しまずにいられましょうか。

「Delight Holiday」はライブビューイングで見て楽しかったので今度は会場で見て盛り上がれたらいいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください