花組

怒涛の花組ニュースが衝撃的すぎる

こんばんは、ヴィスタリアです。
取り急ぎ更新いたします。

3連休を前に花組にニュースが次々と発表されて衝撃を受けています。

鳳月杏様が組替えで再び月組に!

これが一番の衝撃でした。
ちなつさん(鳳月杏)の組替えが発表になりました。

組替えについて

このたび、下記の通り、組替えを決定しましたのでお知らせいたします。   

花組 鳳月 杏・・・2019年4月29日付で月組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190111_008.html

2014年末に月組からに花組に組替えになったちなつさんが約3年半を経て再び月組に組替えとなります。

これは一体どういうことなんでしょう。
どう考えればいいんでしょう。

ちなつさんが月組でどういったポジションをつとめるのか考えてしまいます。

先日「ON THE TOWN」を観劇して別箱2,3番手をつとめていたありちゃん(暁千星)、おだちん(風間柚乃)がいて、東上主演を果たしているれいこちゃん(月城かなと)がいて、2番手には美弥るりかちゃんがいて…。

そこにちなつさんが入るのなら、月組から誰かが異動になるような動きがあるのでは?と考えてしまうのです。

そして花組からちなつさんがいなくなったら誰か男役さんが入るのが自然……いえ入らないと失うものが大きすぎると思うのですが、それはないのでしょうか。

キキちゃん(芹香斗亜)が宙組に行ったときに花組に誰も来なかったのと同じパターンになるのでしょうか。

次期トップ娘役は華優希ちゃんでお披露目は横浜アリーナの明日海りお様コンサート

ゆきちゃん(仙名彩世)の後任、次期トップ娘役とお披露目公演も発表になりました。

花組の次のトップ娘役ははなちゃん(華優希)です。

花組 次期トップ娘役について
このたび、花組次期トップ娘役に、華優希が決定しましたのでお知らせいたします。

なお、新トップ娘役としてのお披露目公演は、2019年6月25日に初日を迎える花組横浜アリーナ公演『恋スルARENA』となります。  

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190111_010.html

はなちゃん、おめでとうございます。

で、お披露目が横浜アリーナ公演?!
こちらも年間スケジュールにはなかった公演でかなりびっくりな発表です。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【横浜アリーナ公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

花組公演
■主演・・・明日海 りお、華 優希

◆横浜アリーナ:2019年6月25日(火)19時、6月26日(水)14時・19時
座席料金:センター席8,800円 アリーナ席8,800円 スタンド席6,000円
※当初発表の公演スケジュールから変更(公演を追加)して上演いたします。

明日海りおSUPER TIME@045『恋スルARENA』
作・演出/齋藤 吉正

国内外のトップアーティスト達が、数々の歴史的なライブをおこなってきた横浜アリーナ。
世界有数の規模を誇るこの夢の舞台で、宝塚歌劇として初のコンサートを花組トップスター明日海りおが開催。

ゴージャスでエキサイティングなステージにおいて、進化し続ける明日海りおの魅力を余すところなくお届け致します。
なお、明日海自身が一部衣装デザインにも挑戦。
横浜アリーナならではの機構を駆使した、圧巻のパフォーマンスをどうぞお楽しみください。

この公演は花組新トップコンビ明日海りお・華優希のお披露目公演となります。  

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190111_007.html

花組の初夏は2分割ではなく3分割だったのですね。
ところで” 明日海りおSUPER TIME@045”の”@045”ってなんでしょう。

みりおちゃん(明日海りお)、宝塚歌劇史上初の横浜アリーナ公演おめでとうございます。

そしてこのコンサートはちえさん(柚希礼音)が退団前に武道館でコンサートをされたように、偉大なトップ・オブ・トップの退団に向けてのコンサートなのかな?と考えずにはいられません。

悲しいことですけれどいよいよ2019年後半の花組本公演はそのときなのかもしれません。

水美舞斗くんが特別出演?!バウホール主演は綺城ひか理くん& 飛龍つかさくん

花組3分割のうち一番最初に幕が開く バウホールはあかさん(綺城ひか理)とつかさくん(飛龍つかさ)がバウ初主演を果たします。
あかさん、つかさくん、おめでとうございます。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

花組公演
■主な出演者・・・綺城 ひか理、飛龍 つかさ ほか
<特別出演>水美 舞斗 ほか(5月20日~27日)

◆宝塚バウホール:2019年5月20日(月)~6月4日(火)

※当初発表の予定より、公演期間が変更となりました。
※出演者につきましては、宝塚歌劇公式ホームページ等で別途ご案内いたしますが、公演期間の前半と後半で一部変更となる予定です。

ショーケース『Dream On!』
作・演出/三木 章雄

花組の若手メンバーを中心としたショーケース『Dream On!』。
“夢”をテーマに、第1部では海外のレビューを取り入れることから始まった宝塚レビューの歴史をメドレー形式でお届け致します。

第2部では歌とダンスで、夢に溢れる宝塚歌劇のショーの魅力に迫ります。
未来のスター達が、この瞬間ならではの煌めきを放つ、フレッシュでエネルギッシュなステージ。  

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190111_005.html

そしてこの公演の日程の一部にマイティー(水美舞斗)が”特別出演”するとのことです。
マイティーは花組の他の公演(「恋するARENA」または「花より男子」)にも出るということでしょうか?

マイティーの出演期間後に誰が出るのかも気になります。

柚香光くんが再び少女漫画の名作で主演「花より男子」

3分割のうち赤坂ACTシアターはかれーくん(柚香光)主演で少女漫画「花より男子」が舞台化されます。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【TBS赤坂ACTシアター公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

花組公演
■主演・・・柚香 光

◆TBS赤坂ACTシアター:2019年6月15日(土)~7月2日(火)
※当初発表の予定より、公演期間が変更となりました。

TAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE
『花より男子』~原作 神尾葉子「花より男子」(集英社マーガレットコミックス刊)~
脚本・演出/野口 幸作

1992年から少女漫画誌『マーガレット』(集英社刊)にて連載がスタートし、実写映画化、テレビアニメ化、そして国内外でテレビドラマ化と、社会現象となった少女漫画の金字塔的作品『花より男子』が宝塚歌劇の舞台に初登場致します。
「胸キュンストーリー」と魅力的なミュージカルナンバーでお届けする新時代のミュージカルにご期待ください。   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190111_006.html

かれーくんは「はいからさんが通る」に続いて少女漫画の舞台化で主演されるのですね。
なかなかめずらしい主演歴ではないでしょうか。

「はいからさんが通る」と「花より男子」は時代も雰囲気も違う作品ですが、作品にやや偏りがあるような気がします。

ミュージカル、悲劇など幅広い作品にチャレンジして芸の幅が広がる機会があることを今後に期待したいです。

ところで公演期間が当初7月1日までだったのが1日延びていますが、これはなんの調整なんでしょう。
まさか1日でチケット難が解消されるとは思っていませんよね。

花組次期副組長は芽吹幸奈様

副組長の花野じゅりあさんの退団により、くみさん(芽吹幸奈)が副組長になることも発表されました。

くみさんは「ポーの一族」の大熱演と「Delight Holiday」で「エリザベート」の歌を見事に歌っていたのが印象的でした。

このたび、下記の通り、副組長の就任を決定しましたのでお知らせいたします。   

花組副組長就任 芽吹 幸奈・・・2019年4月29日付で花組副組長に就任

※なお、現・花組副組長 花野じゅりあは、2019年4月28日付で退団いたします。  

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190111_009.html

順当かつ適切な人事でほっとしています。

取り急ぎ思ったことを書きましたが、いろいろと思うこともあるのでまた追加で書くかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください