花組

“花娘”たちが気になる「CASANOVA」人物相関図と、月組「夢現無双」配役発表に思う

こんばんは、ヴィスタリアです。

ブログを書くようになって思ったのですが宝塚歌劇のニュースリリースってどうしてこんなに不規則なんでしょう。

昨日は突発的なニュース(雪組休演者)がありましたがそれ以外は特段ニュースがありませんでした。

今日はバウでイシ様(轟悠)主演「パパ・アイ・ラブ・ユー」が初日を迎えた中、たくさんのニュースが更新されました。
イシ様はじめ専科、宙組のみなさま初日おめでとうございます。

花組「CASANOVA」人物相関図と新人公演キャスト発表

花組「CASANOVA」の人物相関図と新人公演キャストが発表になりました。

人物相関図を見るとなんともいってもかれーくん(柚香光)とちなつさん(鳳月杏)の夫婦のインパクトがすごいです。

しかもちなつさん、かわいい花娘たちを「忠実な僕」にしているではないですか。

ちなつさんは配役発表の時点では月組への組替えが発表になっていませんでしたが、あらためて花組最後の出演作が”花男”ではなかったということになるのですね。

今回はショーがなくて1本物なのでより強くそう思いました。

このちなつさんのコンデュルメル夫人を新人公演でひっとん(舞空瞳)がやるというのも気になります。

ひっとんはかわいいイメージがありますし「黒魔術に傾倒」していて「忠実な僕」のいる女性の役をどのように演じるのか気になります。

そしてヴィスタリアが注目したのがしろきみ(城妃美伶)ちゃんの男装の麗人!!です。

しろきみちゃんの美貌で男装だなんてどきどきしちゃいそうです。見るのが楽しみです。

花野じゅりあさんのお役もすごいです。
だってカサノヴァ/明日海りおの愛人の一人でありながらアントーニオ/柚香光の元愛人なんですよ。

そんな人生、楽しいでしょうね。
(楽しいばかりではないかもしれませんが)

月組「夢現無双」主な配役発表

月組「夢現無双」の集合日から2日たって主な配役が発表になりました。

ふつうは集合日に主な配役が発表になることが多いように思いますが、退団者の発表があったので日程をずらしたのかしら?

…と思いたくなったのですが、集合日当日は他にもたくさんニュースが更新されたので関係ないかもしれません。

原作を読んでいないのでわからないことが多いのですが気になったことを挙げてみます。

まずこの3人には(少年)(少女)配役があるのでの子ども時代があるようです。

宮本武蔵/珠城 りょう( 香咲 蘭)
お通/美園 さくら( 麗 泉里)
本位田又八/月城 かなと( 姫咲 美礼)

「アンナ・カレーニナ」でキティ役を好演したおはねちゃん(きよら羽龍)も本公演で役がつきました。

結愛かれんちゃんは城太郎ということは少年の役ということでしょうか。

うみちゃん(海乃美月)が吉野大夫ということは美しい花魁姿が見られると期待していいんでしょうか。

舞台の原作はできる限り読むようにしていますが文庫6冊という長さに慄いているので人物相関図の発表を心待ちにしたいと思います。

これから「夢現無双/クルンテープ」の情報などがリリースされていくことになると思いますが、この演目と演出家の先生が発表になったときから願っていることがあります。

ショーがダイスケ先生(藤井大介)の作品なので、ぜひともヴィスタリアの永遠の贔屓ヤンさん(安寿ミラ)の振付で踊る美弥るりかちゃんを見たいのです。

贔屓×贔屓に期待する月組大劇場おはようございます。   遠征というか旅行の時差ボケと仕事が憂鬱で頭がどんよりしているヴィスタリアです。   一週間も前のニュー...

まさかこの記事を書いたときはこの公演が贔屓×贔屓ーーヤンさん×るりかちゃんの最後のチャンスになるとは思いもしませんでした。

ダイスケ先生の「Sante!!」ではヤンさんがたくさん振付をされていますし博多座版では曲、振付の変更もされました。

できることなら男役ならではの振付で、もし大階段で黒燕尾でヤンさんでるりかちゃんだったら泣きます。

たまるりが好きなのでたま様(珠城りょう)と踊ったり、美×美でれいこちゃん(月城かなと)と踊ったりしてくれたら……きっと泣いてしまいます。

最後の機会に贔屓×贔屓の夢が叶いますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください