月組

贔屓×贔屓に期待する月組大劇場

おはようございます。
 
遠征というか旅行の時差ボケと仕事が憂鬱で頭がどんよりしているヴィスタリアです。
 
一週間も前のニュースなので今さらですが、一言だけどうしても触れたいので書きますね。
 

月組大劇場公演発表

ちょうど一週間前のことですが、月組の次回大劇場公演が発表になりました。
 
2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
 
月組公演
■主演・・・珠城 りょう、美園 さくら
◆宝塚大劇場:2019年3月15日(金)~4月15日(月)
◆東京宝塚劇場:2019年5月3日(金)~6月9日(日)
 
グランステージ『夢現無双 ‐吉川英治原作「宮本武蔵」より‐』脚本・演出/齋藤 吉正
吉川英治のベストセラー小説をもとに、二刀流“二天一流”の開祖であり、天下無双を誇る剣豪・宮本武蔵の生き様を、彼を慕い続けるお通との恋を交えて劇的に描き上げる。
関ヶ原の戦に勝利した徳川家による治世が始まった頃——。
並はずれた度胸を持つ作州宮本村の郷士・新免武蔵(しんめんたけぞう)は、立ちはだかる敵を打ち倒す暴れ者となっていた。
 
しかし、旅の僧侶・沢庵の教えを受け己の浅はかな行為を悔い改めた武蔵は、名を宮本武蔵(みやもとむさし)と改め、剣の道を極める為、心身を研磨する旅に出る。
苦難に満ちた剣術修行の中で、様々な人々と出会い、悩み苦しみながら成長していく武蔵だが、幼馴染みのお通との恋は、互いに想い合いながらもすれ違いを重ねていく…。
 
一方、同じ頃、その名を世に広く轟かせる天才剣士が民衆の話題をさらっていた。彼の名は佐々木小次郎。浅からぬ因縁で結ばれた武蔵と小次郎。やがて訪れる宿命の対決の行方は…。
なおこの公演は、珠城りょうと美園さくらの新トップコンビの大劇場お披露目公演となります。
 
レビュー・エキゾチカ『クルンテープ 天使の都』作・演出/藤井 大介
神秘的でオリエンタルな雰囲気に包まれた国、タイ。
その首都はタイの人々から「クルンテープ(天使の都)」と呼ばれている。
青い海と色鮮やかな花々に抱かれた、南の楽園を舞台に、珠城りょうを中心とした月組の新たな魅力を引き出すエキゾチックなレビューをお届け致します。
 
 
齋藤先生と藤井先生とは、攻め系×攻め系の公演になりそうです。
 

藤井作品 贔屓✕贔屓を目撃できるかも

このニュースを読んでヴィスタリアが最初に思ったことが「贔屓✕贔屓をこの目で見られるかもしれない!」でした。
 
ヴィスタリアの贔屓✕贔屓とは、ヤンさん(安寿ミラ)と美弥るりかちゃんです。
 
藤井先生のショーということはヤンさんが振付で参加される可能性があります。
 
「カンパニー/BADDY」でヅカファンに復帰したばかりのヴィスタリアはずっと思っていたのです。
「ヤンさんの振付で踊る るりかちゃんが見たい」と。
 
それがこの次回作「クルンテープ」で実現するかもしれません。
 
藤井先生どのくらいヤンさんに振付を依頼されるのかわかりませんが(依頼される前提で書いていますが)、できれば花組「Sante!!」くらいたくさん頼んでほしいとヴィスタリアは思わずにはいられません。
 
そして「Sante!!」で2番手だったキキちゃん(芹香斗亜)がヤンさんの振付でソロで銀橋を渡るシーンがありましたが、もしるりかちゃんがそれをしたら、ヴィスタリアはおそらく劇場で泣くかどうにかなってしまうと気がします。
 
もちろんヤンさんの振付はるりかちゃんだけでなく、たま様(珠城りょう)も たまるりも、男役総踊りも、たまさく新コンビのデュエットダンスも見たいです。
 
できればスーツかタキシードか黒燕尾の、バリバリ男役なヤンさんの振付が見たいですが、ショーの題材的にそういった場面はあるのかしら?とも思います。
 
なにはともあれ、きっとよい発表があると信じて待つことにいたします。
 
 

芝居もショーも良作の予感

齋藤先生の「夢現無双」は、公演の概要を読むと今の月組に合いそうないい題材を持ってきたとヴィスタリアは思いました。
 
美園さくらちゃんはお通に合いそうですし、たま様の宮本武蔵とるりかちゃんの佐々木小次郎の対決なんて楽しみです。
 
気になるのはタイトルの石田先生臭とでもいいましょうか、無双と夢想をかけていますよね、絶対。
「無限?夢幻?夢現?」と混乱させることを狙っているとしか思えません。
 
藤井先生のショー「クルンテープ」は、「ガードボニート」のようにまた旅行に行かれてインスピレーションを得られたんでしょうか。
地球儀をくるくる回しながら「次はどこにしようかなあ」と旅先(ショーのテーマ)に悩んでいる藤井先生を想像してしまいました。
 
タイということは黒塗?民族衣装?もあるでしょうか。
最近の月組の黒塗は、お芝居だと別箱「激情」がありましたけれどショーは久しぶりのような気がして公演バックナンバーをざっと見てみましたが、ここ数年の間は見つけられませんでした。
 
黒塗りでもアジア系は珍しいので楽しみです。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたらうれしいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください