星組

星組を考えてみる

こんばんは、ヴィスタリアです。

2019年星組トップあるいはトップコンビの退団はあるか

2019年1作目の演目が発表になって思ったのですが、星トップあるいはトップコンビ退団…あるのでしょうか。

再演のお芝居で退団されるトップもこれまでにいましたし(安寿ミラさんの「哀しみのコルドバ」など)、ショーのタイトルが組の名前というのが少しひっかかりました。

退団だったらお名前にちなんだり永遠とか愛のタイトルになるからちょっと違うかしら。

トップスター紅ゆずる様の代表作はあるか

べにあー(紅ゆずる・綺咲愛里)コンビはこれが大劇場4作目になります。

「スカーレット・ピンパーネル」
「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」
「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」

プレお披露目が「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」、別箱で「うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA」、今夏は台湾公演もあります。

演目が海外ミュージガル、オリジナル、日本物、名作の再演、原作ものとバラエティに富んでます。

では、この中でべにーさんの代表作はなんでしょう?

ヴィスタリアが観たのはトップになる前の「ガイズ・アンド・ドールズ」と「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」だけなので多くは語れません。

ベルリンはよくまとまったソツのない作品で、ブケタカは主題歌もよく懐かしいメロディーがいっぱいで好きでした。
ヴィスタリアは好きすぎて実況CDを買ってリピしてます。
主題歌もいいし、かちゃさん(凪七瑠海)の花夢幻も好きで。

しかしべにーさんの代表作かといわれると違うと思います。
この人じゃないと、この役じゃないと、この歌じゃないと、という特別なものはなかったように思うのです。

トップ時代にこれ!という代表作に巡り合えるのは幸せなことだと思います。
残念ながらすべてのトップスターの代表作がトップ時代に生まれるとは限りません。

2番手時代の当たり役はあるけれどトップスターになったらふつうの作品を何作かやって退団…ということもあります。

たとえばみりおさん(明日海りお)の「ポーの一族」のエドガーは、みりおさんでなければできなかった役であり作品でした。
しかもみりおさんの魅力がより開花しただけでなく、花組の魅力も増した作品がだったと思います。

べにーさんにはまだそういう作品がいまのところ無いように思うのです。

スカピンのパーシーはさゆみさんご本人も熱望していた役だったと思うのですが実際のところはどうだったんでしょう。

「うたかた」のルドルフは、さゆみさんは星組の濃くてお耽美な男役のDNAがあると思うので合っていると思いますが。

ヴィスタリアはチケット難民どころかスカステ難民なのでどちらもまだ見られていません。
スカステ環境のある実家が頼り…早く帰省して見たいものです。

星組の系譜として紅ゆずる様に期待するもの

そしてもうすぐ東宝で始まるANOTHER WORLDは話題ですが、べにーさんの代表作になるのか?
これはチケットを確保できたので自分の目で確かめてきます。

べにーさんは大阪出身で笑いをとったりアドリブが話題になりますけれど、できればそれ以外のことで話題になり客席を夢中にさせてほしいとヴィスタリアは思っています。

べにーさんの美しい立ち姿、「うたかたの恋」のポスターの耽美な雰囲気を拝見すると、星男の濃厚でゴージャスな、ネッシーさん(日向薫)、シメさん(紫苑ゆう)、マリコさん(麻路さき)、ノルさん(稔幸)のDNAがあると思うのです。
そういう作品が見たいです。

次回作「霧深きエルベのほとり」はあらすじを調べるとべにーさんの水兵とあーちゃんの令嬢の身分違いの悲恋ものようです。

ヴィスタリアが期待していた星組のゴージャスものではありませんでした。

しかし「エルベ」といえば順みつきさんの水兵姿のお写真を思い浮かべるのですが、水兵のお衣裳をべにーさんならすてきに着こなしてくれそうです。
ヴィスタリアの単なる直感ですが「あ、似合いそう」と思いました。

そして上田久美子先生ならさゆみさんの、そして星組の魅力を引き出してくれることと期待しています。

それにしてもさゆみさんて2002年「プラハの春」が初舞台なんですね。
ヴィスタリアの第一次ヅカファン時期で、東宝で見て号泣した舞台です。

当時は高校~大学生でなけなしのバイト代で見ていたので観たい舞台は厳選し、1回観るのがやっとでしたがこれはあまりに感動して2回行き、2回目も涙々でした。

そのとき初舞台生だった生徒さんがトップになり、自分は再びヅカファンになっているとは感慨深いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけたらうれしいです。
↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください