星組

芸又芸〜娘役さんの歌のこと(星組ライビュの雑談)

こんばんは、ヴィスタリアです。

昨日書いた星組「GOD OF STARS-食聖-/Eclair Brillant」ライブビューイングの感想の追記のような雑談です。

芸又芸 綺咲愛里ちゃんの歌

昨日星組「GOD OF STARS-食聖-/Eclair Brillant」の大千秋楽ライブビューイングを見て、歌がうまくなったなあ、よくなったなあと思った娘役さんが2人いました。

それはあーちゃん(綺咲愛里)ひっとん(舞空瞳)
トップ娘役と次のトップ娘役のお2人です。

あーちゃんは今公演で歌がぐっとレベルアップされたように思います。

歌が得意なタイプではなかったと思いますし、正直に言えばハラハラしながら客席で聞くこともありました。

しかし「GOD OF STARS-食聖-」のアイリーンでもレヴュー「Eclair Brillant」でも歌が心配になることはありませんでした。

星組を愛するヅカ友さんも「あーちゃん、歌がうまくなった」とお話していて、そう感じているのはヴィスタリアだけではないのだなとうれしくなりました。

あーちゃんは卒業の日まで努力され続け、それは舞台にたしかに表れていたのだと思います。

舞空瞳ちゃんのエトワール

そしてもう1人、見違えるような歌の上達を見せてくれたのがひっとんのエトワールです。

宝塚大劇場の千秋楽のライブビューイングから、東京宝塚劇場での本公演を何度か観たのですが、見るたびにうまくなっていくのがはっきりとわかり、なんて伸び代なのだろうと感嘆しました。

そして映像でしたが、ひっとんのエトワールは昨日の大千秋楽のライブビューイングが一番よかったと思うんです。

歌唱の進歩を感じたのはもちろんのこと、とても丁寧に、特別な気持ちを込めて歌っているのが伝わってくるエトワールでした。

ヴィスタリアはかつてアイドルグループのファンをしていたときは成長を見守るようなスタンスがあったのですが、宝塚歌劇の舞台に成長物語を求めているわけではありません。

しかしこういう生徒さんの変化や進化を目の当たりにしたり、特別な輝きがほとばしるような公演を見ることができるのはナマモノの舞台ならではで、宝塚歌劇の大きな魅力の一つだと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください