観劇の感想

星組「GOD OF STARS-食聖-」新人公演の感想

おはようございます。ヴィスタリアです。

星組「GOD OF STARS-食聖-」の新人公演を観劇しました。
ヴィスタリアの独断と偏見と偏愛に満ちた感想で、やや厳しいことも書いておりますがあくまでも一個人の感想です。

等身大で魅せる「GOD OF STAR-食聖-」新人公演

新人公演の演出担当は生駒怜子先生という女性の先生で、今年バウデビューを果たした「PR×PRince」の町田菜花先生、「龍の宮物語」の指田珠子先生と女性演出家が増えているのかなと思いました。

最強タッグともいえる小柳菜穂子先生×さゆみさん(紅ゆずる)の「GOD OF STARS-食聖-」はトップコンビの退団公演ということもあってあてがきの中のあてがきでしたが、
新人公演はそれぞれの人物のキャラクターをキャストに自然に合うように変え、随所に散りばめられた笑いも等身大のものに変え、新人公演バージョンをうまく作ったという印象を受けました。

テンポもやや落としてていねいに演じているのが1回限りの新人公演で成長しようという気持ちが伝わってきましたし、芝居として流れずぎないのもよかったと感じました。

ホン・シンシン/天飛華音(本役 紅ゆずる)

この日マチネの「Eclair Brillant」の「エル・クンバンチェロ」でお顔立ちの美しさとキラっと光る男役さんがいると思ったのがカノンくん(天飛華音)でした。

開演アナウンスがかわいらしい女の子の声でちょっと驚きましたが、演技も歌もしっかりと男役の声で堂々としていました。

前記事でも書きましたがご自身のマイクが入らないという設備トラブル、上演のやり直しにも動じることなく主演を演じきり落ち着きと器の大きさを感じました。

ラテン系が似合いそうな濃さ、特に力のある目元が印象的でホン・シンシンの金髪やスクール風のジャケットや「ドラゴンボート」の場面の黒と赤の衣裳の着こなしもかっこよかったと思います。

さゆみさんが「俺、端正」というところはなぜか「甘党」にセリフが代わっていましたけれどカノンくんも端正と言い切っていいのにナ…と思いました。

さゆみさんの紅孩児、ホン・シンシンは傲慢で思い上がったゆえに人の愛や心の大切さがわかっていない人物と感じたのですが、カノンくんは俺様で、記憶がないという生い立ちゆえに人の心がわからないホン・シンシンを作り上げていたと感じました。

自分を拾い育ててくれたエリック・ヤン/夕陽真輝を「裏切者」とさゆみさんが恨みつらみで罵るのなら、カノンくんは信頼や期待していたものを裏切られたような悔しさ、傷ついた悲しさが滲んでおり、ホンとエリックの別の物語が広がりそうな余白を感じさせました。

女優キティ/二條華に再会して食ってかかるところや、
「ドラゴンボート」の場面でのアイリーン/舞空瞳への気持ちの変化のていねいな表し方にホンの優しさ、誠実さが滲んでいるところにもカノンくんのホンの心が表れていたと思います。

ホンは笑いを誘うセリフがたくさんありますがさゆみさんのやり方はさゆみさんにしかできないので、出身の鹿児島の言葉を使うなど、カノンくんの等身大のものに変更していたのも好感を抱きました。

新人公演で立ち回りを見ると段取りやスピード感、緊張感に本公演のすごさを実感することがありますが、立ち回りもスムースかつ自然でした。

歌も多いですがよかったですし「食聖」コンテストでリー・ロンロン/朱紫令真(礼真琴)とのラップ対決は技術的にも難しいと思うのですが大健闘だったのではないでしょうか。

ときどき大きな声になると「霧深きエルベのほとり」のヨーニーの大音声の声になっていたかな?と思うのですが、あの少年ヨーニーとホンの幅広さを思うとカノンくんの芝居心がわかるとも思いました。

まだ102期生でこれからも新人公演で大きな役を経験されることと思いますので活躍を楽しみにしています。

アイリーン・チョウ/舞空瞳(本役 綺咲愛里)

ひっとん(舞空瞳)の新人公演を見るのは花組「CASANOVA」のコンデュルメル夫人(鳳月杏)に続いて2回目です。

芝居・ダンス・歌・オーラ・個性とすべてを兼ね備えた娘役さんなので、アイリーンをひっとんがどう演じるかをとても楽しみにしていました。

現代的なかわいさ、スタイルのよさのあーちゃん(綺咲愛里)にしか着られないのでは?と思ったアイリーンの派手でちょっとギャル風味で露出も多い衣裳やピンクのロングヘアをひっとんは自分のものにしていてキュートでした。

花組時代からですがとにかくかわいくてオーラがあって、ひっとんが出ているとどんなに後ろの席からオペラなしで見ていても「あこそにひっとんがいる」とわかる魅力は健在です。

衣裳はミニスカートが多いですが膝上の外側の筋肉が細いのにしっかりと、形よくついていて驚嘆せずにはいられません。鍛えているからこそのスタイル、着こなしなのでしょう。

健康サンダルを武器にしての立ち回りもダンスで鍛え抜かれた体幹の強さ、美しい見せ方が光っていましたし、マーライオンの噴水でホンとお決まりの写真撮影をするときののけぞり具合にひっとんの身体能力の高さを見ました。

友人タン・ヤンとの場面、母親エレノアとの再会の場面では店がどうなるかわからない焦りだけではなく、アイリーンのか弱さや心の揺れが伝わってきたのがよかったですし、
ホンに片思いをしているいじらしさ、女優キティに強く出られてシュンとしているのにキュンとしました。

厳しいかもしれませんが今回はが少しだけ気になりました。

コンデュルメル夫人を思い出すとひっとんはもっと歌えると思いますし、これからはトップ娘役として卓越した技術力をそなえたことちゃん(礼真琴)の相手役をつとめるのでこっとんコンビのすばらしいデュエットが聞きたいという期待をこめて、歌は一層深めていってほしいと思いました。

本公演のエトワールも大劇場ライブビューイングと東京での観劇のたびによくなっていっているのでこれからどんどん進化されていくでしょうし、プレお披露目の海外ミュージカル「ロックオペラ モーツァルト」ではすてきな歌声が聞かせてくれることでしょう。

リー・ロンロン/朱紫令真(本役 礼真琴)

あかっしーくん(朱紫令真)は面差しやお人柄のよさが雰囲気ににじんでいるところがなんとなくたま様(珠城りょう)に似ていると感じました。

爽やかな青年風のでリー・ロンロンのキャラクターに合っていました。

あかっしーくんはこれまで新人公演でいろいろな本役さんの役を演じてきてことちゃん(礼真琴)の役は初めてです。

自信がなくてヘタレなメガネ男子リー・ロンロンと一生懸命強がり虚勢を張るドラゴン・リーの落差を出しながら笑いを取るのは難しいことだと思いますし、
ことちゃんの絶妙にコミカライズされた演技を見たらマネをしたくなったりあるいはマネるので精いっぱいになってしまうんじゃないでしょうか。

そうならずにあかっしーくんなりのリー・ロンロンとドラゴン・リーのキャラクターの違いを出そうとしているのがよかったです。
滑舌や歌も安定していてよかったと思います。

タン・ヤン/小桜ほのか(本役 有沙瞳)とキティ・ラウ/二條華(本役 夢妃杏瑠)

この新人公演で一番よかった生徒さんを誰か一人選ぶのであれば、ヴィスタリアはタン・ヤン/小桜ほのか(有沙瞳)キティ・ラウ/二條華(夢妃杏瑠)で最後まで迷います。

というのもほのかちゃんはなちゃんも本役さんとは違う人物をたしかな技術をもって演じ、しかもかわいくて、ヘアアレンジやアクセサリーにこだわりを見せ個性を発揮していたのです。

みほちゃん(有沙瞳)のタン・ヤンはしっかり者でアイドルグループ「パラダイスプリンス」のマネージャーとしてバリバリ働き、メンバーとわちゃわちゃしているときも年上のお姉さんとして振舞っているイメージを抱くのですが、
ほのかちゃんのタン・ヤンは明るくて元気でアイドルグループのメンバーと一緒にがんばっている女の子だと思いました。

髪型も同じ金髪でもほのかちゃんはまったく違うヘアスタイルに変え、靴とアクセサリーを本役とすべて変えたところにも2人のタン・ヤンの個性の違いがはっきりと出ていました。

みほちゃんのタン・ヤンは仕事のときはヒールのあるオシャレな靴を履いているのに対し、ほのかちゃんは厚底のサンダルやスニーカーです。
黄色のだぼだぼパーカー×デニムのショートパンツのときもタイツのデザインも靴もまったく違って興味深かったです。

うまいと思ったのが最後の数年後の場面で初めてヒールを履いて大人になったことを感じさせたこと、ニコラスの髪の色と同じ淡い紫色のアクセサリーをあちこつにつけていたことです。

こうした外見だけでなく演技もよくて、タン・ヤンとアイリーンの2人芝居の場面はほのかちゃんの芝居のうまさに舌を巻きました。
新人公演、別箱でヒロイン経験がもっとあっていい娘役さんだと思います。

そしてはなちゃんのキティはヘアアレンジヤアクセサリーが非常に凝っていてセンスを感じました。

登場のシーンだったか金髪をハローキティのリボンの形のように結っていてインパクトがありながら、衣裳や雰囲気に合っていました。

本役のあんるちゃんが存分に個性と存在感を発揮しているのですが、はなちゃんの芝居心、技術でキティという役を自分のものにしていました

キティは主役のホンと銀橋を渡るシーンもあればヒロインであるアイリーンとキャットファイトをする場面もあって”おいしい役”だったと思いますが、おいしい役にしていたのははなちゃんの実力でしょう。

どちらがいい悪いという良し悪しや優劣の話ではなく完全に好みの問題ですが、ヴィスタリアははなちゃんのキティが好きだと思いました。

その他のキャスト

◆ニコラス/極美慎(本役 瀬央ゆりあ)
アイドルグループ「パラダイスプリンス」のリーダーかつセンターですが、スタイルがよくきらめくようなスターのオーラが抜きん出ていました。

自然と目を惹かれますし目立ちセンターが似合っていました。

◆ミッキー・チョウ/蒼舞咲歩(本役 天寿光希)
今回の新人公演は舞台設備トラブルで10分ほどの中断を経て開演アナウンスからやり直しとなるトラブルがありました。

冒頭はチョウ一家の思い出の場面から始まりますが、「パパの餃子ができたぞー!」というセリフを「パパの餃子が冷めちゃったよ」とアドリブで変えてみせたサキッポくん(蒼舞咲歩)

この機転には拍手喝采でしたが、演技もよかったです。
ミッキー・チョウとホン・シンシンの場面には自然と吸い寄せられるように見入る力があり全体が締まりました。

◆クリティーナ・チャン/水乃ゆり(本役 舞空瞳)と「エクリプス」
本公演ではかわいい娘役さんがそろったアイドルグループ「エクリプス」のメンバーYuriを演じている水乃ゆりちゃんは、本当にかわいいですしチャーミングな個性もあって目立ちます。

なので「霧深きエルベのほとり」ベティや今回のクリスティーナ役などの登用も納得ですが、クリスティーナはアジア、世界で活躍するスーパーアイドルという設定ですから歌はがんばってほしいと今回思いました。

また「エクリプス」のメンバーもかわいい娘役さんそろいなのは本公演と同じですが、Cherry/瑠璃花夏のキレのある体の動かし方、独特の雰囲気が特に目を惹かれました。

Yuri/麻丘乃愛もかわいかったです。

もったいないような気がしたのが星蘭ひとみちゃんが本公演でも新人公演でも「エクリプス」のメンバーを演じていることです。

役は違うのでメンバーのキャラクターや設定などは異なるのでしょうがセリフはほとんどありませんから、まったく別の配役の方がよかったのでは?と思いました。

エレノア・チョウ/桜庭舞(本役 音波みのり)
本公演では「エクリプス」のメンバーで大人っぽい色気とかわいさがあるまめちゃん(桜庭舞)。

演技のうまさが光っており、大人のキャリアウーマンを好演していました。
もっともっと活躍の場があってほしい娘役さんです。

長くなりましたがこれからの星組も大いに楽しみになった新人公演でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    新人公演連続観劇を続けてらっしゃいますね。いいですね。私は来週になってやっと星組本公演を一回観る、というまだお芝居の筋も知らない状況です。今月は宙組・花組メインなので仕方ないですが。

    小桜さん、良かったですかー。お歌がとても上手いし、お顔と雰囲気がほんわかしていて好きです。今回は新公の長として大変だったと思いますが、無事やりきられたようなのでホッとしてます。昨年の台湾公演あたりのお休みでは心配しておりました。

    二條さん、前から気になってます。自分は関西出身ですが、京都ご出身ということがとても腑におちます。服装やアクセサリーなどおしゃれさんだし。彼女のお芝居も良かったですかー。見たかったです。

    ムラでの新人公演のダイジェスト映像をスカステで見た時にも天飛さんの「俺、甘党!」をやってました。。。こういうダジャレ好きなおじさん演出家が歌劇団から一掃されればいいのに、と思ってます。(たまにツボに入ることもありますが。。石田先生とか。)

    • vistalia より:

      うみひこさん

      新人公演のたった1回限りの特別な空気感にすっかりハマっています。

      また私はスカステ難民でファン歴も浅いので、いま本公演で活躍されている生徒さんのことがわからない、知らないことがよくあるんです。
      新人公演から観ていれば本公演で活躍の場が増えたとき一層楽しめるという期待もあります。

      私は有沙瞳ちゃんが大好きですが、タン・ヤンとアイリーンの二人芝居は小桜ほのかちゃんと舞空瞳ちゃんの新人公演の方がよかったと正直感じました。

      タン・ヤンのファッションなどはマネージャーという仕事を考えると有沙瞳ちゃんの方がビジネスっぽいとも思いますが、若いメンバーだけで演じる新人公演は全体的に年齢の設定が若く感じるのでほのかちゃんのヴィジュアルの作り方もありだと思います。

      ほのかちゃん、本公演のアイドル役もセリフは少ないのですが出ている場面が多くてかわいいですよ。
      コーラスも大いに貢献されているのだと、新人公演の女性アイドルグループの歌を観て思いました。

      二條華ちゃんは初めて認識したのですがいい娘役さんだなと思いますし、桜庭舞ちゃんももっと活躍してほしいとしっかりした演技を観て思いました。
      星組は若い娘役さんが充実しています。

      「俺、甘党」はトップスターさんの「端正」に遠慮したのかな?とも思いますが、いらぬ遠慮なのに…と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください