雪組

星組「眩耀の谷」雪組「ONCE」新人公演配役発表・小池先生インタビュー・桜木みなと様のお髭

こんばんは、ヴィスタリアです。

2019年も押し迫ってきたからかニュースの多い日でした。

星組「眩耀の谷」新人公演主な配役は碧海さりおくんと桜庭舞ちゃん

こっとん(礼真琴・舞空瞳)のお披露目本公演「眩耀の谷」の新人公演の主な配役が発表になりました。

とってもうれしい配役発表でした。
 ちゃりおくん(碧海さりお)まめちゃん(桜庭舞)新人公演初主演おめでとうございます。

特にまめちゃんは「GOD OF STARS-食聖-」本公演のアイドルグループ エクリプスのメンバーがかわいくてまめちゃんにしかない魅力がありましたし、新人公演のエレノア・チョウ(本役 音波みのり)も確実に演じていました。

また「ロックオペラ モーツァルト」のナンネール役の溌溂と明るい演技と歌がすばらしくて、ぜひ新人公演のヒロインを…と願っていたので今回の瞳花役がとてもうれしいです。

まめちゃんは100期生ですから新人公演の長の学年になります。
また本役のひっとん(舞空瞳)が102期生なので新人公演の方が上級生ということになるのですね。

トップ娘役が新人公演学年内、それも若いうちに抜擢されれば自然な現象でしょうしひっとんはひっとんの、まめちゃんはまめちゃんの役を見せてくれることでしょう。

そして101期のちゃりおくん(碧海さりお)の新人公演主演はこれまでの配役を見ると抜擢と言っていいのではないでしょうか。
本当におめでとうございます。

いま星組愛の深いヅカ友さんから借りた全国ツアー「アルジェの男/ESTRELLAS」のBlu-rayを見ようとしているところなので新人公演までに見て本公演とともに注目したいと思っています(←新人公演が見られる前提でいます)。

101期生の新人公演主演はあがたくん(縣千)こってぃ(鷹翔千空)に続いて3人目かと思いますが皆入団時の成績上位者なんですね。

雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」新人公演の配役発表と小池先生が語る

もう一つ、新人公演の発表があり雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」の全配役がようやく発表になりました。

本公演で壮年期と少年期・青年期を別の生徒さんが演じるファット・モー望月篤乃くんが通しで演じる配役になっていますが、
本公演は役の数と出演者数の関係でこのような形になったということでしょうか。

前作「壬生義士伝」の新人公演で特に印象に残ったまおとくん(ゆめ真音)宝石店店主/久城あすのお役でした。
きっとまおとくんながらではのものを見せてくれると期待しています。

同様に演技のコンビネーションが印象に残ったるいくん(眞ノ宮るい)かりあん(星加梨杏)はそれぞれコックアイ/真那春人ニック/綾凰華のお役でした。

「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」は新人公演のチケットが取れているので観劇が楽しみです。

また「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」初日まで1週間となり演出の小池先生のインタビューが公開され、非常に興味深く読みました。

先生の画像がふつうで安心しました(宙組「アクアヴィーテ!!」の藤井先生がノリノリだったので)が、フォントがポスターのタイトルと合わせてあり凝っています。

小池先生のお話が興味深かったのは作品についてもなのですが、後編の出演者と雪組の魅力が腑に落ち同意できることばかりで「うんうん」とうなずきながら読みました。
たとえばだいきほ(望海風斗・真彩希帆)ならこうです。

(望海風斗について)舞台人の輝き方には様々ありますが、今回彼女に求めているのは、ダイヤモンドのような眩しい光ではなく、いぶし銀のような深い輝きです。望海なら出せると思います、またそういう光を出してくれるだろう彼女を想定して、脚本をつくり、演出をしています。

(真彩希帆について)演じる真彩自身は、健康的な明るさを持ち、現代的なヒロイン像が似合う人ですね。
デボラはとても理論的で、しっかりとした芯があり、目的に向かって着実に進んでいく女性です。
しかし、とても複雑な人生を歩む人物でもありますので、真彩が持っている魅力に、湿度といいますか、情緒的な表現を融合させて、女性らしいしなやかな強さを見せてほしいと思っています。

凪様(彩凪翔)についての「ビジュアルだけではなく、高度な技術の持ち主」にも納得ですし、
また咲ちゃん(彩風咲奈)だいもんと「ファントム」「壬生義士伝」とは違う関係性で舞台で向き合うのかも期待が高まります。

いまの雪組の稽古場の様子なども小池先生の目から見てもいいものなのが伝わってきてヅカファンとしてうれしくなりました。

宙組「壮麗帝」先行画像 桜木みなとくんのお髭!

宙組「壮麗帝」の先行画像がアップされました。

ずんちゃん(桜木みなと)のお髭!!
予想外の先行画像でした。

ずんちゃん、お髭があってもなくてもかっこいいのは言うまでもありませんが、お髭ということを全然想定していなかったのです。
「オーシャンズ11」のテリー・ベネディクト役といい、殻を破り器を広げるような挑戦が続いているのかなという印象を抱きました。

すてきなポスターも期待しています。

ポスターと言えばイシ様(轟悠)のディナーショーのポスターがアップされました。

このイシ様がお召しの衣裳は「ポーの一族」フィナーレのデュエットダンスでみりおちゃん(明日海りお)がお召しだったもののようです。

肖像権がありますから生徒さんの画像は掲載できませんのでリンク先でご覧いただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    桜庭舞さんの初ヒロイン!自分も喜んでます。
    ロックオペラでのナンネール役、与えられた役を懸命に演じ歌っていらしてる印象を受けたので、彼女にラッキーがこないかなーと思っていました。

    いろんな若手にチャンスがあり、それを活かしたら更なる活躍の場が与えられる、という循環はとてもいいと思います。活性化してる組織を見るようです。

    新人公演チケット確保済いいですね。私も全ての組の新人公演を観たいとは思っているんですけどね。(そのわりには毎度申し込むのを忘れてる)

    • vistalia より:

      うみひこさん

      桜庭さんのナンネールよかったですよね。
      新人公演初ヒロインを多くの方が喜んでいるでしょう。
      星組は北翔さん、紅さんの元で力を備えてきて礼さんの元でそれが一気にスパークしているように感じています。

      新人公演の主な配役もわりといろんな生徒さんがされている気もします(その他の配役はもう少し多様でもいいのでは?と思うこともありますが)。

      チケットの申込み管理が趣味のキモなのかも…と思うことがあります。突然発表されたり、それに気づかなかったり…私もよくあります。

      私は宙組の新人公演だけまだ見られておらず、El Japonも難しそうなのでアナスタシアではぜひ!と思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください