月組

嵐はこわい 月組エリザベート初日映像

昨夜、遠征からの帰宅中、埼玉あたりでものすごいゲリラ豪雨に遭いました。
 
雨がズババババーッとものすごい勢いで降るのでワイパーは役に立たず、暗くて白線もよく見えず、前の車のランプだけを頼りに走りました。
 
雨はだんだん弱くなり、渋滞を経て都内に入ってもう大丈夫だね…と思ったら、ゲリラ豪雨もヴィスタリアの車と同じように移動してきてまた雨がズババババーッと降ってきて、白線のよく見えない道路を走りました。
 
雷鳴もすぐ近くでバリバリ鳴っているし、肝を冷やしました。
 
エリザベートとフランツが「嵐も怖くない~♪」とデュエットしていますが、嵐は怖いと思ったヴィスタリアでした。
HoliHo / Pixabay
 
どうにかこうにか帰宅して、劇団サイトの初日映像を拝見しました。
 
たった30秒ですが、スカステ難民のヴィスタリアにとっては貴重な映像です。
何度もリピートしてしまいました。
 
ヴィスタリアは東宝組なので、大劇場で観劇されたみなさまのブログやSNSを見ては「早く見たい~」という衝動を抑えています。
 
10回も上演されているので、何度も見られている方は「これがエリザベート」と思う上演バージョン、あるいはキャストがあるのが窺い知れておもしろいです。
 
おすすめのエリザベートがあったら教えてください。
ヴィスタリアはエリザベート初見の星組が大好きで、復刻販売されるDVDを買おうかかなり迷っているところです。
 
映像が30秒と短いので感想も短いですが、書かずにいられないので書かせてください。
 
 
トート/珠城りょう
しゃれこうべを弄ぶたま様(珠城りょう)の視線が艶めいていて危険な妖しさです。
 
「最後のダンス」の長いブロンドをハーフアップ(?)風にまとめているのがワイルドですてき!
ブロンドベースのカツラとのことでしたが、ブロンドはあくまでベースであっていろいろな色が入っているように見えます。
 
 
エリザベート/愛希れいか
ちゃぴ(愛希れいか)の「私だけに」のシーンは、「ああ、ちゃぴがエリザベートをやっている」という感動がこみあげてきました。
 
そして結婚式の「最後のダンス」の赤いドレスのヘアアクセサリーが凝っています。
ルビーが埋め込まれているようで、シシィはシシィスターといいこうして髪に宝石を埋め込むスタイルを好んでいたのかなと思わせるようです。
 
この場面でトート閣下に腕を掴まれて逃れようとするちゃぴの動き方がちゃぴらしいといいますか、ちゃぴの身体性がよく出ているとヴィスタリアは思いました。
 
体の伸ばし方、しなやかなバネを感じさせるタメの作り方がちゃぴのダンス、身体性の特徴だとヴィスタリアは思っています。
これがクセになるほど魅力的で、他の誰にもできない、ちゃぴだけの体の動かし方だと思うのです。
 
 
フランツ/美弥るりか
一瞬、トートに触れるというかすがるような仕草がツボです。
 
ほんの一瞬しか映っていませんが、なんと美しい皇帝陛下でしょう。
うっすらと狂気が漂っているようにヴィスタリアは感じました。
 
それにしても軍服からのぞいた手首、手の細さに驚愕します。
 
 
ルキーニ/月城かなと
目をカッと見開いたすごい表情でトート閣下を見ています。
 
あなたは本当にれいこちゃん(月城かなと)なんでしょうか。
端正な美貌のれいこちゃんがどんなルキーニを作り上げたのか期待が高まります。
 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください