月組

夏の月組別箱主演は轟悠様。鳳月杏様の過密スケジュールが凄まじい

こんばんは、ヴィスタリアです。

ずっとずっと気になっていた公演の詳細が発表になりました。

夏の月組別箱は専科轟悠様主演で「チェ・ゲバラ」

そろそろ発表になるかと思っていた夏の月組の青年館・ドラマシティ公演の詳細が発表になりました。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【日本青年館ホール公演/シアター・ドラマシティ公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

月組公演
■主演・・・(専科)轟 悠

◆日本青年館ホール:2019年7月30日(火)~8月5日(月)
◆シアター・ドラマシティ:2019年8月11日(日)~8月19日(月)

ミュージカル『チェ・ゲバラ』
作・演出/原田 諒

「20世紀で最も完璧な人間」とサルトルに言わしめた男、エルネスト・ゲバラ(通称チェ・ゲバラ)。生涯一闘士としての生き方を選び、鋼のように強い意志と炎のような情熱を持った彼は、数々の伝説を残した革命家でありながら、人間愛を貫いた男でもあった。

没後50余年を経ても、その不屈の精神と高い理想は今なお色褪せることはない。
フィデル・カストロとの友情、妻アレイダとの愛、革命家仲間たちとの心のふれあいと軋轢──多彩な登場人物たちを織り交ぜながら、その誇り高くも激しく、清廉で理想に燃えた生き様をドラマティックに、そして鮮烈なまでに力強く描き出すミュージカル。

エルネスト・ゲバラはアルゼンチンの裕福な家庭に生まれながらも、ラテンアメリカの貧困を憂い、その原因となっている列強国による支配を打破すべく立ち上がる。

キューバのフィデル・カストロと志を同じくしたエルネストは共に戦い、キューバ革命を成功へと導く。

やがてキューバ政府の要職に就いたエルネストだが、自らの存在意義と国家のあり方に苦悩することになる。
「祖国か、死か!」──民族や国家を超えて、世界革命を追い求めた孤高の革命家の眼は、自らに課した次なる責務を見据えていた……。   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190221_006.html

そう来たか、とヴィスタリアは思いました。

2019年の年間スケジュールが発表になったときから、月組の1月の演目や振分を見たときから、この夏の青年館・ドラマシティを誰が主演するかが2020年以降の月組を見定めることになるのではないかと思っていました。

まだ美弥るりかちゃんの退団が発表されていませんでしたから、その行方をうらなう意味でも非常に気になっていたんです。

そしてちなつさん(鳳月杏)の花組から月組への組替え、るりかちゃんの退団が発表されて、夏の青年館・ドラマシティ主演はれいこちゃん(月城かなと)、同時期の巴里祭はちなつさんかしらと予想していたのですがハズレました。

イシ様(轟悠)は宙組さんとのバウ「パパ・アイ・ラブ・ユー」に続いて今年2回目の主演公演となりました。

「パパ・アイ・ラブ・ユー」は観劇された方の感想を読んでいるとかなりおもしろそうでした。
(そしてストレートプレイであることを知りました。)

今回はミュージカルということでイシ様の声に関しては不安を感じはしますが、イシ様の演技や男役芸、月組子たちとどのような作品を作り上げるのかはこの目で見たいです。

ところでこのニュースを見たときに「ドクトル・ジバゴ」と印象が重なると思ったら「ドクトル・ジバゴ」も原田先生だったのですね。

スカステ難民のヴィスタリアはまだ「ドクトル・ジバゴ」を見られていません。
スカステ環境のある実家に録画を頼んであるので「チェ・ゲバラ」の前にまずは「ジバゴ」を見たいと思います。

鳳月杏様 月組組替え直後にディナーショー開催!

もう一つ新たな発表がありました。
ちなつさん(鳳月杏)のディナーショーが開催されます!

<タイトル>『未定』
<構成・演出>稲葉 太地

<出演者>(月組)鳳月 杏 ほか
※鳳月杏は2019年4月29日付で月組へ組替え   

第一ホテル東京
<日時>2019年5月11日(土)・12日(日)
ディナー 18:15~19:30/ショー 19:30~20:30
<場所>5階「ラ・ローズ」
<料金>27,500円(税サ込)

宝塚ホテル
<日時>2019年5月15日(水)・16日(木)
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45
<場所>6階「宝寿の間」
<料金>27,500円(税サ込)

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190221_002.html

ちなつさん、初ディナーショーおめでとうございます。

それにしてもなんとハードなスケジュールなんでしょう。

4月28日花組「CASANOVA」大千秋楽から2週間もしないでディナーショーをされるんですね。
大劇場千秋楽の後はゆきちゃん(仙名彩世)のミュージックサロンにも出演されます。

そして6月の花組「恋スルARENA」にも特別出演し、そのあと梅芸「ON THE TOWN」か前出の「チェ・ゲバラ」に出るとしたらお稽古も始まるでしょう。

生徒さんのハードスケジュールは承知しているつもりでしたが、ちなつさんのこの春~夏にかけてのスケジュールは劇団内でもかなりタイトなのではないでしょうか。

チケットや会活動など宝塚歌劇にとって過渡期なのではと感じていますが、このハードスケジュールについても考え直すべき時期をとうに迎えているのではと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください