月組

月城かなと様、ショー「クルンテープ」を休演

こんばんは、ヴィスタリアです。

月城かなと様、ショー「クルンテープ」を休演

悲しく、心配なお知らせがありました。

月組公演『クルンテープ 天使の都』の休演者をお知らせいたします。

■公演期間
宝塚大劇場公演:2019年3月15日(金)~4月15日(月)
東京宝塚劇場:2019年5月3日(金)~6月9日(日)

宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演
全日程部分休演
(月組)海乃 美月
※怪我のため『クルンテープ 天使の都』を休演いたします。
※『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』は出演いたします。

東京宝塚劇場公演
5月18日(土)11時公演より部分休演
(月組)月城 かなと
※怪我のため『クルンテープ 天使の都』を休演いたします。なお、復帰時期は未定となっております。
※『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』は出演いたします。

■代役
・第2~5場 プアット・ナ-ク(歓迎の儀式)
プーチャイクンヌンA 月城かなと→蓮つかさ

・第7~8場 ルンム(若さ)
ヤイ 月城かなと→夢奈瑠音

・第13場 チューチャート(派手に)
ファラン 月城かなと→蓮つかさ

・第16~17場 ライキンドクーン(傷)
ラクマヌー 月城かなと→風間柚乃

れいこちゃん(月城かなと)が東京宝塚歌劇場で公演中のショー「クルンテープ」を休演されることになってしまいました。

代役は3人の生徒さんがされるようです。

◆プロローグと中詰はれんこんくん(蓮つかさ)
ありちゃん(暁千星)とのムエタイの場面はるねくん(夢奈瑠音)
◆クラブのシーンはおだちん(風間柚乃)

一日も早く元気になってほしいと心から願う

昨日16日のマチネを観劇したときはれいこちゃんはいつもと変わらないように見えたのですが、休演は心配です。

お体はもちろんのこと精神的なダメージもあるのでは…とお察しします。
れいこちゃんご自身はもちんろんですし、れいこちゃんと仲がよい美弥るりかちゃんの退団公演での休演ということもあります。

月組は今回うみちゃん(海乃美月)が大劇場、東京宝塚劇場ともにショーを休演で、れいこちゃんが休演、前作「エリザベート」ではるりかちゃんの休演もありました。

他の組でも休演のニュースが毎公演のようにあります。

休演のお知らせがある度に、厳しいスケジュールでハードな公演をこなす生徒さんを大切にしてほしいと思わずにいられません。
今秋からチケットが値上げされますが、公演スケジュールの見直しなど、増収分をそういった方向に使ってほしいとも思います。
(2020年の年間スケジュールを見る限りそうはならないのでしょうけれど)

れいこちゃんが一日も早く元気になって、舞台に復帰されることを心から願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    美弥さんがエリザベートで休演された際に頑張って舞台を支えた月城さんが今度は部分休演ですか。ほんと心の底からお大事に、です。

    人間は一時的に頑張ることはできても、ずっと頑張り続けることは無理だと思うんですよね。しかも「舞台に穴を開けちゃいけない!」という使命感のまま、体調悪くても笑顔を保ち続けるのもしんどいだろうし。

    このご時世、ジェンヌさんがもっと気軽に休める形にすべきと思います。「休める」というより「必ず休まないといけない」という義務・ルール的であるべきで、そうでないとみんな遠慮しちゃうんで。

    例えば、3年以内に全員が必ず大劇場か東京のどちらか、またはその他公演をまるまる休まないといけない、というくらいに。心に余裕が生まれると舞台にもいい影響があるんじゃないかなーと。

    またそうしたら、スター路線でない方でも普段より役付きが良くなって、それぞれの魅力や頑張りがアピールできるチャンスが与えられるわけですし。

    花組カサノバで退団した若手の東京千秋楽での最後の挨拶で
    「役名はもらえないけど、自分で勝手に役名や背景をいろいろ考えて工夫して演じていました。自分にとってはとても大切な役でした。」
    にググッと最近とみに緩くなった涙腺にきてしまいました。。。
    ショービジネスは厳しい世界、と言えばそれまでですが。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      休演のお知らせは胸が痛みます。
      生徒さんの身体的なダメージはもちろんのこと、精神的に負ってしまうであろうことも心配です。
      一日も早く、月城さんが元気に踊って歌ってくれる日を待つばかりです。

      今回は大劇場千秋楽翌日もディナーショーの稽古→本番→東京公演集合日でしたから休みはほどんどなかったでしょう。

      月組でスター級の生徒さんの休演が続いていることも心配です。

      長期休暇、おもしろいアイデアですね。
      たくさんの生徒さんにスポットライトが当たるチャンスが生まれるのは私も賛成です。

      どなたかが「6つ組を作って一つの組は完全に休むようにしたら」と書いているのも見かけましたが、そのくらい長期に休める仕組みも必要でしょう。
      下級生にしてもタレント契約の生徒さんにしても、一体どういう契約なのかしらと思ってしまいます。

      以前りつここと海条星斗さんのヤムナレッスンを受けたときに
      「体はボロボロで給料のほとんど全てをメンテナンスに注ぎ込んで舞台に立っていた。
      上級生は多かれ少なかれ似たようなもの」
      とお話されていました。
      休演をしていなくても無理をして舞台に立っている生徒さんもいらっしゃるでしょう。

      相次ぐ休演は無理に無理を重ねた結果なのでは、と思ってしまいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください