月組

風間柚乃くんでこの役が見たい!3選

こんにちは、ヴィスタリアです。

今日は月組「夢現無双」の新人公演ですね。
幸運にも観劇できることになり興奮しています。

風間柚乃くんの新人公演がどうしても見たかった

「夢現無双」新人公演は主演のおだちん(風間柚乃)のラジオ「ビバ!タカラジェンヌ」を聞いたときから見たいと熱望していました。

風間柚乃くんは舞台もトークも大器だと確信した(新人公演直後のラジオの感想)こんばんは、ヴィスタリアです。 ラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」を聞きました。 ラジオはスカステ難民のヴィスタリア...

番組内でオンエアされた劇中歌はうまい上に最後の挨拶も口跡も明晰かつたいへん立派で、
おだちんが新人公演で目指しているもののレベルの高さに感心するばかりでした。

芝居・歌・ダンスの技術的にクリアすべきことはクリアした上で、いまの自分がなにを目指すべきかを非常に冷静に語っていたのです。

おだちんの「エリザベート」役替わりのルドルフ、国際フォーラム「ON THE TOWN」のポスターはもとより舞台で大活躍ぶりを思い出せば、冷静に自身を見つめた向上心は納得です。

風間柚乃くんだからこそ見てみたい3つの役

おだちんは今回の「夢現無双」本公演ではヒールとも言える宍戸梅軒を存在感たっぷりに演じています。
武蔵に再会したときの「この傷!……伊吹山でよ」という短いセリフに込められた怨みの味わい深さと言ったら。
(ラジオでは武蔵と梅軒の対比についての分析もお話されていました。)

またショー「クルンテープ」ではソロで歌うシーンもあり、フィナーレの黒燕尾では目立つ場所で踊り、パレードの階段降りにも入っています。

なんといっても毎度注目するのはクラブのポールダンス風のぎらぎらっぷりです。

この男くささ、骨太な雰囲気の男役さんは最近では貴重ではないでしょうか。
それも新公学年以下でかつ主役級となると一層稀少なように思います。

ヴィスタリアはよく
「○○さんでこの作品の再演が見たい」
「扮装だけでもいい、一曲だけでもいいから●▲さんのあの役をみたい」
という想像というか妄想をするのですが、
おだちんはその個性と雰囲気ゆえに妄想がどなたともかぶらないのです。

そんなおだちんだからこそ見てみたい役はこの3つです。

「ノバ・ボサ・ノバ」ソール
「風と共に去りぬ」レット・バトラー
「ダル・レークの恋」ラッチマン

いずれも80〜90周年ころの第一次ヅカファン時代に見たきりでそれ以降の再演は映像でも未見で、やや曖昧になりつつある記憶を頼りに書いているのですが(すみません)

1.「ノバ・ボサ・ノバ」ソール
おだちんで「ノバ・ボサ・ノバ」を、というのはいつも拝読している心優しいブロガーさんの記事でお見かけして膝を打ちました。

おだちんは歌もうまいですし「アマールアマール」を情感たっぷりに歌ってくれそうですし、なんといっても「シナーマン」を激しく熱く歌うところが見たいです。

2.「風と共に去りぬ」レット・バトラー
絶対似合います!(言いきる)
扮装だけでもいいから見てみたい、昔のタカスペ(当時はTMP音楽祭という名前でした)のように一部でいいから再現してくれないかしら(おちゃらけ無しで)と心底思います。

おだちんのバトラーがスカーレットに激しく嫉妬するところが見たいです。
スカーレットの元を去るところもいいし「さよならは夕映えの中で」も聞いてみたいです。

そしてこうして書いていてふと、ありちゃん(暁千星)のスカーレットの扮装も見てみたいという思いがわいてきました。

3.「ダル・レークの恋」ラッチマン
上演中のショー「クルンテープ」はターバンが多用されていますが、タキシードにターバンといえばこれです。

「ダル・レークの恋」は「霧深きエルベのほとり」と同じく菊田一夫先生のオリジナル作品です。

エルベの再演があるのなら「ダル・レークの恋」再演もあってほしいと思っていて、
ではラッチマンをやるなら誰で見たいかというと、数年後のおだちんでぜひ見てみたいです。
できれば研15くらいの成熟した男役となったころに見てみたいなあと思います。

ヴィスタリアは星組(1997)を映像で見て、ラッチマンとカマラの一夜に「これ、見てはいけないものなのでは」というくらいドキドキしました。
(「金色の砂漠」の比ではないくらいの官能的なシーンでした)

フィナーレのダンスも外国の振付家さんが入っていてかっこよくて。
当時好きだったくじょらことヒロコちゃん(久城彬)がいい場所で踊っていてうれしかったのも覚えています。

ラッチマンがおだちんならカマラは誰がいいのかを「宝塚おとめ」をめくりながら妄想しているのですがまだ思いついていません。

美しくて艶もあってダンスもうまくて雰囲気があって、おだちんとあの一夜のシーンを作り上げてくれる娘役さん……ゆっくり想像して楽しみたいと思います。

新人公演の感想はまとまり次第記事にします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    月組新人公演をご覧になったんですね。いいですね。
    風間さんが骨太・男くさいとのこと、激しく同意です。なかなかいませんよねこういうタイプ。雪組のひかりふる路の新人公演で見た叶ゆうりさん(ダントン)も男くさいなーと思いましたが。(ひそかに応援してます)

    今朝のタカラヅカニュースで新人公演のダイジェスト映像を見ました。風間さん、センター感ありありで、なんというか体幹がしっかりした安心できる舞台に思えました。最後の挨拶も。

    「見てみたい役」で挙げられている3つの内、1番目と3番目は未見なのでわかりませんが、レット・バトラーは激しく同意です。(2回目)
    最近の公演だと「凱旋門」ラヴィックや、「ファントム」ジェラルドも彼女に合う気がします。

    もっとオタク妄想すると「ゴッドファーザーPart II」のドン・コルレオーネ(回想シーンでロバート・デニーロが演じていた役)を演じてくれたりすると、たぶん自分は身震いすると思います。宝塚でやることはあり得なそうですが。ではでは。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      2度も激しく同意してくださってありがとうございます。

      月組新人公演、すばらしかったです。
      先月の花組とのカラーの違いが感じられたことも興味深かったです。

      風間さんは技術的なことはクリアして当然、その上でなにをするか、どういう舞台をつくるかを見据えておられると感じています。
      頼もしく、最近いないタイプの男役さんで今後が本当に楽しみです。

      記事を書くとき「風と共に去りぬ」「ノバ・ボサ・ノバ」を挙げたところで轟悠さんのトップスター時代を連想したのですが
      うみひこさんが「凱旋門」ラヴィックを挙げてくださってますますそれが強くなりました。
      いまの轟さんと風間さんが似ているというより、轟さんのようなタイプの男役スターがいま少ないのかもしれません。

      私、雪組は観劇回数が少なくて勉強中なのですが叶ゆうりさん、注目してみます。

      「凱旋門」ラヴィック、「ファントム」ジェラルド…思いつかなかったのですが、風間さんは芝居がうまいので一筋縄ではいかない役、難役をどう演じるのか見てみたいです。

      「ダル・レークの恋」「ノバ・ボサ・ノバ」は私は80~90周年のファン時代に映像で見てどちらも再演してほしい名作です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください