花組

花組の名花たちが退団してしまう(「CASANOVA」集合日)

こんにちは、ヴィスタリアです。

みなさますてきなクリスマスをお過ごしでしょうか。
ヴィスタリアは昨日は夫ラウールと大掃除やら年賀状の準備をしたりして過ごしました。

クリスマスだというのにクリスマスに悲しいニュースが入ってきました。

花組の名花たちが退団してしまう

今日は花組「CASANOVA」の集合日だったのですね。

退団者が発表されたのですが、この衝撃と悲しみをどう受け止めればいいのかヴィスタリアにはわかりません。

花組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   

花野 じゅりあ
桜咲 彩花
仙名 彩世 -すでに発表済-
碧宮 るか
茉玲 さや那
凜香 百音
2019年4月28日(花組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

亜蓮 冬馬
2018年12月25日付で退団

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20181225_004.html

じゅりあさん、先日「蘭陵王」で迫力の語りに圧倒されました。
組本ではおしゃれさん1位に選ばれていて、まったくタイプの違うコーディネイト例のお写真がセンスがよくてすてきだったのが印象的でした。

じゅりあさんも好きなお役に挙げられている「金色の砂漠」の女盗賊ラクメがかっこよくて大好きでした。

かっこいい女役ができる貴重な上級生としてまだまだいてほしかったです。

べーちゃん(桜咲彩花)は「ポーの一族」のジェイン、そして「金色の砂漠」のビルマーヤ姫が印象に残っています。

特に「ポーの一族」のライブビューイングは、そのときヴィスタリアはまだ宝塚にハマっておらず生徒さんの顔とお名前がほとんどわからない状態で見たのですが、にもかかわらずすぐにべーちゃんのことは覚えました。

べーちゃんのしとやかで清楚な美しさはまだまだ花組に必要なのに、寂しいです。

今回発表された「CASANOVA」大千秋楽で退団する6名のうち5名が娘役さんです。

花組は娘役さんが充実していて花娘はまさに百花繚乱。
「他組とのバランスを考えると魅力的な娘役さんが多すぎるかも?」とヴィスタリアは思っていました。

しかしこんな形で花娘が減ってしまうなんて全然望んでいませんでした。

トップ娘役ゆきちゃん(仙名彩世)も退団してしまうし「CASANOVA」以降、花組の雰囲気が大きく変わりそうな気がします。
寂しいです。

亜蓮冬馬くん、休演から復帰のないまま退団

そして今日付けであれんくん(亜蓮冬馬)の退団が発表されました。

あれんくんは「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」を怪我で休演し、続く全国ツアー「メランコリック・ジゴロ/EXITER!!2018」も休演でした。

長く休演が続いていたので気がかりでしたが、そのまま舞台に復帰されることなく退団となったのですね。
理由は公表されていませんが怪我の状態が思わしくないのでしょうか。

月組国際フォーラム「ON THE TOWN」で退団を発表されたあちくん(輝生かなで)に続き、99期の男役さんが大階段を下りることなく退団されることになります。

退団ということ自体がこたえるのに、大階段ではないというのがなおさらこたえます。

あれんくん、お疲れ様でした。
この先の進む道が幸せでありますように。

「CASANOVA」で退団されるみなさま、最後の日まで、そしてその先も応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください