観劇の感想

月組「夢現無双」新人公演②キャストごとの感想

こんばんは、ヴィスタリアです。

月組「夢現無双」新人公演の感想の続きです。

各キャストごとにヴィスタリアの独断と偏見と偏愛に満ちた感想を書いていますが、本公演が贔屓の卒業公演ということでけっこうな回数を見て脳みそに染み付いており、本役さんとの比較した書き方が多いかもしれません。

どちらがいい悪いの話ではなく、本公演を繰返し見た者ということでそのような感想になってしまいました。

“裏ヒロイン” 朱実/白河りり(叶羽時)

武蔵、小次郎、そして吉岡清十郎とこの作品のタイプの違うイケメンたちと絡みがある朱実は裏ヒロインと言えるでしょう。
りんりん(白河りり)の朱実はかわいい〜〜〜!と叫びたくなるくらいかわいさが溢れていました。

うんと厚くおろした前髪がよく似合っていましたし、役名名の通り朱色系の子どもらしさを残した着物が似合っていてほんとうにかわいかったです。

初登場の伊吹山のシーンでは着物の裾をかなり上げていて子どもらしさがあり、少女だからこそのお甲への軽蔑、潔癖さが出ていると思いました。

かといって少女の潔癖さ一辺倒ではなく、茶屋に身をせよ三味線を片手に水商売に近いところで生きる色めいたものもあり、清十郎が焦がれ小次郎がぐらつくのも納得でした。

この朱実だからこそ、お通と同時に「武蔵!」と叫んで武蔵に呼びかけるシーンでのお痛との対比、
「きれいな人…あたいのことなんか、もう覚えてもないか」というセリフの悲しさ、
お通が体現する情けに対しての「情けなんていらない」という自暴自棄なセリフ(そしてまとわりつくゴロツキ共が暗示する朱実の行く末)が活きてくるのだと思いました。

これからの活躍を楽しみにしています。

沢庵/朝陽つばさ(光月るう)

きれいなお坊さんですねえ。
あさぴくん(朝陽つばさ)の沢庵は、光月るうさんの飄々とした沢庵とは違う色気をしっとりとまとっていました(なんせ黒の僧衣がシースルーですからこの御坊には色気がなくてはいけません)。

沢庵は武蔵を諭すシーンが何度かありますが、るうさんの沢庵は怒りをさっと孕んでいるのを感じるのですが、あさぴくんは正しい道を諭そう、導こうとしているまっすぐさを感じました。

ゆっくりと落ち着いて諭すセリフはもちろんのこと、歌にも心がていねいに込められているのが伝わってきました。

祇園藤次/蘭世惠翔(輝月ゆうま)

ゆうきくん(蘭世惠翔)は「エリザベート」のルドルフ少年といい「アンナ・カレーニナ」のセリョージャといった子役といいお顔立ちといい、かわいいイメージがあるのですが、
声が低くていままでとは違う印象を受けました。

吉岡道場一門として武蔵と対決するときのキョロキョロと抜け目のなさそうな感じ、お甲に言い寄るシーンなど、なんら違和感なく、まゆぽん(輝月ゆうま)とは一味違ういい加減な藤次でした。

もっといろいろな役を見てみたくなりますし、日本物の目元が黒っぽいのお化粧が顔立ちの美しさをいっそう引き出しているように思いました。

その他のキャストなど一言ずつ

一言ずつですが触れさせてください。

お甲/夏風季々(白雪さち花)
さち花ねえさんがお色気た〜っぷりならききちゃん(夏風季々)はしっとりとした色気があり美しかったです。
又八といった若い男、祇園藤次といった有力な男がなびくのも納得でした。

出雲阿国/羽音みか(晴音アキ)
場の空気をガラッと変える華やかさ、ストーリーテラーの技量、歌唱力が問われる役ですが歌も上手でした。

吉岡清十郎/彩音星凪(暁千星)
きれいな男役さんで目力がありました。
ありちゃん(暁千星)よりは遊び慣れていなさそうな、でも色っぽかったです。
短いセリフで朱実への思いを表現しなければならない役ですが、的確に伝えてくれました。
「作州の武蔵!」と叫ぶときのギラギラした目、まさに光っていました。

新免無二斉/空城ゆう(紫門ゆりや)
幕開きからセリフがありますが、その第一声からして滑舌、口跡がよくて非常にききやすかったです。

お杉/桃歌雪(夏月都)、権六/瑠皇りあ(春海ゆう)
老け役ですがなんの違和感もないうまさでした。
笑いを取るシーンがありますが、本公演とは違う、お2人にあったものに変わっていて工夫されているんだなと思いました。

ほかに印象的だったのが烏たちの踊りです。
本公演ではかなりの人数で舞台を埋めるところを新人公演ではたったの3人でダイナミックに大きく動かねばならず「がんばれ!」と固唾をのんで見守りました。

ほかにも触れるべき生徒さんがいるかと思いますが下級生に詳しくないヴィスタリアの記憶容量の限界で以上となります。

メインキャストからセリフが一言の役から、どの役をとっても新人の公演にとどまらない、本役とは違う「夢現無双」を見せてくれた、役替わり公演といっていい舞台でした。

月組の芝居に熱く打ち込む生徒さんに心からの拍手を送りたいです。
月組バンザイ!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください