花組

仙名彩世様ご卒業の日に〜唯一無二の娘役といまの花組を愛す〜

おはようございます。ヴィスタリアです。

花組「CASANOVA」大千秋楽 仙名彩世様ご卒業の日

今日は花組「CASANOVA」の東京宝塚劇場の千秋楽です。

花組トップ娘役のゆきちゃん(仙名彩世)、花野じゅりあさん、桜咲彩花さん、碧宮るかさん、茉玲さや那さん、凛香百音さんが宝塚歌劇団を卒業される日です

退団される皆様、ファンの皆様、おめでとうございます。
みなさまにとってよき日になりますように。

仙名彩世という娘役と花組を愛す

今日の大千秋楽のライブビューイングは先行抽選に落ちたという声をSNSなどで多数見かけましたし、完売している会場も続出しています。

花組の人気の高さを実感しました。

ヴィスタリアは宝塚以外の趣味活動(宝塚より優先度が高い)で遠征しており見ることが叶いません。

ゆきちゃん、じゅりあさん、べーちゃん(桜咲彩花)という花組が誇る娘役さんが卒業され、ちなつさん(鳳月杏)とひっとん(舞空瞳)が組替えになり、
花組は大きく変わる、時代が変わるというくらい大きな変化のときを迎えます。

いまの花組の大切な日を映像でさえ見ることができなくて本当に残念です。

宝塚大劇場の千秋楽ライブビューイングは仕事で行けず、今日も行けず、
東京で「CASANOVA」を2回観劇したのがいまの花組とゆきちゃんへのお別れになってしまいました。

「CASANOVA」のベアトリーチェ役はゆきちゃんの持ち味とは異なり派手派手な原色のドレスにラップのナンバーもあり、
似合うか似合わないかでいえば後者かもしれませんが、ゆきちゃんは魅力的なベアトリーチェを創り上げていました。

カサノヴァと同乗した馬車で彼への恋心が目覚めるときのベアトリーチェの表情の変化を忘れません。

美しいドレスの着こなしを忘れません。

ゆきちゃんの声と口跡のよいセリフ、すばらしい歌唱にひたれる舞台が好きです。

ゆきちゃんの細くしなやかに鍛えられた身体を存分に使ったダンスが好きです。
みりおちゃん(明日海りお)とのデュエットダンスの特別な、幸せ空気が好きです。

舞台のヘアメイク、アクセサリーなどの芸術品のような作り込みとセンスのよさ、ポートなどでのセルフプロデュースの見事さが好きです。

ショーで品と娘役としての美を保ちながら攻め攻めの存在感を出してくる強さが好きです。

「Sante!!」のエイトシャルマン、忘れません。

「Delight Holiday」のライブビューイングで、MCで生き生きと、楽しそうにはしゃぎ、思いっきり踊りまくり歌いまくっていたゆきちゃんを忘れません。

いつだって「見たい」と思う以上の舞台を見せてくれたゆきちゃんはトップ娘役として唯一の存在でした。
仙名彩世というすばらしい娘役をいつまでも愛し続けたいです。

ゆきちゃん、ご卒業おめでとうございます。

変わっていく未来もきっと愛するでしょうけれど、いまの花組を心から愛し忘れません。

宝塚を、花組から羽ばたいていかれるみなさまの幸せな前途をいのります。
花組サイコー!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    仙名さんホントお疲れさまでした。
    自分はライブビューイングに行きました。仙名さんのサヨナラショーが見たかったので。近所のおじさんと二人で。(嫁がキャンセルしょった) 公演終わったのは夜8時を過ぎてました。(4時間半超え)

    ショーのオープニングのエイトシャルマン、ダルマ姿なのにすごくカッコいいと思いました。彼女すごい美人というかんじではないかもですが、なぜかメルトゥイーユ夫人のようなお高くとまった系のお役に自分はぞくぞくします。(いい意味で) 

    どの組でもかわいい系の娘役さんが多いし、お客さんからもそういう需要が大きいんでしょうけど、こういう「触れたら火傷するわよ!」が似合う女役さんがもっといてもいいのにな、と思います。

    最後の挨拶で、明日海さんが仙名さんに「立場的に仲良くずっとというわけにはいかず、苦しいことが多かったけど」とおっしゃってたのは意外でした。70人前後の組織のトップ二人なので、いろいろご苦労もあったんだろうな、と気づきました。

    あと明日海さんが鳳月さんへの送る言葉で、最初はからかい半分だったのに途中から嗚咽してたのも印象的でした。他の組から異動してきての花組トップというのは重責だったし、同じ月組出身のちなつさんは心の支えだったんだろうなーと思いました。

    確かに花組もこれから大きく変わりますね。永遠に完璧な布陣にはなり得ない、ある意味不完全、でもお稽古頑張ってます!というところが宝塚歌劇の魅力だと思っています。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      こんにちは。いつもコメントありがとうございます。お話できてうれしいです。
      ライブビューイング行かれたんですね。私も行きたかったです。

      盛り上がっていたんですねえ、大千秋楽。それにしても奥様を誘えるなんて羨ましいです。
      (私の夫は宝塚もミュージカルも興味がないので)

      エイトシャルマン、私も大好きです。艶と強さがあって攻めていてたまらなくかっこいいと思います。
      全ツ「EXCITER」中詰(だったと思います)のクラブようなシーンで柚香光くんを「あなたなんかじゃ無理よ」と軽くいなすようシーンも好きでした。
      これが似合う娘役さんはなかなかないないとシビれました。
      かわいい娘役さんも好きですが、大人っぽい役や艶のある女性も余裕でできる娘役さんもいてほしいです。

      明日海さんのインタビューは「プロだな」「ご自分の立場を非常に冷静に見ているな」と思う発言がちらりと見えるときが好きなのですが、今回のご挨拶は人間らしさの溢れたものだったのですね。
      トップスターだからこその苦労を明日海さんが分かち合い預ける相手がいてよかったと心から思います。

      明日海さんがトップになられたとき私は宝塚を離れていたのですが、稽古場映像かなにかで「主演は明日海りおさんです」と紹介されて腰を90度に折るほど深々とおじぎをして「よろしくお願いします」と言っていたのを覚えています。

      いま花組は一つの頂点、満開だったと思いますが散るのではなくまた新しい別の花が咲くのだと思っています。
      不完全なもの+熱意が宝塚歌劇の大きな魅力なのでしょうね。先日見た新人公演もその一つだと感じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください