宙組

宙組「オーシャンズ11」7名もの退団発表…宙組も宝塚も変わっていく

こんにちは、ヴィスタリアです。

今日は宙組「オーシャンズ11」の集合日でした。

7名の大量退団 宙組も変わっていく

105期生が初舞台をふむ宙組「オーシャンズ11」。

入団される生徒さんがいれば退団される生徒さんがいる、そうやって続いてきた宝塚歌劇ですが、今回の退団者の発表は衝撃的でした。

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   

宙組
純矢 ちとせ
澄輝 さやと
愛白 もあ
蒼羽 りく
風輝 駿
はる香 心
雪乃 かさり

2019年7月21日(宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190307_002.html

7名もの生徒さんが退団されることが発表になりました。

長く宙組を支えすばらしい舞台を見せてくれてきた生徒さんが退団されるのは本当に寂しいですしショックです。

宙組が大きく変わり、そして105周年の宝塚歌劇は変化の年、過渡期にあることを感じずにいられません。

純矢ちとせ様と澄輝さやと様との出会いは「ときめきの原点」

特にショックだったのがせーこさん(純矢ちとせ)とあっきーさん(澄輝さやと)の退団です。

あれは2年前のことでしょうか。
当時ヴィスタリアはどっぷり宝塚ファンではなく、チケットが取れたり、永遠の贔屓ヤンさん(安寿ミラ)の振付があればたまに見るくらいでした。

そしてスカイステージで「ときめきの原点 安寿ミラの世界」が放映され、せーこさんとあっきーさんが出演されていました。

特にせーこさんのお話が完全にヤンさんファン目線でうれしくなったのを覚えています。

その後宝塚ファンに復帰し、宙組を観劇する際はせーこさんとあっきーさんに注目していました。

せーこさんの美貌と存在感のある演技が好きです。
あっきーさんの冴え冴えとした美しい男役が好きです。

最近では実家の母サラ(ライトなヅカファン)がライトから一歩抜け出してあっきーさんのことを贔屓にしており、一緒に宙組を観劇すると完全にあっきーさんをオペラでロックオンしていました。

あっきーさんの舞台写真も購入し、「黒い瞳のライブビューイングとオーシャンズ11は絶対見に行くから(チケット取って)」と連絡してきたりしていたんです。

今日の発表を母サラがどんな気持ちで受け止めたのか…。

母のためにもそして自分のためにも「オーシャンズ11」は何回か見られるようチケットがんばろうと思います。

愛する89期が次々と卒業されていく

七海ひろきのお兄様が3月に、美弥るりかちゃんが6月に、そしてせーこさんが7月に卒業されます。

本当に寂しくてたまりません。

学年、ポジションも上がり舞台で見せてくれるもののが一際輝いているからこそ、学年的にはそのときが近いのが避けられないのだとしても、まだやめないでほしいと思わずにいられません。

トップスターになった以上、みりおちゃん(明日海りお)、だいもん(望海風斗)もいずれそのときが来ると思うと叶わないことですが時間が止まってほしいとさえ思います。

寂しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください