メディア関連

宝塚GRAPH12月号 美弥るりか様と望海風斗様 七海ひろき様と壱城あずさ様

おはようございます。ヴィスタリアです。

先日定期購読している宝塚GRAPH12月号が届き、ようやくじっくり読みました。
「T-gram」「石の上にも2年!?」「REN’S KITICHN 」など今回で最終回となる企画が多いのですね。

1月号は新年特集で、2月号から新企画が始まるんでしょうか。
「石の上にも2年!?」は音楽学校時代の話がおもしろくて大好きだったので後継の企画に期待したいです。

さて、GRAPHが届いたらまず表紙からパラパラとめくりまして、凝視して探す文字は「美弥るりか」「七海ひろき」という ヴィスタリアの特に気になった記事の感想です。

順不同ですしすべてのページに触れられなくてごめんなさい。

美弥るりかちゃんは望海風斗様に守られ、永久輝せあくんに愛されている

今月のるりかちゃんは「エリザベート」のSIDE SHOT SELECTIONに登場されています。

あの感動が別アングルからのショットで蘇りますが、なんといってもるりかちゃんフランツの舞踏会のシシィを見つめる愛いっぱいの横顔がきらきらに輝いていてキュンとしちゃいます。

シシィを見つめるまなざしに愛があふれていて、「フランツ、大好きなシシィと結婚できてほんとうによかったね」と声をかけたくなるような(その後いろいろあるけれども)幸せいっぱいの笑顔です。

このページの1幕最後のシーンのちゃぴちゃん(愛希れいか)の神々しさ、凛と美しい空気は感嘆に値します。

次にるりかちゃんが登場するのは「石の上にも2年総集編」のこぼれ話、だいもん(望海風斗)がるりちゃんについて「本当に儚げで、”私が守らねば”っていう気持ちになっちゃう」と力説しています。

またるりかちゃんは「石の上にも2年」について「音楽学校の記憶がほぼなくどうにか絞り出した」とコメントされています。
ほかにも彩風咲奈くん、芹香斗亜くん、柚香光くんが「音楽学校時代の記憶がない」とコメントされています。
(覚えている派もいて、なかでも紅ゆずる様のコメントがさすが!だと思いました。)

るりかちゃんは「回を追うごとに漫画の目が大きくなり零れ落ちそう」ともコメントされていますが大きな美しい瞳はるりかちゃんのチャームポイントですからね~。

さらにるりかちゃんは ひとこちゃん(永久輝せあ)がゲストの「REN’S KITCHEN」にも登場しています。
ひとこちゃんはるりかちゃんが大好きとのことで、月組公演をよく観劇しているそうです。

なんでも「美弥さんの舞台を見逃すわけにはいかない!」そうです。
蓮つかさくんが新人公演でるりかちゃんの役を演じているのを「いいな~。うらやましい!!」「(舞台で)美弥さんだ!って思うと横にこのみ(蓮つかさ)がいるしさ」と本気で本当にるりかちゃんのファンなんだなあと思いました。

今月の七海ひろき様

かいちゃん(七海ひろき)はべにーさん(紅ゆずる)の「終演後の過ごし方」に登場していました。

お2人は楽屋が隣同士で、かいちゃんがべにーさんの化粧前の日めくりカレンダーをめくってあげているんだとか。

この作業は以前べにーさんの隣だったしーらん(壱城あずさ)からかいちゃんへの引継ぎがあったそうです。
89期のつながりにはウルウルしてしまいます。

先月号のお兄様chでもしーらんのお名前が出ていましたし、しーらんがSNSで触れていることもあって、同じ時期を星組で過ごした特別な絆があるのかなと思いました。

Cover Special 芹香斗亜・星風まどか

先月号で予告を見たときからこのお2人のショットを楽しみにしていました。

キキちゃん(芹香斗亜)、なんてかっこよさでしょう。
表紙と同じお衣裳の見開きのショット、世界のすべての人を見下しているロレンツォ様の気配をまとっていませんか。
そんな目で見ないで~。
(すみません、変態で。)

そしてまどかちゃんのかわいさといったら。
いろんな表情ができるんだなと、特に水色×黄色のお洋服でキキちゃんにもたれているのがいいですねえ。
詩情があります。

でも一番かわいいのは「表紙撮影ルポ」のキキちゃんを見ながらにっこにこに笑っているショットだと思いました。

そして宙組ポーズを「ひとりでもできるわ」と言っちゃうキキちゃん、好きだなあ。

SPOTLIGHT 紅ゆずる

先月号のカバーのべにーさん(紅ゆずる)も美しい星の貴公子でしたが、今月も麗しいです。
そして最大のポイントは べにーさんがネイルをされていること!です。

すごーくシンプルで色は薄いですけれどこれ、厚みがありそうなのでジェルネイルでしょうか。
さすがです、べにーさん。

あとゴールドのてらてらのシャツをこんなにふつうに着こなせる人は他にいません。
ポートのキメたショットだけではなく「終演後の過ごし方」でナチュラルに着こなしておいでなんです。

美ほどき 真彩希帆

フェアリーな彼女たちと同じことをしても人間のヴィスタリアなので同じ効果や結果に到達できるわけはありませんが、毎月楽しみにしています。

このページのまあやちゃん(真彩希帆)のお顔の角度、表情、特別かわいく見えると思いました。
いままで見たまあやちゃんのオフショットで一番好き!というくらい好きかもしれません。
お洋服もまさにフェアリーなかわいさです。

「美ほどき」はフェアリーたちの美意識の高さもさることながら、自身のお顔立ちや肌質、髪質などをよく研究されているのが興味深いです。

まあやちゃんは「白目がちなので」とメイクアップの工夫をお話しています。
たしかにまあやちゃんは白目が大きいとは思いますけれど、下まぶたの粘膜にアイライン入れると痛くないですか?(ヴィスタリアだけでしょうか)

違うページですけれどべにーさんは終演後に「終演後に診療所で目を洗ってもらう」とありますし、舞台化粧もふだんのメイクも目に負担がかかってたいへんだなあと思いました。

それにしてもまあやちゃんの美声を保つためのケアがすごい!プロですね。

T-gram 愛月ひかる

前髪をおろしている愛ちゃん(愛月ひかる)、かわいくてかっこいいです。
「GRAPHの庭」でWWSのベルナルドのポーズをされていますけれどすごい手足の長さ…いったいどうなっているんでしょう。

他己分析はゆりかちゃん(真風涼帆)です。

もっとも印象的なエピソードは愛ちゃんの部屋がすっごくきれいだということ。
きっちりと片付いたお部屋でスカステを見て楽しんでいる愛ちゃんがありありと想像できます。

ゆりかちゃんが「すごくしっかり自己分析できている」「少しずつポジティブに改善していけるといいね」とまとめていますけれど、なんとなくわかる気がしました。

愛ちゃんはすごく冷静に自分のことを見つめているのだなあという印象を持ちました。
でもいま愛ちゃんができていることを認めて自信をもってね、愛ちゃんの舞台はすばらしいよ、と声をかけたくなりました。

Talk DX 真風涼帆×芹香斗亜

ゆりかちゃんのこのパレードの水色の衣裳、すっごくきれいでよくお似合いですね。
ステージ写真もこのページもキキちゃんがかっこよくてどきどきしちゃいます。

「白鷺の城」の「女化々原」の場面は「男役って楽しいな」と思う場面で「恋愛とはまた違う、じ~んとくる感じ」だそうで、どんな場面なのか気になります!

「異人たちのルネサンス」はキキちゃんとゆりかちゃんの一筋縄ではいかなさそうな関係が気になりました。

キキちゃんがロレンツォ役について
「レオナルドが大好きなんです(笑)」
「レオナルドを自分のマエストロ(芸術家)にしたいと思っているんです。まあ、しちゃうんですけど(笑)」
なるほど、Sっぽいキキちゃんが見られるわけですね。期待しています。

以上、ヴィスタリアの独断と偏見に満ちた感想でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください