星組

星組「ESTRELLAS」七海ひろき様に見つめられると固まってしまう

こんにちは、ヴィスタリアです。

今日は星組「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」のページが更新されました。

星組「ESTRELLAS」終わりの始まりを意識する

稽古場キャストボイスが更新されると公演が近づいてくる気持ちが高まります。
生徒さんそれぞれの文体、絵文字など個性が感じられるのも楽しいです。

しかし今回は七海ひろき様の退団公演かと思うと寂しくてせつなくて、見たいけれどその日が来てほしくないような…そんな気持ちです。

そんな星組の次回大劇場ショー「ESTRELLAS」の演出 中村A先生の解説が更新されました。

星をテーマにしたショーを探る

中村A先生のお話をもとにショーの構成と出演者を整理してみました。
お話からの抜粋なので生徒さんは敬称略で失礼いたします。

◆プロローグ
スパニッシュ風ロックのオリジナル曲。
紅ゆずる、綺咲愛里、礼真琴、七海ひろき、瀬央ゆりあらスターたちがメドレーで歌う。

◆第2章
J-POPを使った第2章の星メドレーでは、若さ溢れるフレッシュな雰囲気や、切ない感じなどを織り交ぜ、綴っていきます。   

七海ひろきには、若手スターを率いる中心となってもらいます。
彼女はしっとりとした雰囲気を持っていて、見つめられると固まってしまいそうな魅力があります(笑)。

これを読んだとき「中村A先生はよくわかっていらっしゃる。というよりこっち側なのでは?」とヴィスタリアは思っちゃいました。

退団者が中心となる場面は中詰め後~フィナーレ前にある印象が強いのですが、七海ひろきのお兄様は2つめの場面の芯なのですね。

ここは2番手スターさんが芯になることが多いですからお兄様へのはなむけなのだなと思いました。
中村A先生、すてきな場面を期待していますよ! 

◆第3章 「星夢(スタム)」
紅・綺咲のトップコンビが中心となり、星空をバックに一夜の夢を歌い踊るという場面。

◆第4章
礼を中心とする男役が歌とダンスで魅せる。
歌もダンスも得意な礼にぴったりなものをと、私(中村)が気に入っている男性グループの曲を使ったシーンを中詰め前に用意しました。

中村先生のお気に入りがどの男性グループなのか気になるところです。

◆第5章(中詰)「アスタリスク・メドレー」
星印「*(アスタリスク)」がモチーフ。
紅には、中詰めの総踊りで、それまでのメドレーとはひと味違う、彼女にぴったりな明るくてノリのいいJ-POPの曲を歌ってもらいます。

◆第6章 「星鷺(ほしさぎ)」
宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」に登場するジョバンニとカムパネルラの役を、紅と綺咲が演じます。
夜空を舞う星鷺たちが、二人を星空へと誘う幻想的な場面です。

◆フィナーレ
男役による黒燕尾の群舞や、トップコンビのデュエットダンスなどが展開します。
また綺咲を中心とする娘役だけのダンスシーンを創りました。少し挑発的な雰囲気で魅せてくれると思います。

読んでいるとなかなか楽しそうなショーのように思えます。

ところでヴィスタリアは恥ずかしながらアスタリスクが星に由来していることを初めて知りました。
wiki先生にはこんな解説がありました。

アスタリスク またはアステリスク(英: asterisk)は、約物のひとつで、右のような放射線である。
原語の意味は「小さい星」(ラテン語経由の古代ギリシア語)で、日本語でも星号、星印、星、アスタとも呼ばれる。

勉強になります。

オンデマンド民に朗報!雪組「ファントム」キャンペーン

ところで今日はこちらのニュースもリリースされました。

「タカラヅカ・オン・デマンド」が楽しめる「Rakuten TV」でお得なキャンペーンを実施中!

○「Rakuten TV」
マンスリーパック「プレミアムプラン」に加入すると、雪組東京宝塚劇場公演『ファントム』のチケットが抽選で当たるキャンペーンを実施中!

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20181101_003.html

ヴィスタリアはスカステ難民で、ちょうどこのオンデマンドのプレミアムプランに加入中なのです。
平日ソワレのチケットのチャンスがあるなんてうれしいではないですか。

しかもこのときはBパターン(朝美絢/シャンドン伯爵、彩凪翔/ショレ)で、ヴィスタリアはまだこちらのチケットが取れていないのです。

チケット難のこの公演、なんとかAパターンは確保したので「1回観られるだけでも感謝しなくては」と思いつつ、可能なら両パターン見たいのがファン心というもの。

さっそく申し込むことにします。当たりますように!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください