観劇の感想

花組新人公演「A Fairy Tale」今という奇跡

こんばんは、ヴィスタリアです。

花組「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」の新人公演を観劇しました。

前作「CASANOVA」に続いて花組の新人公演を観ることができ、とってもうれしかったです。

今日はハロウィン「シャルム!」のアドリブ

新人公演の前にマチネを観劇してきました。
お友だちのおかげで観ることができた13列センターブロックという、ヴィスタリアはなかなか座ることのできない前方席で幸せな観劇でした。

この日のショー「シャルム!」でのシャルムさん/明日海りおのアドリブは客席にいらしたOGさんにちなんだものでした。

そこにいらっしゃるのは花野じゅりあさんじゃないですか。
じゅりあさん、ハッピーハロウィン!

それからそこにいらっしゃるのは春風さんじゃな…噛んじゃった。
春風さんじゃないですか。ハッピーバースデー!

そろそろ行きますね(腕時計を示す仕草)。

客席はOGさんが大勢いらしていたようです。
ヴィスタリアは遠目に何人か「あ、◯◯さん」とわかる方がいてテンションが上がりました。

水谷美月(瑞羽奏都)さんのインスタグラムで豪華メンバーが見られます。

そしてヴィスタリア自身今日が誕生日だったのでシャルムさんの口から「ハッピーバースデー」という言葉を聞くことができて舞い上がってしまいました。

春風弥里さんに向けての言葉だとわかっていますがわかっていてもうれしくなってしまいます。
人生初の誕生日観劇だったのでなおさらうれしく、記念になりました。

「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」新人公演

新人公演の演出は熊倉飛鳥先生でした。
初めて聞くお名前ですが、男性か女性か、最近若手の女性演出家が活躍しているように思い、気になりました。

植田景子先生ワールドが炸裂しているこの作品をどうするのかも興味がありました。

ほとんど本公演との違いはなかったように思うのですが、
Mysterious Old Ladyがウィールドン家の一家と庭の妖精の昔語りをする場面でセリフが足されてるような気がしました。

夏至の夜に妖精たちがパーティーをしに集まるところで「夏至の夜に…」と説明が入り、
Mysterious Old Ladyがハーヴィーとマシューに庭のことを話していることが強調されわかりやすくなっていると思いました。
ったのです。

「ル・サンク」を買っていないのでヴィスタリアの記憶違いでしたらすみません。

他にはネリー・グリフィス夫人と子どもたちがヴィッカーズ商会に差入れに来た場面で、
ハーヴィーにまとわりついている妖精たちと子どもたちが手を振り合っていたりして子どもたちには妖精が見えており、ハーヴィーが気づいて驚いている演出がありました。

これも本公演にはなかったような気がするのですが、記憶違いでしたらすみません。
あともう一回観劇する予定なので確かめたいと思います。

終演後のご挨拶

ご挨拶の言葉は正確なものでもなく全文でもなく、ヴィスタリアが記憶できた限りのニュアンスです。

長のご挨拶は99期のリリちゃん(若草萌香)でした。

リリちゃんが丁寧に演じたMysterious Old Ladyの穏やかさの気配をまだ纏っているような、落ち着いた、あたたかな気持ちの込められたご挨拶でした。

大劇場の新人公演で学んだことを活かしたいとお稽古を重ねてきました。

こうして全員が今日の舞台に立たせていただいているのは当たり前のことではないと、感謝しております。

大切な学びの場である新人公演をこれからは100期がまとめてくれます。
これからも新人公演を見守っていただけたら

主演のほのかちゃん(聖乃あすか)のご挨拶にはみりおちゃん(明日海りお)のお名前がたくさん出てきました。

ラジオでも「明日海さんが…」とたくさんお話されていましたが、ほのかちゃんにとってみりおちゃんの卒業の公演でみりおちゃんから学んだことがどれほど大切なことかが伝わってきました。

大劇場の新人公演を終えてで決めたことがあります。
お客様の心に残るお芝居をすること。
今のメンバーでできるお芝居をすること。

この公演で明日海さんからたくさんのことを教えていただき、明日海さんからかけていただいた言葉は宝物です。

いまこのメンバーで舞台ができることは当たり前のことではなく奇跡なのだと思います。

明日からの本公演も明日海さん、卒業されてしまう方々、組替えされる方の背中を見て、新人公演メンバー一同精進してまいります。

リリちゃんもほのかちゃんも、新人公演メンバーが全員揃って今日の舞台を迎えたことや、
「いまの花組」を奇跡のように大切にお話されていたことがとても印象的でした。

ほのかちゃんが目標にしていたという今のメンバーでこその新人公演はすばらしいものでした。

キャストごとの感想はあらためて記事にします。
花組サイコー!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください