観劇の感想

雪組「壬生義士伝」新人公演がすごかった!(観劇の感想)

こんばんは、ヴィスタリアです。

雪組の新人公演を初めて観劇した

雪組「壬生義士伝」の新人公演を観劇してきました。

雪組の新人公演を観劇するのも、座って新人公演を観劇するのも初めてのことでした。
座ったといっても2階の最後方席です。

もう、もう、すごい新人公演でした。
全体的にレベルが高く、たとえばバウホールなどの小ホールで一定期間おこなわれてもふしぎのない公演だと思いました。

終演後の挨拶 彩海せらくんの天真爛漫さ

ヴィスタリアの記憶できた限りの終演後の挨拶を書いてみます。
どの言葉も正確なものではなくニュアンスですし記憶違いのものもあるかもしれません。

新人公演の長の挨拶はしゅわっち(諏訪さき)でした。

歌詞にある「石を割って咲く桜」をキーワードに、皆がこの作品に美しく存在したいと取り組みました。
(中略)
この新人公演はお客様の拍手で完成したのだと思います。

堂々たる挨拶に劇場中から長い長い拍手が贈られました。

主演のあみちゃん(彩海せら)は挨拶になると、声も女の子で素顔のあみちゃんに一気に戻っていました。

ラジオのときもそうでしたが真っすぐで天真爛漫で素直な明るさがあり、魅力的な生徒さんだなあとお話を聞いていると頬が緩みます。

彩海せらくん新人公演初主演と望海風斗様の言葉の届け方こんにちは、ヴィスタリアです。 radikoのエリアフリーでラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」を聞きました。 ゲストは雪...

挨拶の途中から涙をぽろぽろと流しながらもしっかりと、まっすぐに気持ちを届けるあみちゃんに、客席で心が洗われるようでした。

悩みもがいた稽古は楽しかったです。
一人ではこの役をつとめられるか不安でしたが、同じ方向を向く仲間がいたからこそ出せたものがあると思います。

同じ方向を向く仲間、いつも手をさしのべてくださる上級生、あたたかい拍手をくださるお客様がいてこの舞台をつとめることができました。

新人公演を糧に、明日からの本公演に精進してまいりたいと思います。

2回目のカーテンコールであみちゃんが「明日からこの役ができないと思うと寂しいのですが」とお話されると客席からあたたかい笑いが起こっていました。

すばらしい新人公演のキャストごとの感想はあらためて記事にしたいと思います。
雪組の新人公演を観劇できて本当によかったです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    雪組新人公演は今日だったんですね。いいですね。羨ましいです。雪組ファントム新人公演ではマジ頑張ったものの玉砕しました。。今回は忘れてました。

    新人公演、最初に観たのは雪組「ひかりふる路」で、その時は本公演とのギャップを感じてしまい、やっぱトップ2人はすごいんだなーという感じでした。

    月組「エリザベート」新人公演はトート、ルキーニ、ゾフィー、マダムヴォルフあたりが素晴らしく、もう純粋にいいもん観たなーと思いました。

    花組「メサイア」新人公演はせっかく良席をお取り次ぎしてもらったのに、仕事の都合で急に行けなくなり、泣く泣く嫁友人に譲りました。(自分にもそういう僥倖なオファーがこないかなー)

    花組「カサノバ」新人公演は帆純さんの演技とご挨拶。彼女の一途で真摯な態度・物言いに心うたれました。お会いしたことはないのですが、下級生の頃のエピソードを聞いていたりしたので、心の底からガンバレー!という気になりました。まあジェンヌさん全員にそう思ってますけどね。

    キャストごとの感想、お待ちしています。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      新人公演、たくさんご覧になっているのですね。
      それこそ羨ましいです。

      月組「エリザベート」の新人公演は見てみたかったなあと、本公演で活躍されている暁さん、美園さんを見ていると思います。
      風間さんは代役もつとめましたりマダム・ヴォルフの蘭世さんは歌がうまいですね。

      私は昨年宝塚ファンに復帰してからは本公演を観るのに精一杯で、スカステ難民なので映像でも見たことがありませんでした。

      花組「CASANOVA」が人生初の新人公演ですっかりハマってしまい、月組「夢現無双」と今回の雪組を見て、「オーシャンズ11」はチケットが取れなかったものの、次の星組はチケットが取れました。

      宙組新人公演は「El Jopon イスパニアのサムライ」で見る!と心に誓っています。

      雪組「壬生義士伝」新人公演の感想を書いているのですが、今回はキャスト個人個人がよかったのはもちろんなのですが、役と役が作り上げる場面、その間で生まれる芝居、作品がよかったのかなあと感じています。

      新人公演を見て初めて知ったのは、衣裳の着こなしや髪型のセンス、こだわりなど本役さんのすごさです。
      男役さんにしても娘役さんにしても居住まい佇まい、仕草など、いかに経験・年数をかけて磨き抜かれたものがあるのかを気づかせてくれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください