観劇の感想

花組「CASANOVA」新人公演キャストごとの感想

おはようございます。ヴィスタリアです。

花組「CASANOVA」新人公演のキャストごとの感想です。
ヴィスタリアの独断と偏見、偏愛に満ちたものになります。

ジャコモ・カサノヴァ/帆純まひろ(明日海りお)

99期、研7で新人公演初主演となったホッティー(帆純まひろ)。
ホッティー、主演おめでとうございます。

ホッティーはややアッシュがかったブロンド、目元のメイクが美しく、多くの女性に愛されるカサノヴァが似合っていました。

ホッティー、とってもかっこよかったですしまぶしかったです。

そしてみりおちゃん(明日海りお)とは違うカサノヴァを作っていると思いました。

カサノヴァは多くの女に愛されるだけでなくカジノ・ディ・ヴェネツィアの仲間たちからの人望も厚いですが、
ホッティーのカサノヴァはまぶしいくらいのイノセントさで人を惹きつけているのが伝わってきました。

なんてキラキラと明るくまぶしいんでしょう。

「ドン・ジョバンニ」でコンデュルメルをやりこめようと仲間たちが結束するのもわかります。

歌うま、歌が得意というタイプではないのかもしれませんが大健闘だと思いますし、
先日ラジオ「ビバ!タカラジェンヌ」で大劇場新人公演の歌を聞きましたが、進歩していると感じました。

終演後の挨拶は涙がこぼれないようにしているのか、一つひとつの言葉をゆっくりと、噛みしめるように大切にお話されていました。

夢中で観劇して感動でいっぱいでごく一部のニュアンスしか覚えていないのですが、このような挨拶をされていました。

「最後までご観劇くださりありがとうございました。
大好きなお芝居ができて、役のことをたくさん考えてすてきな歌を歌えて幸せでした。
上級生の背中を見て芸に精進していきたいです。
カサノヴァのように多くの人に愛される男役になれるよう明日からもがんばります」

すばらしい主演、熱演でした。
ホッティーのこれからを楽しみにしています。

ベアトリーチェ/華優希(仙名彩世)

はなちゃんが登場すると舞台がパッと明るくなる華やかさがあり、立ち姿や雰囲気、演技にもはなちゃんにしかない魅力、かわいらしさがあると感じました。

演技では本役のゆきちゃん(仙名彩世)とは別の、自分なりのベアトリーチェを作っていると思いました。

プログラムの主な配役にはベアトリーチェは修道院で学び、ヴェネツィアにやって来たばかりの理知的な女性とあります。

ゆきちゃんはこの「理知的」に寄せているとするのなら、はなちゃんのベアトリーチェは修道院で本を読むのも「礼拝ばかりで退屈だから外の世界を知りたい」という好奇心のあふれた結果のように感じました。

はなちゃんのベアトリーチェは若くて、自分の気持ちにまっすぐで好奇心も冒険心もある魅力的な女の子でした。

ゴンドリエーレに扮装したカサノヴァのゴンドラに乗り込むとき、水色のドレス(ポスターでゆきちゃんが着ているドレス)のたっぷりと長い裾を踏まないようモモロが丁寧にお手伝いをしていました。

モモロの「気をつけて」に答えるはなちゃんの素っ気ない「ありがとう」に笑いが起こっていました。
考え事で頭がいっぱいで目の前のことに意識がいっていない、そんなベアトリーチェの心が伝わってきました。

歌は音は取れていて声もきれいでしが、もうちょっと声が伸びるといいなあと思う箇所がありました。

コンデュルメル/聖乃あすか(柚香光)

あすかちゃん、スターのオーラがすごかったです。

しかも演技もよく、発声も滑舌もよく歌も上手でした。

すでに新人公演主演2回、本公演でも推されていますが、推されるわけは見ればわかる、納得でした。

本公演のコンデュルメルはただの黒い役ではなく笑いどころもある”おいしい役”でしたが、新人公演は笑いの要素がカットされており黒い役になっていたかと思います。

これからいろいろな役を経験されていくのでしょうけれど今回(基本の、という言い方でいいのかわかりませんが)黒い役のあすかちゃんが見られてよかったです。

あすかちゃんの演技がうまいので笑いを取るシーンがあったらどんなふうにやったのかも見てみたかったという気持ちもあります。

一方で笑いをカットされた分、コンデュルメル夫妻のヒリヒリした関係が際立ったのはよかったような気がします。
銀橋に夫妻が立ち遠く隔たった関係を嘆くシーン、すばらしかったです。

あとどこのシーンはちょっと曖昧なのですが、マント捌きが非常に美しくてはっとした瞬間がありました。

コンデュルメル夫人/舞空瞳(鳳月杏)

ひっとんの雰囲気や魅力とはまったく遠いところにある妖艶な大人の女性、難しい役を自分のものにしていました。
演技のひきだしが増えたのではないでしょうか。

紫がかった黒髪などちなつさんとは違うヘアスタイルで工夫されていました。

そして歌がすごかったです。上手で美しい声がよく伸びていました。

ベネラに「ごはんは?」と言われて「抜きに決まってる!」とキレるところ、迫力あって笑えました。

夫コンデュルメルの言葉に傷ついて毒をあおってセリ下がるところは大きな拍手が起こっていました。
それだけひっとんの好演、歌が光っていたのだと思います。

ダニエラ/音くり寿(桜咲彩花)

キンキンと高く割れない声の娘役さんが好きだなあと思うのですが、おとくりちゃんもその一人であることに気づきました。

本公演ではエトワールですばらしい歌唱を聞かせてくれていますが新人公演でも歌はもちろん、演技の完成度が高く安心して観ていられました。

ほんの少しいたずら心がありそうといいますか、バルビ神父とどんなことがあったのか想像できるような軽やかさがやりすぎにならないよう、ちょっぴり見せていたのがうまいと思いました。

その他のキャストたち

一言ずつですが触れさせてください。

◆ミケーレ伯爵/一之瀬航季
すごくよかったです。セリフが明瞭で、教皇の存在感の重みも出ていました。
そしてきれいなお顔立ちで目立っていました。

◆バルビ神父/愛乃一真(水美舞斗)
本役さんをよく研究していると思いました。
演技、歌、声が安定していてじょうずでした。

◆ゾルチ夫人/糸月雪羽(花野じゅりあ)
2階席最後列の立ち見からオペラグラスを使わなくても「あ、きれいな娘役さん」とわかりました。

もっと多くの生徒さんに触れたいのですがヴィスタリアの記憶力ではこれが限界です。

一人ひとりの熱意とエネルギーに満ちたすばらしい新人公演でした。
花組サイコー!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    私も東京でのカサノバ新人公演を観ました。各出演者についてのコメントになるほどなるほど、です。でも立見席からよくここまで細かいところまでご覧になれるなーと。すごいです。(自分も昼にフラッと立見席を購入し、夜公演を観ることが多いのですが、ここまで入り込めません。)

    自分はやはり舞空さんのコンデュルメル夫人かな。本当に黒魔術にハマってそうないっちゃった表情が印象的でした。歌も超絶上手いし。彼女が星組に行かれた後の活躍が楽しみです。

    あとバルビ神父はとても発声がよくて聞き取りやすかったです。コミカルな演技も上手だし。

    帆純さんの最後の挨拶は、真っ直ぐな気持ちを述べられていて好感が持てました。応援したくなりました。ぜひカサノバを超える愛される男役さんになってください。

    自分はとある下級生さんの出番表をもらっていたのですが、ご自分の舞台上の立ち位置や「台詞あります!」といった事を手書きで懸命に書いた紙を見ていると、生徒さん皆さんがこの新人公演という機会をほんとうに大事にされているんだなーと、心が洗われました。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      コメントありがとうございます。
      「20生記号に乗って」に続いて同じ公演を観劇されていたのですね。

      私はもともとA席・B席の後方で見ることが多いので立ち見でもあまり変わらずに観劇できました。
      東宝塚劇場の立ち見席は舞台の見切れなどがなくよく見えました(ACTシアターで「雨に唄えば」を立ち見で見たときは一部、生徒さんの足元が見えないなどありました)。

      舞空瞳ちゃん、すごかったですね。
      本役の鳳月杏さんがすごすぎて一体どんなふうに演じるのだろうと思っていたのですが、ひっとんのコンデュルメル夫人でしたし歌もよかったです。
      夫に拒絶されてからの揺らぎも繊細でよかったです。
      歌・ダンス・演技・華とそろっている娘役さんだと思うので星組での活躍が楽しみです。

      私は帆純まひろくんが気になり始めているところで、本文には書きませんでしたが、なぜ惹かれるのかを知れたことも新人公演観劇のうれしいことでした。
      挨拶もよくて胸がいっぱいでほとんど記憶はできなかったのですが心を動かされました。

      うみひこさんは下級生さんの出番表などをご覧になっているんですね。

      私はほんとうはもっといいと思った生徒さん、輝いていると思った瞬間があったのですがこれ以上は言葉にできませんでした。
      とにかく舞台からのエネルギーがすごくて自分も興奮し疲労していましたし、感想を書くのにもいつもの公演とは別のエネルギーを要した気がします。

      これから成長していこうとがんばっている生徒さんの舞台を見ることができて本当によかったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください