月組

月組「I AM FROM AUSTRIA」演出家インタビューからわかったことと、思うこと…

こんばんは、ヴィスタリアです。

演出家が語る日本初演ミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」

月組本公演が日本初演となるウィーンミュージカル「I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-」の演出を手がける齋藤吉正先生のインタビュー記事を読みました。

この記事からいくつかわかったことがあります。

まず齋藤先生が語っているなかから登場人物たちのプロフィールを整理してみました。

ジョージ・エードラー珠城りょうホテル・エードラーの御曹司で、古い老舗ホテルを自分なりに改革したいと思っているが、伝統を重んじる家族と距離ができてしまう。
エマ・カーター美園さくらオーストリアを飛び出しハリウッドで女優として活躍する中で、“FROM AUSTRIA”というルーツを忘れかけている。
リチャード・ラッティンガー月城かなとエマのマネージャー。ひとりで怒っては笑う「ちょっと劇画チックな役」
ヴォルフガング・エードラー鳳月杏ジョージの父。倦怠期を迎えて妻から浮気を疑われる。
ロミー・エードラー海乃美月ジョージの母。ホテルの社長で夫を尻に敷く気丈な女性。

気になるのはれいこちゃん(月城かなと)の「ちょっと劇画チック」な役どころです。
コメディ要素があるのかなあと予想するのですが、芝居も歌も確かなれいこちゃんがどんなふうに見せてくれるのか気になります。

れいこちゃんは端正な美貌の二枚目ですが、「BADDY」のポッキー巡査や「夢現無双」又八などコミカルな要素のある演技もバッチリですから、休演からの復帰で思い切り舞台に立ってほしいと願っています。

またちなつさん(鳳月杏)うみちゃん(海乃美月)がどんな夫婦を見せてくれるのかも期待しています。

うみちゃんの役はバリキャリの強い女性をイメージしているのですが果たしてどうでしょうか。

うみちゃんは「THE LAST PARTY」「エリザベート」「アンナ・カレーニナ」と病みがちな役の好演が続きましたが、
先日映像で見た「THE KINGDOM」の仕事ができて気丈でツンとした女性スパイ役がよかったので強いうみちゃんを見られたらうれしいです。

またウィーン版とは変更している点もいくつかあるそうです。

◆ウィーン版は役が少なく、話の辻褄を合わせたり、流れをわかりやすくするためもあり、アンサンブルなど、可能な範囲で宝塚版オリジナルの役や場面を作っている

◆華麗なレビューシーンもたっぷり用意されている

◆美術や衣裳はウィーン版とまったく違うものになる

「エリザベート」が宝塚と東宝で違うように、「I AM FROM AUSTRIA」もまた宝塚版として上演されるということなのかなと思いました。

齋藤先生に抱く一抹の不安と期待

ところで記事によると「故郷は甘き調べ」という邦題は齋藤先生がつけたそうですが、これが果たして内容に合致したものなのか、実際に観劇して確かめたいと思います。

そしてなにより気がかりなのがこの日本初演のミュージカルが齋藤先生の潤色と演出でなされることです

なぜこのようなことを書いているかといいますと、ヴィスタリアの個人的な感想ですが、
齋藤先生の前作月組「夢現無双」の出来が酷いものであったからです。
(どうしてそのように思うのかここでは改めて書きませんが、興味のある方は過去の記事をご覧いただければと思います。)

宝塚のお客様は華やかな舞台がお好きですし、出演者の人数が多いので、オリジナル以上に華やかで賑やかなナンバーを作りたいですね。

映像を駆使するのが最近のミュージカルの主流ですが、宝塚歌劇105年の伝統の中で培われてきた書き割りの世界観は、やはりお客様が安心できる部分だと思うので、LEDにもトライしつつ、吊り物のチェンジ、盆やセリで、いかに流麗にシーンチェンジしていくかを考えながら、宝塚らしい楽しい演出を心がけたいと思っています。

記事の中で装置や演出についても触れられていますが、「夢現無双」の細切れの幕前芝居は流麗なセットや舞台機構を活かしているとはとても思えず、不安を感じずにいられません。

「夢現無双」があまりにも酷かったので、オリジナルの芝居と海外ミュージカルの違いはあれど、いま齋藤先生の演出となると一抹の不安を感じずにはいられないというのがヴィスタリアの正直な気持ちです。

どうか杞憂であってほしいと願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    齋藤先生の演出への言いしれぬ不安、よーくわかります。自分は最近の作品だとKiller Rougeや恋するARENAも「ん?」という感じでした。お芝居ではないですが。

    思うに、齋藤先生はとても心優しい方ゆえに、いろんな組子の見せ場をこれでとか!と作って焦点がボケてしまうのかなーと思ってます。小劇場公演だとハマるんですけどね。あと思入れが強すぎて、場面を冷酷にカットすることが出来ないのかなと。

    というのも自分も齋藤先生タイプなので、そのあたりはよくわかります。自分は仕事でプレゼンテーションをしますが、良いプレゼンのコツは「いかに主張を絞って簡潔に伝えるか」だったりします。自分が伝えたいページを外すのは難しいです。

    実は自分は齋藤先生とお話しさせていただいたことがあります。オタク風味で普通っぽい人でした。かなり勝手なイメージですが、演出家って独善的で多少いっちゃってる人、という人物像ですが、そんな感じでは無かったです。(独善的=小池先生 というイメージあり。)

    • vistalia より:

      うみひこさん

      わかっていただけますか!
      そうでした、「恋スルARENA」も齋藤先生でしたね。
      謎の横浜推しセットリストに???となりました。

      「Killer ROUGE」は私はわりと好きなショーですが、好きな生徒さんがたくさん出ているからなのかもしれません。

      齋藤先生とお話されたことがあるのですね。
      そのイメージ、わかるような気がします。
      (そして小池先生も。「オーシャンズ11」の芹香さんのジョンソン先生のアドリブが千秋楽が小池先生のマネだったそうですが、かなり変わっていました。
      また小池先生の稽古場のエピソードも。)

      月組にとって大切な作品ですからよい演出を本当にお願いしたいです。

  2. ときめき花子 より:

    ヴィスタリア様
    同感です。
    カサノバやファントムの映像を利用した舞台よかったので、それが宝塚らしくないとは思わなかった。あえてそこに触れることに、もっと言い方、伝えるべきことがある気がしてます。
    制作発表会のムービーもall for oneの時のほうが作品への期待が高まったけど、今回のムービーは、今一つ、伝わってこないのは個人の感性のせいかなとか、もやってます。

    • vistalia より:

      ときめき花子様

      コメントありがとうございます。
      同じように感じてくださって心強いです。

      「ファントム」や「CASANOVA」の豪華な装置とプロジェクションの組合せは成功しており、宝塚のミュージカルの新たな形を見せてくれたと思っています。

      「夢現無双」も波のセットと照明、木が回転し色々な表情を見せる装置はよかったと思うのですが、宮本村の書割などが脚本のまずさもあり「なんだか学芸会のよう…」と思ったこともあり、
      齋藤先生の仰る「宝塚らしい演出」がどういうものなのか、期待よりも不安を感じずにはいられません。

  3. haruse より:

    こんばんわ!
    ヴィスタリア様の不安、私も良~くわかります!

    でも、でもです!まあ様のプレお披露目の『トップハット』、ご存知ですか?
    これも、海外ミュージカルで、斎藤先生の潤色でした。
    この作品、斎藤先生、なかなか、良いお仕事ぶりだったですよ!
    当時の皆様の評価も、悪くなかったと記憶しています!

    蘭寿さんのサヨナラ公演のショーや、夢現無双など、???と思う作品もあるので、ちょっと、一概には言えませんが、私は、あの、トップハットの時の斎藤先生を信じて、月組公演を待ちたいと思っています

    • vistalia より:

      haruse様

      まあ様の「TOP HAT」は見たことがないのですが、たしかに評判はよさそうですね。
      いまでもSNSなどで作品名を見かけます。

      演出家の先生を失念しておったのですが齋藤先生なのですね。
      これは「I AM FROM AUSTRIA」に明るい材料となりそうです。教えてくださってありがとうございます。

      海外ミュージカルは権利の関係などあって再演されるもの、なかなか再演されないものがありますが、
      「エリザベート」「モーツァルト!」と同じウィーン劇場協会の作品ですから権利的には再演可能な契約かしらと思っています。

      なので再演が待望されるような、いい新作ミュージカルと宝塚との出会いになりますように…と祈っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください