花組

89期の言葉から見えてくるもの〜明日海りお様の役づくり、七海ひろき様の思い

こんにちは、ヴィスタリアです。

明日海りお様 今月のメッセージ

みりおちゃん(明日海りお)のVISAのメッセージが更新されました。

宝塚大劇場で公演中のご自身の卒業公演となる「A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!」についてお話されているのですが、特にみりおちゃんの繊細で緻密なお芝居が作り上げられる過程の一端が明かされているようで興味深く読みました。

お稽古を始めた当初は、お芝居を成立させようとすると精霊であることを忘れがちになってしまい難しかったです。
逆に、人間とのお芝居の時などに、精霊であることを意識しすぎてしまうと、感情の高ぶりが平坦になってしまったりして……。

「青い薔薇の精」という人間ではない役をどのように作り上げていくのか、人間ではない存在を演じる苦労や工夫を覗かせてもらったように感じました。

またはなちゃん(華優希)演じるシャーロット、れいちゃん(柚香光)演じるハーヴィーとの関わり、みりおちゃんからのれいちゃんとはなちゃんに対する思いやりの伝わってくるメッセージでした。

ご自身の公演以外では雪組「壬生義士伝/Music Revolution!」を観劇されたお話もあり、同期のだいもん(望海風斗)やカチャさん(凪七瑠海)、
かつて組で一緒にすごしたまあやちゃん(真彩希帆)あーさ(朝美絢)ひらめちゃん(朝月希和)へのあたたかい気持ちがあふれていました。

こういうお話を聞くと宝塚は一つなんだなとファンとしてうれしくなります。

89期元星組 七海ひろき様と壱城あずさ様がスタートークに!

先週まで宝塚スタートークはヴィスタリアの永遠の贔屓ヤンさん(安寿ミラ)がゲストで毎週楽しく視聴していました。
(しかも質問を寄せたら憧れのヤンさんにお答えいただき、それを記事にしたらたくさんの方に読んでいただけて望外の喜びでした。)

今週からのゲストは元星組のしーらん(壱城あずさ)かいちゃん(七海ひろき)の89期コンビです。

さっそく視聴しました。
これから同じ時期に星組ですごした同期ならではのトークが聞けるのが楽しみです。

来週の予告を見ると今だからこそ話せるぶっちゃけトークもありそうですし、
ヤンさんのスタートークもそうでしたが初めて知るエピソードも多かったので、毎週火曜日の更新が楽しみです。

七海ひろき様 いまだから語れることがある

先日、朝日新聞で七海さんのインタビュー記事3本が公開されました。

どの写真の七海さんもかっこよすぎて思わず悲鳴をあげてしまいそうです。

興味深い話がいっぱいなのですが、特に印象的といいますかこれは退団したいまだからこそ語れることではないかと思ったのが星組の次期トップスターことちゃん(礼真琴)への思いです。

かいちゃんの写真集「.773」のインタビューとも一部重なる内容ですが、
ことちゃんのことを下級生でありながらスターとしては先輩であると語り、どのように切磋琢磨されてきたのかをかいちゃんのまっすぐな言葉で語られているのです。

これは在団中は聞けなかったことではないかとヴィスタリアは思いました(すべてのインタビューをチェックできているわけではないので該当記事がありましたらすみません)。

ぜひ多くの方に読んでいただきたいすてきなインタビューです。

この特集は読み応えのある記事がそろっているのですが有料記事もあって読めない方もいる……と思っていたら、別刷紙面のプレゼントキャンペーンが始まりました。


ヴィスタリアもさっそく応募しました。
上質紙にバージョンアップして刷られたそうなので当たった暁には永久保存版として大切に保管したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください