OG

マギーさん退団…りつこさんへ

6月17日(日)の宙組大千秋楽で専科のマギーさん(星条海斗)が退団されました。
ご卒業おめでとうございます。

pixel2013 / Pixabay

マギーさんには他の誰にも出せない存在感のある男役だったとヴィスタリアは思います。
ときとしてマギーさんの魅力は宝塚やスターシステムに収まりきらず、外の世界の広くて自由なフィールドでもっともっと輝くことでしょう。
この先のご活躍を祈ります。

…と書こうとヴィスタリアは思っていました。
いえ、このヴィスタリアの思いが変わることはありません。

その17日の真夜中をすぎて18(月)に日付が変わって、ヴィスタリアがいつものように寝る前のSNSのヅカパトロールをしていて、マギーさんがアカウントを開設しているのを知りました。
もう?! たしかに日付は変わってはいますが、あまりの早さに驚きました。

そしてお名前は「りつこ」。
芸能プロダクションに所属されています。
エクササイズ系のイベントの告知もありました。
ピラティスのようなメソッドなんでしょうか。

SNSアカウント開設の早さはもとより、「りつこ」というお名前で活動されることにもヴィスタリアは驚きました。
星条海斗さんといえばマギーさん。
マギーさん以外の愛称があることを、「おとめ」さえ買っていないヴィスタリアは知らなかったのです。
wikiで検索すると愛称に「マギー」「りっちゃん」とありますから、りつこがマギーさんのご本名と推測されます。

マギーさんが退団後「星条海斗」という芸名を使わないしても、一見してハーフかクォーターなのはわかるお顔立ちなので「マギー」はイメージとお名前が一致して覚えやすいと思うのですが、どちらも使わないことをマギーさんが選ばれたのがヴィスタリアには意外だったのです。

生徒さんの芸名は、ご本人の自由ではありますが、退団後も変えずに使ってほしいとヴィスタリアはかねてから思っています。
なので芸名はよくよく考えてつけた方がよいとヴィスタリアは思います。
新公卒業まででも7年、男役10年どころか退団後も芸事を続ければ20年、30年と使い続けるわけですから。
今年の初舞台生の芸名を見たとき、この生徒さんたちは20年後、30年後を想像して芸名をつけたかな、などと勝手に心配してしまいました。

勝手ついでに言えばヴィスタリアの好きな芸名の条件は、
・在団中も退団後も、特に男役は女優となってからも自然に使い続けられて
・難読奇読じゃなくて素直に読めて
・その人の雰囲気に合っている素敵な芸名
…注文が多くてすみません。

名前はこの世でもっとも短い私小説。
舞台人としての人となり、センス、個性がでます。

条件の1つめは、男性の名前のような芸名は退団後の活動では不便なこともあるのではないかとヴィスタリアは思うからです。
たとえば音だけで「マリー・アントワネット役をつとめるのは●●ヒロキさん」や「××ワタルさん」と聞いたとき、宝塚を知らない方は混乱しそうです。

漢字が簡単な芸名であっても難読奇読だと、ありとあらゆるところで読み方を間違えられて正しい読み方を言ってまわることにならないんでしょうか。

正直に言いますが、ヴィスタリアはつい先日まで花乃まりあちゃんは「はなのまりあ」だと思っていたので「かのまりあ」だと知って衝撃を受けたばかりです。

話がだんだん芸名のことになってきましたが、マギーさん、ご卒業おめでとうございます。
「りつこ」さんのご活躍を祈ります。

ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください