雪組

雪組が変わっていく…「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」集合日の発表

こんばんは、ヴィスタリアです。

今日は雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」の集合日でした。

全国ツアー「はばたけ黄金の翼よ/Music Revolution!」の千秋楽からは中2日での集合。
本当に本当にお疲れ様です。

これから「ONCE…」にタカラヅカスペシャルのお稽古もあって、どうぞお体に気をつけて…と祈らずにいられないハードスケジュールです。

昨年の「タカスペ」のトークで大劇場お正月公演「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」の稽古真っ最中だったさゆみさん(紅ゆずる)「正直いまなぜここにいるのかわからない」とのっぴきならない状況をお話されていたのを思い出しました。

雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」配役と退団者発表

集合日ということで小池先生の新作「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」の配役が発表になりました。

まだ元ネタの映画を見ていないのでどの役がどう…とはいまは言えないのですが、2役、3役を兼ねる出演者が多いという印象を抱きました。

そして退団者も発表になりました。

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   

雪組
舞咲 りん
早花 まこ
美華 もなみ

2020年3月22日(雪組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20191113_002.html

集合日付の退団者がいないことにほっとしました。
いろいろな事情があってのことだと思いますが、若い生徒さんが集合日付で退団されるのは寂しい気持ちでいっぱいになります。

雪組は人数は少ないのですが上級生の層が厚くて個性と実力が磨き抜かれているところが好きなのですが、その上級生の娘役さんが退団されるのですね。

どの組でも「この組の舞台には〇〇さんがいる」と安心できるような生徒さんが卒業されるのは寂しいです。

前組長のみとさん(梨花ますみ)が専科へ組替えになったのにともない、新組長がにわさん(奏乃はると)で副組長がのんちゃん(千風カレン)という発表があったときから、なんとなく予感はしていました。

どなたであるとか何時であるとかは漠然としていたものの、「卒業を考えているから最上級生ではないのんちゃんが副組長に就任されたのかな」という思いは浮かびました。

ヒメさん(舞咲りん)はなんといっても「ファントム」のカルロッタがものすごくて、あれは怪演だったと思います。

ヒメさんは歌もすばらしいですが「Music Revolution」のジャズの場面で踊りまくっていたのも強く印象に残っています。

きゃびいさん(早花まこ)は先月見たばかりの「ハリウッド・ゴシップ」のダイナーの女主人が役名さえない役なのにものすごい存在感で、間の取り方、笑いの取り方が自然で、
「きゃびいさんのこの役がなかったら、この作品はなにか物足りないものになっていた」と思いました。

また「歌劇」を買えばきゃびいさんの組レポ。を読むのを楽しみにしていました。

こうして日々ブログを書いていると「きゃびいさんやキッシャンのようなユーモアのセンスと文才の何万分の一かでもあればいいのに」と思うことしきりです。
(キッシャンこと岸香織さんの「聞いて頂戴こんな話」にあやかりたくてこのブログのタイトルを決めたくらいです。)

時の流れを止めることはできませんし宝塚での時の流れはなんと速いことかと切なくなるのですが、
卒業される美華もなみちゃんヒメさんきゃびぃさんの集大成を大切に観たいと思います。

また今のこの、個性豊かで粒揃いでチームワークがよくて端まら端まで最高の舞台を見せてくれる雪組の組本が出てくれたらうれしいなと思いました。

時の流れは止められないけれど、舞台映像や音源だけでなく、組の雰囲気や組子の関係が垣間見える組本という形になったらうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    配役でましたね。

    ん??と思ったのは、ファットモー(デブのモー)だけ壮年期と少年青年期が別なのに、他の壮年期でも出てくる人物(ヌードルス、マックス、デボラ他)は同じ人物が演じること。星逢一夜もこのパターンでしたが、これをやるとセリフを話す人物が集中して、下級生の出番が減っちゃうんですよね。二本物ならショーで出番をカバーできますが、一本物だとねー、、、
    → 小池先生の非情さを感じました。

    個人的に誰かな?と思っていたのはペギー(娼館の女主人)です。愛すみれさんかー、ふむふむなるほどというかんじです。

    宝石店店主の久城あすさんには笑いました。キャロル(朝美さん)に裏切られる間抜けな役です。しかし、そうなるとキャロルが狂う場面が舞台で再現されるということか、、、すみれコードに思いっきり引っかかりそうです。

    あと、叶ゆうりさんにはバグジー(街を仕切っていたチンピラ)が似合うなーと思ってたんですけどね。少し残念。でも諏訪さんでも合うと思います。

    ドミニク(少年時代のグループの5人目)は彩海さん、確かにそうなんですけど、背が低いことを考えると娘役さんでもよかったかな。

    話変わって舞咲さん。確かに存在感ある娘役さんです。カルロッタの他には幕末太陽傳のやり手おくま。もう本物の婆さんにしか見えませんでした。どちらも新人公演で羽織夕夏さんが舞咲さんの役をやってます。舞咲さん卒業後はそのポジションを担うのかな?でも、もっと可愛らしい役もやらせてあげてほしいです。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      映画を未見なもので注釈ありがとうございます。
      子供時代から一人の人物だと役が減りますから下級生の出番が…と思いますね。

      朝美絢さんが狂う場面があるのならすみれコードは気になりつつ、楽しみにしたくなる気持ちもあります。

      羽織さんは歌もいいですしヒロイン的な役も見てみたいです。
      私が見た「壬生義士伝」新人公演も梨花ますみさんの役でしたからね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください