観劇の感想

宙組「El Japonイスパニアのサムライ」作品の感想(やや辛め)

こんばんは、ヴィスタリアです。

初日と冬休みの間にもう1回宙組「El Japon-イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ!!」を観劇しましたので、
今年もヴィスタリアの独断と偏見と偏愛に満ちた感想を書いています。
やや辛めの感想になります。

また作品の内容に触れております。

2020年幕開きから作品のクオリティ向上を願う 宙組「El Japon」

小川理事長が年頭インタビューに掲げた2020年の目標が作品のクオリティと品格の向上でしたが、宙組「El Japon-イスパニアのサムライ」で東京宝塚劇場の2020年が始まっていきなり苦しいスタートになった、というのがヴィスタリアの正直な感想です。

小川理事長が求める作品のクオリティがどのくらいのレベルなのかはわかりませんが、ヴィスタリアが公演を観ていて求めたいクオリティは、せめて幕がおりるときに疑問を感じないよう、伏線は回収し話に矛盾がないよう校正をしてほしいということです。

宝塚の芝居作品に一定水準を求めるのは望みすぎなのかおはようございます。ヴィスタリアです。 生徒でありスターでもある アドバイス、ダメ出しは難しい スカステ難民で定期購読し...

そしてこの作品はヴィスタリアの求めるクオリティには達していませんでした。

終幕に向かうにつれて「藤九郎はかなりの傷を負っているはずだが、なぜ動き回って平気な顔をしているのか」「藤九郎はこの先イスパニアの地でどのようにして生きていくのか」が気になって仕方ありませんでした。

後者の問題は蒲田治道/真風涼帆にだけ解決策が提示されめでたしめでたし…の運びになるだけに非常に大きな問題だと思うのですが、藤久郎が今後どのように解決するのか気になって仕方ありません。

機転の利くアレハンドロ/芹香斗亜がなにかいい方法を見つけて切り抜けるでしょうか。

あるいは日本に帰ることも考えられるでしょうか。
治道への思いをこじらせ過ぎているのでなかなか無いような気もしますが。

そもそもいくら町の有力者ドン・フェルディナンド/英真なおきがおそろしいからと言って、人が亡くなっているのに届けを出さないなんてことがあるのでしょうか。

自殺や事故にする方が現実的な気がしますし、宿屋をあれほどしっかり切り回そうとしているカタリナ/星風まどかが看過するとも思えません。

というわけで作品のクオリティに疑問の残るエンディングではあるのですが、コメディの要素があるからか、
笑って楽しい気持ちになりほだされるといいますかなんとなく「まあ、いいか」という気持ちになってしまいました。

この笑いを成立させているのは宙組生の力であり、ゆりかちゃん(真風涼帆)キキちゃん(芹香斗亜)絶妙のコンビネーションに他ありません。

笑いの力は偉大です。
2019年に観劇した作品のクオリティに疑問を感じた作品たちでは「まあ、いいか」と思うことはできませんでしたから。

しかし脚本としては力業、禁じ手ではないでしょうか。

ドラマ、人間関係の広がりが見たかった

一緒に観劇したヅカ友さんが「正塚先生の要素を感じる」と言っていて膝を打ったのですが、
物語を畳みかける笑い、治道/真風涼帆アレハンドロ/芹香斗亜のやりとりにかつての正塚先生のコメディを感じました。

正塚先生の作品にはもっとドラマがあり、様々な人物が交錯する小芝居がありました。

それと比べるわけではないのですが、「El Japon」は多くの登場人物が舞台のいる時間が長い分、もっとサイドストーリーやいろいろな人間関係が描かれるエピソードがあれば一層おもしろくなったのではないか、と思いました。

たとえば使節団のメンバーと奴隷たちの間にどのようなことがあったのか。
カタリアがかつて働いていた酒場の踊り子たちのなかでどういう存在だったのか。友人はいたのか。
用心棒3人の関係はどのようなものなのか。どこで顔に傷を負ったのか。

ほんの一言二言でもいいから、人物の個性が伝わるようなエピソードを組み込んでほしかったです。

それが難しいのであればせめて名前を呼び合うことをしてほしかったと思うのです。
(ヴィスタリアが宙組をあまり見られていないこともあり、どなただったのか見分けられないことが多々ありました。)

宙組生はきっとそれぞれ深く役を考えて役づくりをしているでしょう。
何度も何度も公演に通えばそれがわかるのかもしれませんが、1度や2度見たわけではなかなかわからなかったのが残念です。

また演出で言うと場面転換のいいところと悪いところの落差が非常に大きかったようにも思います。

次々と展開するプロローグで仙台藩月の浦からイスパニアへと一気に物語を進めたのはとてもよかったと思います。

一方でカタリナの宿屋が襲撃された後、場面がガラリと変わってドン・フェルディナンドとエリアス、用心棒たちの場面になりますが、転換があまりにも工夫がなく無理がありすぎたように思います。

初日にはポストカードがいただけたり寿組長ゆりかちゃんのご挨拶があったり、
「あけましておめでとうございます」という開演アナウンスを聞けてうれしくなったり、そういったことに救われた部分が大きい気がします。

キャストごとの感想、ショー「アクアヴィーテ」の感想は別記事で書きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    やっと自分もIL Japon 観劇しました。いくつかのレビューを見て、自分の中のハードル下げて臨みましたが、思っていたよりはまあまあ良かったかな。

    しかしストーリーがつい最近観た「追憶のバルセロナ」そっくりです。舞台もスペインだし。役どころもトップ2人はほぼ同じ。支倉常長がスペインまで行きローマ法皇にも拝謁した、という史実をもとにして後は恋愛話をチャチャっと入れてハイ出来ました!という感じがしなくもない。そもそも日本人の奴隷がはるか欧州の地で働かされていたんだろうか?

    最後の話のまとめ方は、はーそうなるんですかーというかんじ。しかし夢現無双を観た後の一体なんだった感よりは良かったかな。

    大ケガの藤九郎はどうなったんだ?今後彼はイスパニアでどうやって生きていくんだ??は、確かに思いますね。本当は藤九郎はあそこで死んで、それを見届けた治道がイスパニアで生きてくことを決意する、という感動的なストーリーが当初はあったんではないでしょうか?2人の葛藤の前振りがほとんど回収されていないし。たぶんですが、公演時間の制約で仕方なくそのあたりをぶった切ったのかなと。そういう意味ではマスカレードホテルの東野圭吾さんは偉大です。すべて回収してるし。
    できれば奴隷たちの行く末も安心できるものにしてほしかったです。

    しかし自分が一番違和感があったのは、日本人がイスパニアの地で言葉の壁が全く無いことです。スペインならスペイン、ロシアならロシアと一国で閉じた話にしてくれるとそのあたりを気にしなくてもいいのになーと思います。

    あと、ららちゃん、もっとしゃべって欲しかった。。。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      感想お待ちしておりました。
      ハードル下げて…の観劇になってしまうのが悲しいですが、先日の小川理事長の駄作0発言とあわせていろいろ考えてしまいます。

      チケトレで毎日のようにお譲りが出るのも気になります。

      追憶のバルセロナは未見なのですが、たしかにスペイン被りですね。
      雪組はパリと幕末縛りでしたが演目にバリエーションがありますからいいとして、役どころまで似ているのはちょっと残念に思います。

      限りある在団期間、それもトップでいられる時間に限りはありますからいろんな役どころが見たいです。

      そして言葉の問題、たしかに…。
      きっと治道たちがものすごく勉強してから行ったのでしょう。
      奴隷たちは日々の労働の中で覚えざるをえなかったと解釈しておきます。

      ららちゃんのセリフは肉付けしてほしかったですね。
      舞台にいる時間はあるのですから「治道様…」だけではもったいなさすぎます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください