月組

月組「クルンテープ」公演中の楽曲変更と花組ポスターの衝撃

こんばんは、ヴィスタリアです。

今日はニュースがたくさん、それも驚くニュースがありました。

月組「クルンテープ」公演中日目前に楽曲変更!

このニュースを見たときは本当に驚きました。

月組宝塚大劇場公演 レビュー・エキゾチカ『クルンテープ 天使の都』使用楽曲の一部変更について

月組宝塚大劇場公演 レビュー・エキゾチカ『クルンテープ 天使の都』におきまして、3月29日13時公演より、下記の場面にて使用しております楽曲を変更させていただきます。
大劇場公演中の変更となりますことお詫び申し上げますとともに、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

第11場 ケングエング(元気)
第21場・第22場 マカプジャ(万仏祭)   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190329_007.html

公演が始まってからの楽曲変更ということは著作権の関係でしょうか。

月組「夢現無双/クルンテープ」の初日映像がなかなか更新されないと思っていたのですが、この影響なんでしょうか。

第11場ケングエング(元気)は美園さくらちゃんが男役さんたちとBerryz工房の「cha cha SING」をチャーミングに歌っていました。

今日観劇された方のtwitterなどを見ると「セ・マニフィーク」に変わっていたそうです。

そして第21場・第22場マカプジャ(万仏祭)は美弥るりかちゃんが黒燕尾で銀橋を歌いながら渡り、男役の総踊りになるところの曲が変わったようです。

るりかちゃんのソロ曲「愛を知るため」は別れを惜しむすてきな曲で思い入れもあり、変更は残念です。

というのもこの曲はヴィスタリアの永遠の贔屓ヤンさん(安寿ミラ)がコンサートで歌っていてそれで知った曲なんです。
プログラムのるりかちゃんのインタビューにはそのことのお話もありました。

なので曲が変わってしまうのは残念ですし悲しいのですが、映像化されたときに差替えられてしまうことを考えるとやむを得ない選択なのかなと思います。

楽曲が変わる前に観劇できてよかったと思うしかありません。

そしてどんなふうに変わり、変更後の舞台を見てどんなふうに感じるのかいますぐ劇場に行きたい!と居ても立っても居られない気持ちでいます。

それにしても急な変更で生徒さんもスタッフさんも大変だったでしょう。

ヤンさんは3日前にご自身の舞台もありました。
振付の変更があったとしたら相当タイトだったのではないでしょうか。

なにより楽曲の変更は事前に防げることだったのではないか、こういうことは2度とあってほしくないと強く思います。

花組「花より男子」「Dream On!」のポスターがすごい

初夏の花組別箱のポスターが発表になりました。

「Dream On!」は出演者全員でしょうか。

「Dream On!」はこのポスターを見ると「New Wave」の新シリーズという位置づけになるのかなと思いました。

先行画像と同じく、特別出演で全日程出ないマイティー(水美舞斗)が中心なのは宝塚歌劇団のハードスケジュールを象徴しているようにも思います。

「花より男子」はF4と牧野つくしの5人です。

これまで宝塚歌劇の実写化ポスターで再現度、美しさに目と心を奪われたのは「るろうに剣心」「ポーの一族」「はいからさんが通る」などがありました。

今回は「宝塚で花男をやるとこういう感じになるんだ」と受け止めました。

そしてこのメイクや衣裳が本当に似合っているのかしら?とも思いました。

ポスターより実際の舞台の方がすてきなパターンだと思いますのでぜひとも観劇したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください