雪組

すごい組合せが雪組にやってくる!上田久美子先生✕生田先生

こんばんは、ヴィスタリアです。

次回雪組本公演にすごい!上田久美子先生×生田先生

今日から雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」のキャストボイスの更新が始まって、一幕が通せるくらい小池先生の脚本が仕上がっていることに安堵していたのですが、すごいニュースがありました!

2020年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

雪組公演
■主演・・・望海 風斗、真彩 希帆

◆宝塚大劇場:2020年7月17日(金)~8月17日(月)
◆東京宝塚劇場:2020年9月4日(金)~10月11日(日)

ミュージカル・シンフォニア
『f f f -フォルティッシッシモ-』~歓喜に歌え!~
作・演出/上田 久美子

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。音楽史に革命を起こし、今や不滅となったその男の名前。

しかし男の名は、あらゆる不運に彩られている。失恋、孤独、失聴…。
それでもなぜ彼は、至上の喜びを歌う「第九」を完成させることができたのか。

聴力を失い絶望する天才音楽家の前に姿を現した謎の女。女の不可解な存在にいらだちながらも、いつしか彼女を人生の旅の友としてゆくルートヴィヒ。やがて二人の不思議な関係が生み出した音楽とは──。

フランス革命後の混沌のヨーロッパで、ナポレオン、ゲーテ、そしてベートーヴェンが歩む覇道が交差する。誰もが知る伝説の男たちについての、新しい物語…ミュージカル・シンフォニア!

レビュー・アラベスク
『シルクロード~盗賊と宝石~』
作・演出/生田 大和

西から東へ、そして東から西へ…文化、文明、人を乗せ、陸と海とで西欧とアジアを結びつけてきた交易路「シルクロード」。

路往く隊商を襲った盗賊は、一粒の青いダイヤモンドを手にいれる。
しかしそれはインドの女神シータの失われた片目であった。

ある者には幸福を、そしてまたある者には悲運をもたらしつつ幾度となく持ち主を変え、遙か古よりこの「シルクロード」を彷徨ってきた宝石の、その煌めきの中に宿る数多の記憶を辿る旅へと盗賊は誘われてゆく…

過去から未来へ、そして未来から過去へ。時代と空間を超えた旅の中で綴られる、エキゾティシズムに富んだレビュー・アラベスク。
なお、この作品は演出家・生田大和の初のショー作品となります。   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20191128_004.html

月組「夢現無双/クルンテープ」が発表されたとき齋藤先生×藤井先生もスゴイ組合せだと思いましたが、
上田久美子先生の芝居と生田先生のショーを雪組でって更に上をいく濃さ、すごさを感じます。

しかも上田先生の「f f f」も生田先生の「シルクロード」も公演解説からして想像を掻き立てられます。
おもしろそう!見たい!と興奮せずにいられません。

上田久美子先生のお仕事ぶりを見ると、
2016年花組「金色の砂漠」
2017年宙組「神々の土地」
2018年月組「BADDY」
2019年星組「霧深きエルベのほとり」

年1作のペースで本公演を担当されており2020年は宙組「FLYING SAPA」が発表になったので今年は無いのではないかと思っていたのですが、雪組をようやく担当されることになるのですね。

最近ですと「凱旋門」新人公演を担当されていましたが本公演は「星逢一夜」以来の雪組×上田久美子先生です。

上田先生で音楽ものといえば宙組「翼ある人びと」が思い出されますが、
「fff」はあのときブラームスとシューマンが惚れこみ天才と讃えたベートーヴェンが主役のようです。

音楽を愛し音楽に愛されているだいきほ(望海風斗・真彩希帆)にふさわしい題材ですし、上田久美子先生がいまの雪組の魅力をどのように引き出すのか、考えるとワクワクします。

そしてショーは生田先生の初めてのショー作品とのことですが、生田先生は「CASANOVA」で一本物デビューしたと思ったら今度はショー作品デビューとのことで脂がのっていますね。

生田先生、おめでとうございます。

芝居の「ひかりふる路」はフランク・ワイルドホーン氏の、「CASANOVA」はドーヴ・アチア氏の音楽が印象的ですが、主題歌をどなたに依頼するのか、どのような選曲をするのか気になります。

生田先生のオリジナルの芝居の公演解説を読むとインスパイアされたであろう元の作品がぱっと思い浮かぶのですが、生田先生がどのようなオリジナリティをショーで見せてくれるのかにも注目したいです。

なにより「ドン・ジュアン」「ひかりふる路」でだいもんが生田先生のミューズであることは実証済。
雪組の、だいもんの、だいきほの新たなショーの名作が生まれることを期待しています。

2020年の本公演は1本物が多く、月組は和物ショーですから夏の雪組オーソドックスな芝居と洋物ショーの2本立てでほっとしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください