観劇の感想

暁千星くんに近づくと火傷する 月組「夢現無双/クルンテープ」

おはようございます。ヴィスタリアです。

月組で誰に目を奪われているか

このブログをご覧いただいている方はご存知かと思いますがヴィスタリアは美弥るりかちゃんを贔屓にしています。

月組「夢現無双/クルンテープ」はるりかちゃんのご卒業の公演ということでるりかちゃんが出ている場面はるりかちゃんをロックオンしています。

ではるりかちゃんが出ていない場面はなにを見ているのか、どなたを見ているかといいますと、日や席によって違います。
前方席や通路側のときは基本的に目の前、いちばん近くにいる生徒さんを見ています。

後方席や2階席だと裸眼にせよオペラグラス越しにせよありちゃん(暁千星) に目を奪われることが多いです。

「夢現無双」の暁千星くんの凄味のある色気

「夢現無双」でありちゃんが演じているのは京男、吉岡道場を率いる吉岡清十郎です。

ありちゃんが登場されたときに拍手ができるよう♪チャ、チャ、チャーンと音が入ったことにはっとしました。
4番手でこの音が明確に入ることは珍しいように思ったのです。

清十郎は道場の門弟たちを率い、一度は武蔵を簡単に退けるほどの強者でありながら、艶めいた京言葉を操り長い髪を結いもせずにいます。

そんな髪型で洒落た着物姿で遊び人の風情を漂わせたありちゃんには独特の色気があります。

清十郎の婀娜っぽくて匂い立つようであり、しかも凄味のある色気があって、朱実/叶羽時への執着の示し方が大変魅力的なのです。

扇子を使っての顎クイ、つれない朱実へのジリジリとした嫉妬、そして朱実と離れるときの不器用な心情の示し方。

「BADDY」の王子役などベビーフェイスな男役さんかと思いきやとんでもない!
ありちゃんに迂闊に近づいたら火傷は必至です。

「クルンテープ」の暁千星くん

ムエタイを題材にしたコミカルな振付ですが、ありちゃんのダキレキレのダンス、身体能力の高さに目が釘付けです。

脚を伸ばして飛んだり、腰の高さに上げた脚のキープ力には脱帽するほかありません。

中詰ではスターさんが歌いながら次々と銀橋に出てくるなかありちゃんはほとんど歌わずに華麗な足捌きを見せてくれます。
あまりにも華麗すぎて一体何がどうなっているの??と思うほどです。

そしてまたここで巻き舌も披露してくれるのがたまりません。
(ヴィスタリアはスターさんの巻き舌が好きなのです。)

そして外せないのが短髪のままのセクシーな女装です。
衣裳、髪型ともにやられました。
ショートパンツから伸びた脚の長さ、美しさといったら。

芝居の清十郎とはまったく違う、健康的な、フルッシュな果実が熟れるような色気を爆発させています。

たまさく(珠城りょう・美園さくら)が惹かれ合ってからのありちゃんの焦燥と嫉妬に満ちた色っぽい表情は必見です。

ありちゃんは歌もダンスもすばらしくて芝居の表現力も幅広くて、とても魅力的だと思います。
これから月組を観劇するとき、ありちゃんに一層注目することになりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください