花組

魔法をかける〜安寿ミラが振付る明日海りお、蘭寿とむ〜

こんばんは、ヴィスタリアです。

今日は火曜日、楽しみにしている宝塚スター☆トークが更新される日です。
ゲストはヴィスタリアの永遠の贔屓ヤンさん(安寿ミラ)で、今回は花組トップスターのスペシャルなお話がありました。

振付家ANJUが振付で明日海りおに魔法をかける

今回は元花組トップスターまゆさん(蘭寿とむ)からサプライズメッセージがありました。

まゆさんから見た振付家ANJUのお話、そしてそれを聞いた上でのヤンさん自身の振付家としてのお話がたくさんあって非常に興味深かったです。

特に印象的だったのがヤンさんがトップスターだけでなく下級生まで個人に合わせた振付をされるというお話です。

それを踏まえてヤンさんが振付をされた場面を思い出すと一層味わい深いものがあります。

ヤンさんがまゆさんの男役としての魅力、到達した高みがどれほどのものであったのかが伝わってくるお話、そしてヤンさんがみりおちゃん(明日海りお )に振付をされた際のお話もありました。

ヤンさんがみりおちゃんに振付をされた際にしたことがとても素敵で、そこで出てきたのが魔法をかけるというキーワードなのですが、これは男役、トップスターをやっていたからこそできることなんだろうなあと思いました。

すてきなお話なのでぜひ聞いてみてください。

またまゆさんはヤンさんが振付けをされた際のエピソード、印象に残っているシーンをたくさんお話されています。

ある作品の歌の振付でヤンさんがまゆさんに男役としてアドバイスをされたエピソードをお話されているのですが、シチュエーションからして想像すると思わず黄色い声をあげそうになります。

これもやはり魔法をかけるということなのかなと思いますが、とてもすてきなエピソードなのがぜひ聞いてみてください。

ヤンさんの振付た場面を見ていたりインタビューなどを拝読すると、ヤンさんが上級生から受け継ぎ、振付ることで伝えようとしている男役の美学を感じるのですが、今回それを実際にヤンさん、まゆさんから聞けてとってもうれしかったです。

男役の美学 黒燕尾のこと

今回のスター☆トークとは直接関係のない話なのですが、最近男役の黒燕尾について考えることがありました。

まず2018年のレビュー本で「魅惑の黒燕尾」という、各組の上級生スターの男役さんのインタビューページがあったのですが、今年はそういうスターさんのページがなくて寂しくなりました。

ちなみに2018年のレビュー本のそのページに載っていたのはこのスターさんたちでした。
ゆりちゃん(紫門ゆりや)
みっきぃさん(天寿光希)
あっきーさん(澄輝さやと)
りくくん(蒼羽りく)
ゆっこさん(麻央侑希)

経験と実力を積んで男役の美学を体現し、その組を支えかつ魅力となっているスターさんがどの組にもいてほしいと思うのです。

こういったスターさんが次々と退団されていく中、来年のレビュー本が出るころには各組はどうなっているのかなと、ぼんやり思ったりもしました。

もう一つは、星組「ESTRELLAS」、雪組「Music Revolution!」の黒燕尾を見て、男役の黒燕尾の美しさ、魅せ方、かっこよさはダンスの技術とは違うし経験がモノを言うということです。

これはヴィスタリアの個人的な偏愛に基づく感想ですが、そしてもちろんトップスターは別格として、
星組はお兄様(七海ひろき)に、雪組は凪様(彩凪翔)の黒燕尾の存在感、見せ方の美しさに目を奪われ、ダンスの技術とは違う美学に息をのむほど感動しました。

こういう男役の美学を体現してくれるスターさんを見続けていたいと心から思います。

ヤンさんが振付た黒燕尾は「Cocktail」で衝撃を受け、「Sante!!」でこれぞ花組の黒燕尾と感動し、「クルンテープ」でシビれたのですが、
ヤンさんがみりちゃんの退団公演で振付をされるそうなので、できれば黒燕尾の場面で再び魔法をかけてこれぞ花組、これぞ男役、花男なものが見られたらいいなあと願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    彩凪さんの黒燕尾、目が吸い寄せられます。マジでカッコいい。「琥珀色の雨に濡れて」のトップジゴロもすごくハマってました。ですがトーク番組とかで見るベタベタな関西弁がまたギャップがあっていいです。

    希帆ちゃんがお茶会で話していたエピソードですが、ファントムのお稽古でクリスティーヌにシャンドン伯爵が名刺を渡すシーンでの名刺は単なる四角い紙だったので彩凪さんは「なんか書かなあかんなー」と言って「凪様だよ!」と書いてそれを使っていたとのこと。ユーモアもある方です。ちなみに本番のは小道具さんが作ったであろう本物っぽくなってました。

    次回の花組公演では黒燕尾がありそうなんですね!実は6月に花組さんがこっちにいらした際に下級生の男役さんと話する機会がありまして(我々全員が初めて会ったジェンヌさん)、その時に嫁友人2人がヴィンテージ物のカフスボタンをプレゼントして大層喜ばれていました。その彼女が黒燕尾の集団に選ばれて、その物をつけてくれるのを見たいなーと思ってます。下級生の男役さんだとロケットの方になるかもしれないですけどね。

    しかしご婦人のプレゼントのセンスってすごいです!自分には思いつきもしない品物でした。しかも高そう。こっちは旅行先で買った芋のお饅頭。。。レベル差を痛感しました。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      本当に、彩凪さんの黒燕尾のかっこよさはもう……ため息です。

      七海さんや彩凪さんを見ていると、黒燕尾はダンスのうまさとは違う、別次元のものがあって、纏う雰囲気、見せ方に美学とはこういうことだと感じます。

      「Music Revolution!」のガウチョのシーンで、ただ立っているだけの男役さんが帽子でまったく顔が見えないのに、出している雰囲気がものすごくかっこよくて「この男役さん、只者ではない」と思ったら彩凪さんでした。

      「20世記号に乗って」の車掌たちのなかに出てくると雰囲気が締まったのも印象に残っており、このままいくと好きになってしまいそうです。

      稽古場などのお茶目な彩凪さんを教えてくださってありがとうございます。

      花組「シャルム!」は制作会見で明日海さんが「黒燕尾がなかったらどうしよう…」と呟いたのに稲葉先生が「ある」と示すようにうなずいていたので、あると思っています。
      明日海さんの卒業ですしね。

      そしてヴィンテージのカフス、舞台で使うものは探すのも大変でしょうし、生徒さんもうれしい、使ってくれたら贈る側もうれしいでいいアイデアだと思いました。

      私はお手紙一辺倒なのですが、少し前に憧花ゆりのさんが差し入れにもらって嬉しいものをインスタグラムに書かれていて、栄養ドリンク、次の公演に関連するものなどが挙がっていてなるほどと思いました。

      そういえば先日雪組を観劇した際、うみひこさんが好きだと仰っていた元花組の93期の娘役さんをお見かけしました。
      在団中の同期の男役スターさんとご一緒で、ばっちり近くで見て「!!!」となりました。

      • うみひこ より:

        元花組の93期の娘役さん、いらっしゃいましたか!そうか関東なんだー。自分も観劇とかでお目にかかれるかな? なんか盛り上がってきました。

        話変わりますが、宙組全国ツアーは熊本に遠征することにしました。ちょうど福岡出張と日程が重なったので。とはいえ日曜朝から福岡〜熊本を新幹線往復です。一体自分は何やってるんだ、というためらいが無いわけではないですが。。。

        • vistalia より:

          うみひこさん

          私はときどきOGさんを見かけることはあるのですが、初めて現役の生徒さんをお見かけしました。
          平日ソワレで無いだろうと思っていたのでびっくりし、ミーハー気分で盛り上がってしまいました。

          宙組全ツ、遠征が熊本だなんて真風さんの地元で盛り上がりそうでいいですね。
          華妃さんの退団ですし感想をお聞かせくださいね。
          私は遠征できない上に市川公演は別趣味で地方に行っていて観劇できないので楽しみにしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください