チケット

宝塚歌劇団、チケットのリセールを開始!

こんばんは、ヴィスタリアです。

宝塚歌劇団、チケットリセールに外部サービス導入!

ようやく宝塚歌劇団がチケットのリセールサービスを導入しました!

いつも宝塚歌劇をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

宝塚歌劇では、6月14日に施行された「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」第五条に記載されている「興行主の同意を得て興行入場券を譲渡することができる機会の提供」として、公式チケットトレードリセール「チケトレ」(外部サービス)での取り扱いを公認させていただきます。

宝塚歌劇公演は、公演中止の場合を除き、ご購入いただいたチケットの変更や払い戻しは原則お断りしておりますが、当社より案内している販売窓口でチケットをご購入後、やむを得ない事情でご観劇いただくことが困難になったお客様は、チケット券面金額でのリセールを取り扱う以下のサービスの利用をご検討いただけるようになります。

取り扱い開始日
2019年8月9日(金)、以降各公演の一般前売開始日の3日後よりご利用いただけます。公演ごとに取り扱い開始日が異なりますので、ご注意ください。

取り扱い開始公演
<宝塚大劇場公演>
花組『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』(8/23~)
※以下の公演は、8月20日(火)より取り扱い開始いたします。

<東京宝塚劇場公演>
星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』(9/6~)

<宝塚バウホール公演>
宙組『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』(9/5~)

<全国ツアー主催公演>
雪組『はばたけ黄金の翼よ』『Music Revolution!』(カルッツかわさき(10/12~14)・ウェスタ川越(10/19))

* 取り扱い公演のうち、一部のチケット・貸切公演については、対象外となる場合がございます。
* その他の公演の取り扱いについては、宝塚歌劇公式ホームページ(一般前売情報)にて都度告知いたします。
* 外部サービスにつき、上記リセールサービスの利用に伴う損害や不利益その他トラブル等について、当社は一切責任を負いかねますことを、あらかじめご了承願います。
お客様におかれましては、お客様同士のチケット譲渡についてご注意いただくとともに、不正な転売行為は決してなさらぬようお願い申し上げます。
皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190805_010.html

この一歩から始まることを祈る

昨日チケットについての記事をアップし、不正転売防止策に関するコメントをいただき、ヴィスタリアはリセールの導入をしてほしいという返信をいたしました。

本人が観劇する前提で申込み、当日発券、本人のスマホでのみ入場可能といった制限は転売防止に有用であるとは言え、一方でやむを得ない事情で観劇できなくなった場合の救済措置としてリセール制度があってしかるべきではないかと思うのです。

興行の規模が小さければそういった制度を導入するのは難しいかもしれませんが、宝塚歌劇団が専用の劇場で通年公演を実施し友の会やWebチケットサービスでチケットを取り扱っている以上、公式にリセール制度を構築してほしいとヴィスタリアは思っています。

特に友の会に関しては友の会でしか購入できないチケット(SS席、新人公演など)がある以上、友の会でリセールをしてしかるべきでは?と思うのです。

とはいえ今回は外部委託という形ですが、リセールが導入されたことは非常に大きな一歩ではないでしょうか。

チケトレのサイトを見ていると手数料がかなりかかりそうですが、チケットを取るのに手数料がかかるのと同様に受け入れるべきものなのでしょう。

…と思いつつ書きながらもチケトレのサイトを見ているとかなりの手数料がかかりそうで気になります。

取引手数料
・出品手数料:出品チケット金額の10% ※3,999円以下の場合は一律400円
・購入手数料:購入チケット金額の10% ※3,999円以下の場合は一律400円

決済システム手数料
・購入したチケット金額の3 ※チケット購入時のみ加算

送金システム手数料
¥380 ※出品チケットの取引成立時に加算

送料
¥510
※送料一律 チケットの受取り方法「郵送」かつ購入者負担の場合のみ、チケット購入時に加算

チケトレを利用したことがないので違ったら申し訳ないのですが、気になるのがチケット発送が出品者から購入者へ直接行われること、つまり個人情報がやりとりされることです。

ヴィスタリアは以前、チケットぴあのCloakでやむを得ない事情により行けなくなった公演のチケット(発券前)をリセールに出した際、購入者の個人情報を知ることなくチケットをリセールすることができました。
もちろん発券前でしたので発送の必要もありませんでした。

宝塚歌劇のWebサービスで購入したチケットが後日劇場やコンビニで発券できるのですから、やはり公式にWeb上で個人情報をやり取りすることないリセールサービスを安全に利用できることが理想だと思います。

とはいえ今回の外部サービスの導入は画期的なものであり、今後よりよい形になっていくであろうという期待を抱きながら一ヅカファンとして注視したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. 田中 より:

    先日はコメントへの返信ありがとうございました。
    ヴィスタリカさんのご意見を伺った直後にリセール制度の発表がされ驚いてしまいました。
    なかなか友の会さんのシステム変更には時間とお金がかかってしまうためか外部利用という形ではありましたが、公式もいろいろ模索しているのだなぁと勉強になりました。
    ありがとうございました。

    • vistalia より:

      田中様

      こちらこそ、再びコメントいただきとてもうれしいです。
      ありがとうございます。

      私もた返信を書いた直後にチケトレ導入のニュースがあり驚きました。

      また返信を書きながら、自分の考えを見つめ直すことができました。

      リセールしたチケットが不正転売されるのを防ぐにはどうすればいいのか?
      といったことを考えると答えは出せないのですが、外部サービスとはいえリセールが導入されたことは大きな一歩だと思います。

      今後どうなっていくのか?自身で考えながら一ファンとして見ていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください