最新記事

イベント・公演の中止・延期が次々と…(コロナウィルスの感染拡大防止に向けて)

こんばんは、ヴィスタリアです。

今日は月組「出島小宇宙戦争」を観劇してきて感想をまとめたいと思っているのですが、
この出島にトリップしている間に新型肺炎をめぐっていろいろな動きがありました。

文化関連のイベント自粛要請 中止・延期の動きが広まる

数日前から芸能関係のイベントの中止、延期の動きが広がっていましたが、26日昼、安倍首相がスポーツ・文化関連のイベント自粛を要請しました。

これを受けて夕方には文科大臣が国立劇場での公演は中止や延期するほか、文化庁所管の国立美術館、博物館は当面の間、休館することを求めたという報道がありました。

また舞台関係の大きなところでは同日、劇団四季が公演中止を発表しました。

午前中の段階では劇場での感染防止策がアップされており公演を実施するのかと思っていたのですが、状況が一転しました。

今後演劇・舞台関係に同様の動きが広まるのか目が離せません。

宝塚歌劇はどうなるのか

宝塚歌劇でも同日午前中にイシ様(轟悠)のパレスホテルでのディナーショーがディナー無しでショーのみの実施になることが発表になっています。

轟 悠 ディナーショー(追) | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
https://kageki.hankyu.co.jp/news/20191114_003.html
※ポスター画像をアップしました。<タイトル>『Yū,SparklingDays』<構成・演出>酒井澄夫<出演者>(専科)轟悠(宙組)美風舞良、美月悠  パレスホテル東京<日時>2020年2月27日(木

今後公演にも影響が出てくるかもしれません。

新型コロナウィルスはインフルエンザと同様に自身の免疫力の維持・手洗い・換気で感染拡大は防げることはいえ、自身に症状がなくともキャリアとなって誰かに移してしまう可能性がある以上、大勢が集まるイベントの中止・延期はやむを得ないことでしょう。

(満員電車も自粛するようもっと強く要請してくれ、と雇われの身としは思うのですが。)

しかし1回の舞台にすべてを懸けて舞台に立たれている生徒さん、スタッフさんのことを思うと辛くてたまりません。

通常の舞台はもちろんのこと、宝塚大劇場では新生星組がお披露目公演真っ只中、みつるさん(華形ひかる)の退団公演でもあります。

御園座では「赤と黒」、Brillia HALLでは「出島小宇宙戦争」で月組生が好評を博しています。

そして東京宝塚劇場では雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」が上演中で、この公演でご卒業される生徒さん(舞咲りんさん、早花まこさん、美華もなみさん)もいます。

生徒さんにとってもスタッフさんにとっても客席のファンにとっても大切な公演が中止になってしまったら…と思うと辛くてたまりません。

昨年のべにあー(紅ゆずる・綺咲愛里)ご卒業公演大千秋楽の前日が中止になってしまった星組「GOD OF STARS/Eclair Brillant」を思い出しました。

あのときも辛かったです。
大千秋楽のライブビューイングも台風の被害で見ることが叶わなかった方がたくさんいました。

ヴィスタリア自身は雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」本公演と新人公演、また美弥るりかちゃんの「MIYA COLLECTION」のチケットを握りしめており、中止になったらと思うと涙が出てきそうです。

この舞台を見ることを支えに日々の労働やら雑事やら自分一人ではどうにもならないことやら諸々を乗り越えてきたのに、それが無くなってしまったからどうすればいいのか……あそこまで泳げば一息つける、と思っていたオアシスがなくなってまた泳ぎ続けねばならないとわかり、絶望のまま力尽きて溺れてしまいそうです。

これからの動きを注視しつつ、感染拡大防止にできることをしていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ