花組

100期娘役を思う「はいからさんが通る」新人公演の配役発表

おはようございます。ヴィスタリアです。

花組「はいからさんが通る」新人公演の配役発表

花組「はいからさんが通る」新人公演の全配役が発表になりました。

ほのかちゃん(聖乃あすか)は紅緒さんを巡る4人の男性のうち、藤枝蘭丸と青江冬星の2役を演じるのですね。

紅緒さんの幼馴染で年の近い蘭丸と年上の上司冬星というまっく違うキャラクターをほのかちゃんがどう作り上げるのか、冬星さんのスーツに巻き毛の長髪の冬星さんのルックスからして楽しみです。

初演の映像を見ましたがほのかちゃんの美貌が女形の蘭丸にハマっていただけに尚更です。

そのほのかちゃん蘭丸を新人公演で演じるのは希波らいとくん

ずいぶん背の高い女形になりそうですが、
「花より男子」西門総二郎役で爽やかかつ危険な色気を放っていたらいとくんですから、らいとくんらしい色っぽさのある蘭丸を大いに期待しています。

らいとくんは前作「A Fairy Tale」新人公演を観劇したときにハーヴィー/帆純まひろ(本役 柚香光)の助手マシュー(本役 帆純まひろ)を本役とはガラリとキャラクターを変えて自信に満ちて演じていたのが印象的で、
蘭丸の弱さやコメディ要素をどんなふうに見せてくれるのかも楽しみです。

雪組から組替えになり花組本公演デビューとなるひとこちゃん(永久輝せあ)高屋敷要役は102期生のだいやくん(侑輝大弥)です。

初演と役どころも変わりますし、ひとこちゃんが新しい風を取り入れてくれることも含めて注目したいです。

100期の娘役さんの配役が気になる

娘役さんで気になったのが100期おとくりちゃん(音くり寿)いとちゃん(糸月雪羽)の配役です。

おとくりちゃんは今回は伊集院伯爵夫人役(本役 美穂圭子)です。

すでに新人公演のみならず東上別箱でヒロインを経験済で、「マスカレード・ホテル」では宝塚史に残るくらいの怪演を見せてくれました。

役が憑依するような芝居巧者でありつつ、宝塚の娘役さんらしい見せ方の美しさと存在感もあって歌もすばらしくて魅力的な娘役さんです。

おとくりちゃんは「邪馬台国の風」で専科の美穂圭子さんのお役を経験をしているので、
今回は別の娘役さんが美穂さんのお役をすることで勉強になったのでは?と思わなくもないです。

またおとくりちゃんラリサ花乃屋吉次を見てみたかったという気持ちもあります。

特に忍少尉への情念、執着を濃く表現するラリサおとくりちゃんだったらどんなふうに表現しただろう?と純粋に見てみたかったです。

そしていとちゃんばあや(本役 真鳳つぐみ)ですが、あまりにもったいないと思います。

いとちゃんはこれまで子役、少年役が多いのが解せないくらい美しい華やかな娘役さんです。

2階立ち見席で見た「CASANOVA」新人公演でもいとちゃんの美貌がはっきりとわかりました。

そして「マスカレード・ホテル」ではブライダル係の仁科理恵役で清楚かつ美しいホテルの制服姿を見せてくれましたし、ヒロインの山岸尚美/朝月希和との2人芝居もしっかりと表現していました。

今年で新人公演を卒業される100期だからこそ、いとちゃんがこれからの花組に必要だと思う娘役さんだからこそ、ヒロイン、あるいはヒロインに準じる役を見せてほしいのです。

「はいからさんが通る」で言うのなら本役が同期だから難しいのかもしれませんが北小路環を糸ちゃんで見たかったです。

(もちろん環役に選ばれたみくりん(三空凛花)がダメだとか嫌だという話ではありません。)

不勉強ゆえに知らないのですが新人公演の役と本役が同期というパターンはこれまで無いんでしょうか。

本役より新人公演の方が上級生というパターンは星組「眩耀の谷」のヒロイン瞳花/桜庭舞(本役 舞空瞳)が最近あったばかりですが。

100期生はあと1回、次回本公演「アウグストゥス」が最後の新人公演になります。
どうかお願いしますよ、と祈るような気持ちです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    はい。新人公演の配役に自分もいろいろ思います。糸月さんについて言えば花乃屋吉次だといいなと思ってました。彼女の大人っぽく妖艶な役が見たかったので。

    ところで今回の「はいからさんが通る」スタッフに「演技指導 彩吹真央」さんの名前がありました。彩吹さんの舞台を自分は実際に観劇したことは無いのですが、作家のねじめ正一さんが日経新聞にエッセーで彩吹さんのことを書いていたのが印象に残っています。(「埋める誇り」という題です。自分は新聞を切り取って保存しています。)

    ねじめさん曰く、
    ・宝塚歌劇に限らず、あらゆる表現のジャンルにはベクトルが2つある
    ・それは「拡げる」と「埋める」
    ・ジャンルの境界線を「拡げる」仕事と、境界線を拡げた分だけ希薄になる内側を「埋める」仕事も必要で、そうしないと伝統は滅びてしまう
    ・どちらも簡単な仕事ではないけれど、より報われないのは「埋める」仕事
    ・高い技術を要する割に地味で、埋めて平らにした上にさらに積み重ねないと仕事をしたことにならないから
    ・彩吹さんと北翔海莉さんは実力派ゆえに「埋める」仕事を担ってきたように思え、それが彼女たちの誇りのように思える

    舞台ですから華やかな役とそうでない役があるのは仕方ないことですが、それでも見る人は見てるんだなーと思いました。
    生徒さんにはそれぞれの役で懸命に演じていただければと思います。

    また、劇団も彩吹さんの貢献に対してトップスター就任という形では報いることはなかったけれども、彼女の実力は認めたからこそ演技指導をオファーし、またそれを彩吹さんが受けて後輩に技術を伝えている、ということを知って少し胸が熱くなりました。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      糸月さんの吉次、素敵ですよねえ。
      娘役らしい娘役、女役らしい女役の糸月さんをもっと見てみたいです。

      彩吹さんが「はいからさんが通る」の演技指導に入られている話は知っていたのですが、ねじめ正一さんのすてきな文章を教えてくださってありがとうございます。

      私もこのうみひこさんのコメントを自分のスクラップブックに入れたいくらい胸を打たれました。

      「拡げる」ことの華やかさに注目しがちですが「埋める」人がいるからこそ続いているものがあるし、埋めることで光る芸もあるのでしょうね。
      拡げることも大切だし埋めることも必要不可欠で、どちらも誰にでもできることではないと思います。

      演技指導に入られるOGさんは初演に出演されていた方が多い気がするので彩吹さんへのオファーは異例なのではないでしょうか。
      それだけ評価と信頼を得ているのだと思うとうれしいです。

      このご時世ですが早く見たくて、遠征できないか計画したくなる自分がいます。

  2. ときめき花子 より:

    花組の新人公演が本当に気になってました。
    見られないけど~カフェブレとビバタカラジェンヌのラジオ放送を楽しみにしているのです。
    音くりちゃん、新人公演は卒業しているような貫禄すらあります。マスカレードホテルの演技、良かったです。
    多くの上級生娘役さんたちが卒業されて、その穴をしっかり埋めて下さっているように思います。

    • vistalia より:

      ときめき花子様

      新人公演の配役はなかなか発表にならないので気を揉みますね。

      私はカフェブレは未見なのですがビバ!タカラジェンヌを楽しく視聴しています。
      娘役さんの出演がなかなか無いですが、たまにはあってもいいのになあと思っています。

      おとくりちゃんの「マスカレード・ホテル」は本当にすごかったですね。
      実力の光る公演が成功したのはおとくりちゃんという稀有な芝居巧者の娘役がいたからこそだと思っています。

      仰るように昨年花組の誇る娘役さんたちが大勢卒業されましたが、次を担う重要なお一人がおとくりちゃんだと舞台を見ると実感します。
      演技、歌もさることながら背中・腕・指先、雰囲気などが美しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください