花組

花組次回作は明日海りお様が青い薔薇の精になる2本立て!

こんにちは、ヴィスタリアです。

取り急ぎ更新いたします。

花組次回本公演は2本立て!「A Fairy Tale」「シャルム!」

花組の次回大劇場公演が発表になりました。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

花組公演
■主演・・・明日海 りお、華 優希

◆宝塚大劇場:2019年8月23日(金)~9月30日(月)
◆東京宝塚劇場:2019年10月18日(金)~11月24日(日)

Musical『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』
作・演出/植田 景子

“青い薔薇”自然界には存在しない禁断の花。その花言葉は—Impossible不可能—。

科学の進歩は、いかなる不可能をも可能にし、時代は変わっていくけれど…永遠に不可能な夢、それは誰も時の流れを止めることは出来ない。

妖精界の掟に背いた罪で異端の者となり、闇と孤独の中に閉じ込められた“青い薔薇の精”。過ぎ行く時の流れの中で、彼の心に残されたものは…。

19世紀後半、産業革命による経済の発展で空前の繁栄を誇る、ヴィクトリア女王統治下の大英帝国。

世界初の万国博覧会が大成功を収めたロンドンでは、科学技術が目覚ましい発展を遂げ、人々の果て無き欲望が渦巻いていた。

伝説や迷信が過去のものとなりつつある時代を背景に、人々が現実だと信じている世界と目に見えない異次元の世界とを交錯させながら描く、忙しすぎる現代社会に生きる大人達の為のほろ苦く温かなオリジナル・ミュージカル。

人間離れした美しさを漂わせる“青い薔薇の精”に挑む明日海りおが、耽美的で幻想的な世界に誘います。

レヴューロマン『シャルム!』
作・演出/稲葉 太地

フランス語で、魅力、色香、魔法、呪文などを表す言葉“シャルム”。
作品毎に様々な姿に変容し圧倒的な魅力を放ち続ける明日海りおを中心に、個性豊かな花組生が織り成す、華やかで気品溢れるレヴュー作品。   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190128_001.html

みりはな(明日海りお・華優希)の大劇場お披露目公演は2本立てでした。

ゆきちゃん(仙名彩世)が「CASANOVA」で退団すること、小川理事長の年頭インタビューで今年後半に1本物の大作があるという話があったそうで「ポーの一族」の再演または新しいエピソードの上演があるのでは?という意見を各SNSで見かけました。

ヴィスタリアもみりおちゃんのエドガーとはなちゃんのメリーベルの再来はあるかもしれない、あったらもちろん見たいと思っていましたが外れました。

そもそも「CASANOVA」が一本物なので来年以降「ポーの一族」が一本物として再演がありえるのかなと思いました。

お芝居でみりおちゃんが「青い薔薇の精」になるなんて。
植田景子先生は耽美がなにかをよくわかっていらっしゃると概要を読んで思いみました。

はなちゃんの役、配役など続報を楽しみに待ちたいと思います。

2019年後半に1本物の大作はあるか

小川理事長が2019年について語る番組かなにかで「後半に1本物の大作がある」と語ったというのをtwitterで見かけました。

ヴィスタリアはスカステ難民で番組は未見のためソースが確認できておりません。
(もし違っていたら教えていただけたらうれしいです。)

2019年の本公演が発表になっていないのは月組(10~12月)と宙組(11月~2020年2月?)です。

宙組は本公演の1本目が「オーシャンズ11」なので2本目も1本物というのは考えにくい気がします。

そうすると月組(10~12月)で1本物の上演があるのかもしれません。

それがもし「ベルサイユのばら」であっても驚きません。

昨日ベルばら45周年を記念したOG公演「ベルサイユのばら45」が初日を迎えましたが、サブタイトルが「45年の軌跡、そして未来へ」ですからね。

月組公演は2019年の東京宝塚劇場のトリにあたるので1月にOG公演で始まって12月に宝塚歌劇でベルばら45周年を締めくくってもおかしくないように思います。

上演するとしたら新しくすべきところは新しくして、変えずに受け継ぐべきものは受け継いで上演してほしいです。

月組の夏はどうなるのかが気になって仕方ない

ところで花組の次回本公演の発表よりも前に実施されるのに発表になっていない公演があります。

夏の月組の青年館・ドラマシティです。

何度も何度もしつこいくらいに書いてきましたが、ヴィスタリアは夏のこの公演がどうなるのか気になって仕方ないんです。

明日29日が月組「夢現無双/クルンテープ」の集合日らしいので明日発表になるんでしょうか。

国際フォーラム「ON THE TOWN」の主要キャスト(暁千星・風間柚乃・白雪さち花・蓮つかさ)はぴったり合致しているように思いますが、別箱との絡みでキャスト変更があるでしょうか。

青年館・ドラマシティはどなたが何の演目をするのでしょう。

宝塚の7月といえば巴里祭がありますがそれは月組がやるのでしょうか。

集合日にはなにかしら人事的な発表があるので気が気でないのですが、この夏の月組の別箱のニュースがハッピーなものであることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください