観劇の感想

予備知識ほぼ0で観た「花より男子」は楽しかったが(やや辛めの感想)

こんばんは、ヴィスタリアです。

赤坂ACTシアターで花組「花より男子」を観劇しました。
いつもの通り、ヴィスタリアの独断と偏見と偏愛に満ちた感想を記事にしています

なおヴィスタリアは「花より男子」の世代ではありますが原作漫画を読んだことがなく(ほかの漫画に夢中だった)、テレビドラマも見たことがなく(テレビを見る習慣がない)、正直に言うなら当時は食わず嫌い気味でした(完全に個人の主観です)。

なので今回の観劇にあたっても「なんで「花より男子」なんだろう」という視線があり、この記事の感想は非常に偏っていると思いますが、「こういう捉え方をする人もいるんだ」くらいに受け止めていただけたらと思います。

宝塚歌劇「花より男子」が原作世界の魅力を教えてくれた

前述の通りヴィスタリアは「花より男子」の予備知識はほぼ0で、
牧野つくし、道明寺司、花沢類、F4という固有名詞だけは聞きかじっていましたしキャラクターのイメージもなんとなくですが抱いているくらいでした。

そんな予備知識ほぼ0の状態で観劇した「花より男子」はとても楽しくおもしろかったです。

たくさん笑い、各キャラクターに魅力を感じ、花組生を一層好きになり、原作の楽しさに触れることができたと感じています。

映像を駆使した演出、漫画のページをめくるようなスピード感のあるストーリー、そして実際に漫画を読んでいるかのように感じる展開、個性の際立つキャラクターたちそれを演じる花組生の力に魅力を感じたのだと思っています。

なかでも道明寺司/柚香光牧野つくし/城妃美伶花沢類/聖乃あすかのキャラクターの再現度と魅力には圧倒されました。

道明寺司/柚香光の立ち方と姿勢の崩し方、ワイルドな椅子の座り方。暴君のような嫉妬と独占欲の表し方。

牧野つくし/城妃美伶のくるくると変わる表情の豊かさ、私服のダサさ(褒めてます)、飛び蹴りの勢い、溌剌さ。

花沢類/聖乃あすかの一人だけ温度の違うふしぎな空気と独特のテンポ。

自然と「この後どうなるんだろう?」「原作も読んでみたい」「これをあの俳優さんが演じたのか。見てみたい」と思いました。

宝塚歌劇で上演されることがなければ「花より男子」の世界に足を踏み入れるーー興味を持つのはもっとずっと先だったかもしれません。

なぜ「花より男子」だったのかも考えずにはいられない

楽しく観劇し「花より男子」ワールドの魅力に触れた一方でなぜ「花より男子」を上演したのかということも考えずにはいられませんでした。

宝塚歌劇では多くの漫画作品を舞台化しています。
主な作品をざっと挙げてみます(順不同)。

「ベルサイユのばら」池田理代子
「オルフェウスの窓」池田理代子
「大江山花伝」木原敏江
「紫子」木原敏江
「アンジェリク」木原敏江
「はばたけ黄金の翼よ」粕谷紀子
「ブラックジャック」手塚治虫
「虹のナターシャ」大和紀和
「あさきゆめみし」大和紀和
「猛き黄金の国」本宮ひろ志
「エル・アルコン-鷹-」青池保子
「メイちゃんの執事」高城理子
「仁-JIN-」村上もとか
「伯爵令嬢」細川智栄子あんど芙~みん
「るろうに剣心」和月伸宏
「ルパン3世」モンキーパンチ
「天は紅い河のほとり」篠原千絵
「アメリカン・パイ」萩尾望都
「ポーの一族」萩尾望都

現代の日本を題材にしたものは「メイちゃんの執事」「花より男子」くらいでしょうか。

演劇界に2.5次元というジャンルが生まれ多くの漫画やアニメ作品が舞台化されているなかで、時代も場所も現代となると宝塚歌劇ではなくとも舞台化しやすいのではないと感じることがあります。

逆に登場人物たちの設定や美しさが現実離れしている「ポーの一族」、描かれている時代が壮大な「天は紅い河のほとり」
宝塚歌劇ならではの美しさや豪華で凝った装置、演出といった舞台化で得られる効果が一致しているように思います。

これはヴィスタリアの個人的な思いですが宝塚歌劇で2次元作品を舞台化するのであれば後者ーー宝塚歌劇ならではの世界観と原作作品のよさが合致し、相乗効果でさらなる魅力が生まれるような作品の舞台化を望みたいと思っており、
現代の学園ものという世界観は該当しないのではないかと思うのです。

しかしこれはヴィスタリアが宝塚歌劇で初めて「花より男子」の世界に触れて興味をもったように、
「花より男子」で初めて宝塚歌劇に触れて興味を持たれる方も相当数おられるでしょうしそれを狙っているのかもしれません。

なぜ現代の日本物がひっかかるのか

時代と舞台が現実に近いものになることで生徒さんとの年齢を意識するあるかもしれないと構えていたのですが、
これはいざ幕が上がったら気になりませんでした。

それよりも宝塚歌劇の舞台で現代のいじめ、暴力、未成年の飲酒といったことが描かれることに心がざわつきました。

不倫や略奪愛を美化し(たとえば「アンナ・カレーニナ」)、トップスターが殺人をおかし(たとえば「ファントム」)、大量殺人をおこなう(たとえば「夢現無双」)のを平気で観てきました。

しかしこれが現代社会、学園ものとなると、生まれながらの平等がたとえ幻想だと承知していしても、具体的に描かれるいじめや暴力を観るのがしんどい気持ちがありました。

またコンテストの最終審査が子どもたちの人気投票という、ある意味遠慮のないものであったのにも非常にザワザワしたので子どもたちの選んだ答えに胸を撫でおろしました。

(また未成年の飲酒シーンがやたらと多いことも気になりましたが「これはフィクション」と自分に言い聞かせました。)

たびたび野口先生のセンス、趣味と合わないと感じることがあるのですが(お好きな方ごめんなさい)、主題歌の歌詞なども気になりました。

辛めの感想になりましたが出演されている生徒さんの熱演はすばらしいもので、キャストごとの感想は次の記事で書きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    私が「花より男子」を観劇するのは来週なんですが、いじめの場面がやっぱりあるんですね。。。つい先日、原作のマンガを読もうかと思ってすぐに読めなくなってしまったのが、このいじめの事がさらっと描いてあったからでした。作者の方はきっといじめられたことも、心がポキっと折れたこともないんだろうなー、と思いました。

    politically collect 通称ポリコレ という
    「性別・人種・民族・宗教などに基づく差別・偏見を防ぐ目的で、政治的・社会的に公正・中立な言葉や表現を使用すること」
    という差別是正の動きがありまして、ひいてはそういう言動をした人を強く非難する風潮もあります。(それを、ポリコレ棒で叩く、と表現したりします)

    実は自分は、そういうことはつまらない世界になるだけのであまり賛成ではないのですが、ただこの「いじめ」についてだけは当たり前のこととしては描かないで欲しいな、と思ってます。弱い立場の人(特に子ども)をさらに悲しませるだけなので。

    初日のダイジェスト映像を見ました。
    牧野つくしが輝いているように見えました。それと柚香さんが大汗かいて超真面目に挨拶されているのが印象的でした。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      観劇前でネタバレになってしまうのに読んでくださってありがとうございます。

      いじめのシーン、陰湿な暴力も描かれていました。
      男子生徒3人でつくしを押さえつけるようなシーンがあったのがもっとも気になりました。
      これだけでもなんとかならなかったのかしらと思いました。

      うみひこさんが仰るようにポリコレ棒でなんでもかんでも叩いていたら芸術芸能は成立しないものになってしまう面があると思います。
      なので私ももちろん、すべてを否定する気は毛頭ありません。

      この原作が連載されていたころよりいじめはより一層深刻になっていると思うので、いま見ると軽い感じでさらっと描かれているのが気になるのかもしれませんね。

      しかし舞台は楽しい3時間であったことは間違いなく、柚香さんの道明寺はかっこよくておもしろくて魅力たっぷりでした。

      また城妃美伶さんのつくしはエネルギーがあふれていて演技から表情、仕草から正につくしでした。
      私は城妃さんが好きなんですが一層好きになりました。

      うみひこさんの感想を楽しみにしております。

  2. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    観ました。楽しめました。
    楽しめたんですが、自分もやはり引っかかるところがいくつかありました。陰湿なイジメや暴力、食べ物(おにぎり)を踏みつけるところ、クラブで薬物?を使って女性を落とすところとか。ガラスを引っ掻くような不協和音をわざと聴かされている気になり、いたたまれませんでした。なんでこんな演出をするんだ?ここまでしなくてもメインのストーリー展開はできただろうにと。自分と野口先生の感性とはズレがあることを認識しました。せめて「清く正しく美しく」の基本路線は維持して欲しかったです。

    道明寺の柚香さん良かったです。仮面のロマネスクのダンスニー男爵の役でもそうでしたが、彼女はこういう2.5枚目役がハマる気がします。最後はガンバレーという気になりましたから。

    しかしなんと言っても、牧野つくしを演じた城妃美伶さんが素晴らしかったです。配役が発表された頃は、落ち着いた雰囲気の彼女が高校生ヒロイン役ってどうよ?と思ってましたが、全然違和感無かったです。逆に他の人だと牧野つくし役は合わなかっただろうなと思いました。(音くり寿さんだと、もしかしたら納得するレベルに創り上げてくるかもですが)

    飛び蹴りや側転着地など、すごい場面があるなーと思っていたら、関係者によると彼女は花組の中で水美さんとならんで運動神経が優れている人なんだそうです。全然知らなかった。ちなみに側転は星組時代にも舞台でやったことがあるそうです。芸の幅が広いです。

    舞台上でもそうでしたが、柚香さんを支えるパートナーという立場もスッと腑に落ちる感じがしました。トップ娘役の華さんが可愛いメインなので、やはり城妃さんのような実力者が周りを固める必要があるなーと。外の舞台でも活躍できる方だとも思いました。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      感想をお待ちしておりました*^-^*
      楽しい舞台ですし盛り上がりますよね。

      しかしどうしてもイジメ、暴力、乱暴が描かれることが気になってしまい、私だけではないのだとうみひこさんのコメントを読んでほっとしています。

      私は野口先生のショーで趣味が合わないと感じていたのですが、今回のことでやっぱり合わないと思いました。
      原作の世代ど真ん中でありながら喰わず嫌いだった私とドラマを見て「いつか上演したい、花組で」と思っていたという先生と合わないのは当然かもしれませんが…。

      柚香さんの道明寺のはまり具合は私も見事だと思いました。
      2.5枚目、コメディ要素のある演技がはまりますね。私はCASANOVAのコンデュルメル閣下も好きです。

      そして城妃さんのつくしは間違いなくこの公演のMVPだと思います。
      私も観るまでは華優希さんのかわいらしさ、音くり寿さんの個性のあるうまさの方がつくし役に合うのでは?と思ったのですが、城妃さんのつくしで本当に良かったです。
      これほど生き生きと、つくしとして息づく姿を見られて大感動でした。

      城妃さんの運動神経のこと、納得です。
      「グラフ」によると最近アルゼンチンタンゴに凝ってレッスンなどされているそうなので、水美さんとタンゴでデュエットなど見てみたいものです。

      城妃さんは芝居も歌も確かで踊りもよく、花娘としての美しさもあり、今後の花組を支え活躍されることを楽しみしたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください