星組

礼真琴・舞空瞳の星組で「1789」が見たい!偏愛に満ちた配役妄想

こんばんは、ヴィスタリアです。

礼真琴・舞空瞳の「1789」ロナンとオランプが見たい

7月14日のフランス革命記念日に月組「1789」がスカイステージで放映されました。

家のことやら雑事やらを片付けずつのながら見でしたが、見ながら宝塚歌劇で再演があるなら、ことなこの星組で見たいと思いました。

月組版はトップコンビがロナン/龍真咲マリー・アントワネット/愛希れいかという別々のカップルの配役でした。

星組で再演するならロナンとオランプの革命に翻弄される男女の物語を軸にして、ことなこにはぜひともロナン/礼真琴オランプ/舞空瞳を演じてほしいです。

月組版のまさちゃぴ(龍真咲・愛希れいか)のロナンとアントワネットもすばらしいですが、
作品の副題は「バスティーユの恋人たち」ですしストーリーの流れからするとトップコンビがロナンとオランプを演じる方がしっくりくるのではないでしょうか。

そしてフィナーレではことなこの夢のようなデュエットダンスが見たいです。

星組「1789」配役妄想

というわけでいまの星組で「1789」を再演するならという配役を妄想してみました。

星組版月組初演
ロナン・マズリエ礼真琴龍真咲
オランプ・デュ・ピュジェ舞空瞳早乙女わかば/海乃美月
デュ・ピュジェ中尉美稀千種飛鳥裕
マリー・アントワネット有沙瞳愛希れいか
ルイ16世天寿光希美城れん
フェルゼン瀬央ゆりあ暁千星
ポリニャック夫人夢妃杏瑠憧花ゆりの
ペイロール愛月ひかる星条海斗
アルトワ伯綺城ひか理美弥るりか
ラマール(アルトワ伯の手先)ひろ香祐紫門ゆりや
ロワゼル(ラマールの手下)天飛華音朝美絢
トゥルヌマン(ラマールの手下)碧海さりお輝月ゆうま
ダントン天華えま沙央くらま
デムーラン天希ほまれ凪七瑠海
ロべスピエール極美慎珠城りょう
ソレーヌ小桜ほのか/桜庭舞花陽みら/晴音アキ
ネッケル輝咲玲央光月 るう
シャルロット水乃ゆり紫乃 小雪

なんとなく関わりのある役ごとに並べています。

すぐに思いついた配役もあれば悩んだ配役もありました。

配役を考えて困ったのが娘役さんの役が少なくて星組の娘役の充実ぶりとそぐわないことです。

その点「ロックオペラ モーツァルト」は別箱ですが、娘役の役が多くて星組の娘役の層の厚さと実力を存分に見せてくれました。

ポリニャック夫人はアントワネットの親友で歌の見せ場もあるのであんるちゃん(夢妃杏瑠)なっちゃん(白妙なつ)で悩みましたが、
付け黒子や粉っぽい当時の艶めいた貴婦人をあんるちゃんでぜひ見たいと思いました。

次に悩んだのは愛ちゃん(愛月ひかる)が「私は神だ」と歌い上げるアルトワ伯かロナンを拷問するペイロールのどちらがいいかです。

いずれも妖しさや濃さのある役で愛ちゃんにハマると思うのですが、
オランプよりロナンに執着しそうなイメージが浮かんでペイロールにしました。

そこにはあかさん(綺城ひか理)アルトワ伯で新境地が見たいという気持ちも影響しました。

あかさんの硬質さはたとえばデムーランの知性と革命への熱意が似合うかもしれませんが、組替えを経験したいま、これまでにないような役を見てみたいです。

初演で美弥るりかちゃんが他の誰にもない色気を醸し出す端緒をアルトワ伯で掴んだように。

そして「私は神だ」をあかさんの豊かな歌声でたっぷり聞かせてほしいです。

アルトワ伯のコミカルな手下たちはヒーローさん(ひろ香祐)ちゃりおくん(碧海さりお)カノンくん(天飛華音)でどうでしょう。

革命家の3人ダントン、デムーラン、ロベスピエールは中堅〜若手スターのぴーすけ(天華えま)、(天希ほまれ)、しんくん(極美慎)を選んでみました。

革命という炎に酸素を吹き込むロベスピエールしんくんに、「ロックオペラ モーツァルト」で歌もよかったですし、ギラギラ熱意を燃やすところを見てみたいです。

チャラさと豪快な男っぽさを併せ持つダントンはぜひともぴーすけに余裕と色気をもって演じてほしいです。

ダントンが思う相手のソレーヌあいちゃん(小桜ほのか)まめちゃん(桜庭舞)の役替りでお願いします!

歌のうまいお二人のどちらかなんて選べませんし、ソレーヌの憂いと怒り、日陰であろうとも懸命に咲こうとする花の趣をそれぞれどのように表現するのか見てみたいです。

有沙瞳✕天寿光希✕瀬央ゆりあの三角関係が見たい

マリー・アントワネットはぜひともみほちゃん(有沙瞳)で!と強く思っています。

登場シーンのゴージャスでガーリーなドレスのナンバー「すべてを賭けて」でみほちゃんならではの美声を響かせてほしいです。

王太子ルイ・シャルルに先立たれた際の喪服さえも豪華で、だんだんと目を覚ましフェルゼンから距離を置こうとする恋に終わりを告げる悲しみ。

この栄華と自己中心的な頂点からのグラデーションと、革命が起きて何もかもを失ったからこその美と悲哀との対比を深く表現してくれること間違いなしと確信しています。

そしてマリー・アントワネットの三角関係はルイ16世/天寿光希フェルゼン/瀬央ゆりあでぜひとも「龍の宮物語」とはまた違う3人の関係が見たいです。

みほちゃんの大好きなみっきぃさん(天寿光希)に「オーストリアに帰るかい?」と訊かれて「陛下と共に」と毅然と答える名シーンは想像するだけで沁みます。

みっきぃさんアルトワ伯の妖しさや媚薬を使う手練手管も似合うと思いますし、
ルイ16世は専科からヒロさん(一樹千尋)じゅんこさん(英真なおき)もあり得ると思ったのですが、
この心を通じ合わせるアントワネットとルイ16世のシーンがみっきぃさんとみほちゃんで実現したらうれしいです。

そしてみほちゃんと並びと芝居の相性が最高にいいせおっち(瀬央ゆりあ)のフェルゼンとの許されぬ恋もいいと思うんです。

前半の恋に夢中の2人のデュエット、別れを意識しての邂逅、訣別…想像するだけでどっぷり浸れます。

アントワネットは登場シーンの派手さに度肝を抜かれますが、このゴージャスさも見せ場ですが、刻々と変化する状況の中での心情・衣装の変化をいかに表現するかが問われる役だと思います。

……ここまで書いたところで海外ミュージカルのお高い著作権料をコロナ禍に見舞われた劇団が負担できるかは疑問だなあ、と立ち止まりました。

劇団存続のためなら芝居もショーもオリジナルの再演・着回しばかりになったとしても構わないと自分は思っています。

宝塚歌劇は当て書きが最大の魅力であると同時に、当て書きゆえに再演のないオリジナル作品がもったいなく思うこともあります。

大作や海外ミュージカルの1本物も見応えがありますしチケット代も値上っていますが、基本はオリジナルの芝居とショーの2本立てではないかと思う気持ちもあります。

ショーの再演はなかなかありませんが、もっとあってもいいのでは?一回だけの上演ではもったいないのては?と思うことがあります。

スカイステージで「ダンディズム」「サザンクロスレビュー」の初演と再演を視聴しましたがどちらも楽しかったです。

初演をヅカファン時代に散々繰り返し見たので初演のイメージが強くても、です。

花組「EXCITER!!」、月組「Apasionado!!」、宙組「シトラスの風」と繰り返し再演されているショーはありますが、他にも再演に充分耐えうるショーの名作、再演が望まれる作品はあるでしょう。

たとえば雪組の「La Esmeralda」は再演をぜひ見てみたいと思いますし、星組「Eclair Brillant」は時代を超えて受け継がれてほしい名作だと思います。

かなり偏愛に満ちた配役妄想になりましたが、皆様の見てみたい「1789」野配役はありますか?
もしよかったらお聞かせくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    自分が初めて月組を観劇したのがこの1789でした。しかも立ち見でその一回のみ。トップ二人の名前しか知らない状態でした。強烈インパクトは美弥さんのアルトア伯爵。ゾクゾクしました。あと愛希さんの堂々としたオーラ、さすがトップ感あるなーと思いました。

    礼さんは少年ぽい男役さんなのでこのロナンは似合いそうですね。最初の場面ですばしっこく壁をのぼるところもあったし。
    舞空さん、アントワネットもやれそうですが、カップルの関係でオランプの方がいいですね。

    でアントワネットを誰がやるかですか、自分は小桜ほのかさん推しです。前の記事にあったアルジェの男のアナ・ベル。目の見えない人の役がホント上手いなーと思ったし、ロックオペラの次女役もキツめメークで高慢な雰囲気がよく出てたし。しかも歌も高レベル。言うことなしです。

    で有沙瞳さんはポリニャック夫人かな。わりと重要な役でゴージャスな衣装を着て歌っていた記憶があります。
    確かに娘役の配役少ないですね。音波みのりさんをどこに配置すればいいんだろう?

    で問題のアルトア伯ですが、確かに愛月さんが真っ先に頭に浮かびますが、ここは従来のいい人キャラ脱皮のため瀬央ゆりあさん希望です。彫りが深い顔立ちだし、悪の役も意外に似合うのでは?と思っています。

    あとルイ16世ですが王としての威厳よりも、趣味が錠前造りだったという内向的なキャラからひろ香ゆうさんがやってくれたら面白そうだなーと思います。

    劇団の人、配役だけ僕に任せてくれないかな?

    • vistalia より:

      うみひこさん

      その会議私も入れてください〜。
      自分と違う配役なので楽しく拝読しました。

      初演をご覧になっているんですね。
      この美弥さんの「私は神だ」を所以にときにファンを「美弥の民」と呼ぶくらいなので羨ましい限りです。

      アルトワ伯に瀬央さんは思いつきませんでしたが、見てみたくなりました。

      「ドクトル・ジバゴ」を映像で見たら二面性のある、冷徹な役をド金髪で演じていてこういう役もしっかり物にしているなあと思ったんです。
      本公演で人のいい役が続いているので新境地になりそうです。

      私も小桜ほのかちゃん好きです。
      帆純さんとの「ゆるりふんわりふたり」以来トークでも惹かれることが多く、なんといっても「ロックオペラモーツァルト」のアロイジアが忘れられません。

      ほのかちゃんアントワネットと有沙瞳ちやんのポリニャックもいいですね。
      学年が近いのも友人感が出そうです。

      そしてはるこさんの役を私は考えつきませんでした。

      こうなると「ロミジュリ」も娘役の役どころが少なくて、どんな配役にするのか悩みます。
      (決めるのは劇団ですが)

  2. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    「ロミオとジュリエット」も星組でやるんでしたね。娘役さんの役だと乳母が誰か?に興味あります。おばさん役ですがソロで歌う場面もあり、とても印象に残ります。

    前回の星組新人公演では、映像での視聴ですが妃海風さんが懸命に演じておられました。(本役は男役の美城れんさん)
    この後彼女はトップ娘役に抜擢される、というシンデレラストーリーが琴線に触れまくりです。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      妃海さん、私はヅカファンになる前に「ガイズ・アンド・ドールズ」をたまたま観劇して一生懸命さに胸を打たれました。
      月組再演(このとき紫吹淳さんの大ファンでした)の印象が強かったのですが。

      あと「メイちゃんの執事」で芝居心が伝わってきて、トップ娘役になるのも納得!と思いました。

      ロミジュリの乳母は重要な役ですよね。
      過去の配役を見ると男役さんがしている場合もありますがここは娘役さんにしてほしいです。

      学年的には白妙なつさんかな?と思いますが、「霧深きエルベのほとり」新人公演で有沙瞳ちゃんが年上の女将ヴェロニカを好演していたので役のウェイト的にもありかなとも思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください