月組

卒業まであと10日すべてが白くなる

こんばんは、ヴィスタリアです。

卒業の日の10日前 すべてが白くなる

月組「夢現無双/クルンテープ」大千秋楽の10日前となりました。
ヴィスタリアの贔屓である美弥るりかちゃんが宝塚歌劇団を卒業されるまであと10日となりました。

誰が決めたのかいつからの伝統なのか、この10日前のからすべてが白くなります。
会服も化粧前も白くなり、卒業される日には生徒さんの服装は白になります。

10日前にこうして白くなるという明確な区切りがあるのは、卒業がいよいよなのだということを意識させられます。

卒業することの覚悟なんてできない

とはいえいくら意識をしようとも卒業することへの覚悟がちっともできないでいます。

昨日が退団発表があった大劇場の集合日からちょうど4ヶ月の日でした。
卒業するその日の日付ーー6月9日はたぶん一生忘れられないだろうと思うのですが、この退団が発表になった集合日1月29日もヴィスタリアは忘れることができません。

この4ヶ月の間に卒業に向けた儀式をいくつも通過してきました。
大劇場遠征、お茶会、大劇場千秋楽のライブビューイング、ディナーショー、そして東京公演観劇、お茶会、写真集発売にGRAPHのさよなら特集。

こうしたことを通過するたびに「区切りをつけなくては」と思い、自分なりにできていたと思っていたのですが、やっぱり全然できません。

だって観劇するたびにるりかちゃんの男役としての魅力、まとっている空気、生み出す色気が増していく一方で、舞台で輝かれていて、稀有な存在感があって、いままでで一番すてきになっていくのをこの目で見ているんです。

「夢現無双」でるりかちゃん演じる小次郎が「早く私の頂きに上がってこい」と武蔵に言い放ちますが、まさにるりかちゃん自身が頂きへと上り詰めて極めていくのを観劇のたびに感じるのです。

そんなの見たら、卒業されることが信じられない……信じたくなくなってしまいます。

終演後劇場をあとにすると、次の観劇が千秋楽になることが受け入れがたくてチケットを追加するという観劇→追加→観劇の無限ループになっていました。

このループができなくなったとき一体自分がどうすればいいのか途方にくれています。

6月9日のこと。6月10日からのこと。

実際問題としてそろそろ追加はできなくなりヴィスタリアの観劇はあと3回となりました。

千秋楽はお取次があるのかわかりませんが、前楽のチケットをお友達が取ってくれて6月9日の、ご卒業の日のるりかちゃんをこの目で見られることになりました。

この日は入りから2公演、楽屋出にフェアウェルパーティーと長い1日になるでしょう。
お別れとおめでとうの、最後の儀式を経験することになります。

このとき自分がいったいどうなっているのか、そして6月10日の自分がどうなっているのか想像がつきません。

たぶんこれを書いているいまと同じように「覚悟しなくちゃ」と「覚悟なんかできない」の間でぐるぐるぐちゃぐちゃしているのかなと思います。

なんだかいまの心情そのまま、まとまりのない文章になってしまいました。
つたない文章を読んでくださってありがとうございました。

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. ホンシツ より:

    おはようございます。
    時々、コメントをさせて頂いています者です。
    美弥るりかさんの卒業の件ですが、それほどまでにるりかさんに恋焦がれておられるのでしたら、卒業日以降はるりかさんが時々夢へ登場なされて現役時のお姿でステージパフォーマンスを披露してくださるのではないでしょうか?
    自分は、某元トップスターの方に心酔していましたことがあるのですが、その当時にはその方が登場しました神がかり的な内容の夢を見まして、最高に幸せな気持ちになったことが有ります。
    慰めになるかは分かりませんが、参考までに自分の経験談を書かせて頂きました。
    では、また何かの機会に。
    ※メールアドレスはいつもと同じく架空のものです。

    • vistalia より:

      ホンシツさん

      先日いただいたコメントの返信をかなり悩みながら書いたのですが、こうしてまたコメントをお寄せくださってとてもうれしいです。

      恋焦がれているとのことですが、恋愛ではないですけれどこの熱に浮かされたような気持ちは恋愛の熱量に近いのかもしれません。

      私自身、15年ぶりに好きな生徒さんの退団に立ち会っているので感傷的になっているのもあります。
      15年前は学生で取れるチケットも少なくSNSもなく、会にも入らずお茶会も行ったことがなくて距離をとれていましたが、
      今回はチケットもたくさん取れてSNSで同じファンの方の思いに触れたりしていることもあるかと思います。

      これだけ思っていたら夢に出てきてくれるでしょうか。
      もしそんな夢を見られたらずっと目が醒めないでこの夢の世界にいたいと思うでしょうね。
      枕の下にいれる写真を用意しようかしら…と思いました。

      メールアドレスの件ですがコメント欄でメールアドレスが公開されることはありませんが、投稿の際に入力が必須になっているため、今後もホンシツさんのご都合のよいものをご入力いただければと思います。

  2. ホンシツ より:

    こんばんは。
    リコメントをして頂きまして、ありがとうございます。
    その方が卒業なされたらこの世から太陽が永久に消え去る様なお気持ちになるぐらいに大好きな生徒さんがおられるなんて、本当にうらやましいです。
    自分は、宝塚ファン歴20年ですが、まだそこまで好きになった生徒さんはあいにくいないものですから。
    一回目のコメントに書きました自分が一時期心酔していました某元トップスターの方は、OGになってからのパフォーマンスしか観たことがないのです。
    自分もるりかさんの公演をあと2~3回は観に行く予定です。
    男装の麗人の美学を最も体現しているであろう黒燕尾服のるりかさんの姿をしっかりと目に焼き付けておきます。
    では、またの機会に。

    • vistalia より:

      ホンシツさん

      こちらこそ再びコメントいただきありがとうございます。

      私も永遠の贔屓である安寿ミラさんは退団後に映像を見てファンになり、現役時代の、男役の安寿さんを観たことはありません。
      それでも1996年からずっとファンです(途中就職など生活の忙しさで見られない時期もありましたが)。

      現役の方で好きになった生徒さんは何人かいるのですが、会に入り遠征までしたのは美弥さんだけです。
      一目惚れだったので最初はなんで好きになったのか言語化できず戸惑っていたのですが、見るたびに「やっぱり好き。特別」と思うので、こういうのを入れ込んでいると言うのでしょう。
      宝塚歌劇全体が好きで各組に気になる生徒さんがいますがこのヅカファンである自分と美弥さんファンの自分は別物なのかなと思っています。

      まさに男装の麗人、黒燕尾の正統派な美しさとまとった雰囲気には毎回息をのむばかりです。
      いよいよ卒業の日がせまってきて、ヅカファンとは別個の美弥さんファンの自分がどうなるのか本当にわかりません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください