メディア関連

望海風斗様が語る相手役/紅ゆずる様の語る理想(宝塚GRAPH6月号)

おはようございます。ヴィスタリアです。

定期購読している宝塚GRAPHですが、6月号は美弥るりかちゃんのサヨナラ特集号でした。
それに関しては先日記事にしましたので今回はそのほかのページについての感想を書きました。

ヴィスタリアの独断と偏見と偏愛で気になった順番に書いています。

COVER 望海風斗様の静謐さと、相手役への”ダメ出し“愛

表紙とポートのだいもん(望海風斗)が美しく、湛えている雰囲気、世界観に息をのみました。

まず表紙からして整ったお顔でそんな思わせぶりな目で見られたら…うっとりです(ため息)。

表紙と同じ衣装の見開きと、GRAPH最終ページのポートのだいもんならではの研ぎ澄まされた静謐さが特に好きです。

興味深かったのがスター通信のコーナーで5組のトップスターが相手役のエピソードを紹介しているのですが、だいもんが相手役の舞台技術に関する苦手分野に言及しているのが印象的でした。

まあやちゃん(真彩希帆)はタップがちょっとお苦手でいらっしゃるのかなとお見受けするのですが(笑)

だいもんのこの言葉で始めるまあやちゃんのエピソードがかわいい上に、まあやちゃんがなんでもできるからこそ言える関係性があるのかなと思いました。

ヴィスタリアは雪組はだいもんが精神的な面でも舞台のクオリティでもまとめ、一段高いレベルへと引っ張り上げているという印象を(勝手に)抱いているので、この話がたまらなく好きです。

舞台写真は「20世紀号に乗って」があり、あの抱腹絶倒の舞台を思い出しながらじっくり見ました。

紅ゆずる様 唯一無二トップスターの理想の現実

毎月楽しみにしているIDEALのコーナーは、スターさんが8つの質問について理想と現実を語ります。

これまでもべにーさん(紅ゆずる)のインタビューはほかのどのスターさんとも違う、べにーさんならではと思うものでしたが(音楽学校時代のエピソードを覚えておいたほうがいいとか、楽屋でファンレターを読むとか)
今回もべにーさんはべにーさんでした。

(タカラジェンヌとしての理想)
理想は無口なタカラジェンヌ!男装の麗人は多くを語らず(中略)
下級生のときにそうなろうと何度か試みたものの、北極を南極にするというくらい無理な話でした(笑)

べにーさんのトークを無口で消してしまうなんてあまりにも大きすぎる損失ではないですか。

また理想のジェンヌで挙げた方の多くが星組の方で、べにーさんの強い星組愛を感じましたし、
はみだしSHOTでは2009年3月号の夢咲ねねさんのポートを模したショットがありその記憶力にも脱帽です。

The Costume 珠城りょう×美園さくら「クルンテープ」

「クルンテープ」からどの衣裳が紹介されるのか楽しみにしていました。

たま様(珠城りょう)ありちゃん(暁千星)に殺されてしまった後、蘇ったときのエメラルドの仏様のゴージャスな衣裳でした。

このショーで使われている頭飾りが藤井先生のタイ土産ということを美弥るりかちゃんがお茶会でお話されていましたが、たま様は「現地調達されたという生地や頭飾りなど…」とお話されているので生地もタイのもののようです。

美園さくらちゃんはプロローグで来ているピンクと黄色のやはりゴージャスな衣裳です。
結婚式の場面、かわいくてすてきなんですよ。

先月のGRAPHでるりかちゃんが「ポスター撮影でさくらが被り物が似合いすぎてずっと笑っていた」とコメントされていましたが、納得です。
さくらちゃんは派手で華やかな衣裳やコスチュームが映えます。

紹介されているイヤリング、ネックレス、指輪などアクセサリーも凝っていてすてきです。
先日観劇したらネックレスが紙面で紹介されているものとは変わっていて、間違い探しのようで楽しかったです。

今月は花組が気になる!

若手スターさんのインタビューSaltu!花組のあかさん(綺城ひか理)が登場です。

あかさんは「MESSIAH」の鈴木役がとてもよくて、ヴィスタリアはこの公演のMVPだと思っているくらい芝居巧者というイメージがあり、「CASANOVA」のモーツァルト役に悩んだというのは意外でした。

幕が開いてからも自分の初日は開いていない…と思うくらい当分の間役が掴みきれなくて。
(中略)ただの道化ではダメで、最後はきちんと天才に戻らないといけないというその塩梅が本当に難しかったですね。

イラストレーター芦沢さんのインタビュー麗花咲くではしろきみちゃん(城妃美伶)が「ポーの一族」のころを振り返っていたお話が印象的でした。

私の人生の中で一番苦しい時期だったんです。
まず本役のマーゴット役が難しくて、小池先生のダメ出しクィーンだったんです。
(中略)それ以外にエトワールもさせていただきましたし、新人公演では長の学年で、しかもヒロインまでさせていただいて。
お稽古期間中には「タカラヅカスペシャル2017」にも出させていただきましたので、ありがたいことですが背負うものが多すぎてもうどうなることかと思いました。

タカラジェンヌの多忙さがよくわかるエピソードです。
またしろきみちゃんの「できないと思ってもやるしかない!というのがタカラジェンヌなので、皆で支え合いますし、助けてくださるんです」という言葉が心に残りました。

SIDE SHOT SELECTIONは花組「CASANOVA」ですが、なんといってもデュエットダンスのゆきちゃん(仙名彩世)の背中、広げたドレスの美しさにうっとりです。

またフィナーレの男役群舞の大階段のショットでは、花組で注目しているホッティー(帆純まひろ)がかっこよくて美人さんで手の上げ方もきれいでぱっと目に飛び込んできました。

InstaGRAPHではあきらさん(瀬戸かずや)が昨年のタカスペ稽古場、「蘭陵王」メンバーでUSJに行った際の集合写真を紹介されているのですが、
この小さな写真でも花娘のかわいさがまぶしい!
みりおちゃんが「花組自慢の娘役さんたち」というのもわかります。

これまで宝塚GPRAHは特に好きな3人の生徒さん(美弥るりかちゃん、七海ひろきさん、仙名彩世さん)に注力して感想記事を書いてきました。

みなさんご卒業されて来月号からどうしよう……出るはずのない答えを探そうとして見つけられないでいるのでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    この記事にある真彩さんのエピソードが気になり、家にあった宝塚GRAPH6月号を読みました。(嫁は望海さんのファンであり、真彩さんのFCに入ってます。雪組トップコンビ発表時は狂喜乱舞してました。ファントムを7回観劇した後は、もう人生思い残すことは無い!だそうです。まだだいぶあるのに。)

    なるほどー納得!なエピソードですね。自分は嫁代理で出待ち軍団に参加し、希帆ちゃんのお言葉を拝聴したことがあるのですが、ふつうの人とは異なる一芸に秀でた方が持つ「いっちゃってる感」を感じました。きっと彼女は宝塚GRAPHを読んで、家で密かにタップの猛練習をするんじゃないかと想像すると笑えてきました。

    だいぶ前の希帆ちゃんが新妻聖子さんに憧れている、という記事を読んで興味を持ちまして、先日新妻さんが出るクラッシックコンサートに行きました。
    全部で4曲歌ってくれたのですが、「夢やぶれて(レミゼラブル)」と「誰も寝てはならぬ(トゥーランドット)」が特に素晴らしかったです。希帆ちゃんもきっと、外の舞台でも歌に芝居に大活躍するだろうなーと思いました。

    美園さくらさん、最初に「うたごころ」で認識したあたりの時は、なんとなく「悪人顔だなー」(失礼!)という印象だったのですが、そのうちに可愛らしいと思えるようになりました。月組公演はまだ観れてないのですが、このタイの衣装、めちゃくちゃ似合ってますね。演出の先生は彼女から感じるインスピレーションでタイを舞台にしたのかな?と。

    あと彼女からは「ふつーの人」オーラを感じます。おとめの、数学が好き、というのも微笑ましいです。(一般受けしそうな事を言わないところが。)退団後はプログラマーとか向いているんじゃないかな。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      奥様は望海さんファンでいらっしゃるのですね。
      多くの方と同じように私もだいきほを類稀なコンビ、これしかない最上の組合せだと思って見ております。

      うみひこさんが仰るようにまだまだこれから、星組トップコンビ、明日海さん退団後の宝塚をひっぱっていかれ、「ファントム」「20世紀号に乗って」以上の代表作が観られることでしょう。
      宝塚では上演されませんが「モーツァルト」がぴったりだと思います(ハッピーエンドではないのが気がかりですが)。

      そしてタップを猛練習している真彩ちゃんを想像すると微笑ましいですね。
      スカステ難民で舞台とグラフしか知らない私ですが、だいもんが求めているものに真彩ちゃんはじめ雪組生が応えているからあれだけクオリティの高い舞台が生まれていると思っています。
      そもそもほんとうにできないと思っていたら冗談でも誌面でも、舞台技術に関することをできないと言えないと思うのです。

      あまり真彩ちゃんのお話を聞いたことがないのですが才能があり、卒業後に外部の舞台でも大活躍される姿は想像できますし楽しみです。

      美園さくらちゃんは「エリザベート」の女官たちが背中を向けているなかで背中から感情がビシビシ伝わってきたときにハッとしました。
      さくらちゃんは強い情念や感情をガンガン出すのと派手で華やかな衣裳がとても似合うと思います。

      さくらちゃんは大劇場、東京と観劇してどんどん磨かれ放たれるエネルギーが大きくなっていっているので、もっともっと自由に自身を解放したらすごいことになるのではないかと楽しみにしています。

      秘めた感情やエネルギー値の高さという意味で私はさくらちゃんを「ふつうではない(いい意味で只者ではない)」と思ってたので、うみひこさんの仰る「ふつーの人」オーラというのが興味深かったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください