星組

星組「GOD OF STARS」退団者発表/バウ主演は瀬央ゆりあくんだった!

こんにちは、ヴィスタリアです。

今日は星組「GOD OF STARS-食聖-/Eclair Brillant」の集合日でした。
いつものことながら別箱千秋楽からわずか数日というハードスケジュールです。
星組生のみなさまお疲れ様です。

退団者発表…べにあーの星組が終わる。寂しくなる

すべに発表されているべにあー(紅ゆずる・綺咲愛里)以外の退団者が発表になりました。

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

星組
紅 ゆずる -すでに発表済-
如月 蓮
麻央 侑希
綺咲 愛里 -すでに発表済-
蓮月 りらん

2019年10月13日(星組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

音佳 りま

2019年5月28日付で退団

https://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20190528_007.html

このさみしさをどう言葉にすればいいんでしょう。
集合日付けの退団はさみしいものです。音佳りまさん、お疲れ様でした。

そしてれんた(如月蓮)ゆっこさん(麻央侑希)のお名前を見たときに「やっぱり…」という思いが浮かびました。

なんとなくべにーさんと添い遂げるのではないかと思っていた上級生さんたちでした。

れんた紅5の1人で、前作で退団された七海ひろきのお兄様の1期下で非常に仲がよいことがことあるごとに語られていて、
お兄様が卒業しべにーさんが卒業されるこのタイミングなのではないかと、なんとなく思っていました。

べにーさんのディナーショー「Berry Berry BENNY!!」の出演者の発表があったときから、このうちのどなたかはもしかしたら…と予感していたのもあります。

紅 ゆずる ディナーショー | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
https://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20190206_001.html
<タイトル>『未定』<構成・演出>藤井大介<出演者>(星組)紅ゆずる ほかホテル阪急インターナショナル<日時>2019年8月22日(木)・23日(金)<場所>4階「紫苑の間」<料金>29,500円(税

昨日大劇場千秋楽を迎えた宙組といい、「この組を見に行けばこのスターさん、この生徒さんがいる」と思うような生徒さんの卒業は本当に寂しいです。

勝手なもので、そういう生徒さん、スターさんはずっといてくれるような気がしてしまうのです。

またタクティー(拓斗れい)の全日程休演が発表になりました。

星組公演『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』の休演者をお知らせいたします。

■公演期間
宝塚大劇場公演:2019年7月12日(金)~8月19日(月)
東京宝塚劇場公演:2019年9月6日(金)~10月13日(日)

宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演
全日程休演
(星組)拓斗 れい
※体調不良のため休演いたします。

タクティーは全国ツアー「アルジェの男/ESTRELLAS」に続いての休演で、しかも東京宝塚劇場までの休演が発表になった形です。
理由が怪我ではなく「体調不良」というのも心配です。

ゆっくり治して元気に舞台に戻ってくる日を待ちたいです。

「GOD OF STARS-食聖-」配役発表 なんだかすごそう

「GOD OF STARS」の配役が発表になりました。

ヴィスタリア自身が整理したくて関係のありそうな役名ごとに並び替え、公演解説から補足しています。

ホン・シンシン/紅 ゆずる
(上海の総合料理チェーン総帥にして三ツ星天才料理人)
リー・ロンロン/礼 真琴
(ホンの弟子。ホンを裏切りすべてを奪う)

◆チョウさんたち
アイリーン・チョウ/綺咲 愛里
(行方不明の父親にかわって食堂を切り盛り)
ミッキー・チョウ/天寿 光希
エレノア・チョウ/音波 みのり

◆ヤンさんたち
エリック・ヤン/華形 ひかる
マダム・ヤン/紫 りら

◆料理家?
ムッシュ・ロブシャン/朝水 りょう
道場十三郎/湊 璃飛

◆漢字チーム
牛魔王/汝鳥 伶
鉄扇公主/万里 柚美
老虎/美稀 千種
日光菩薩/漣 レイラ
月光菩薩/ひろ香 祐

◆横文字チーム
P-heaven/天華 えま
HOPE/天希 ほまれ
AI/小桜 ほのか
Cherry/桜庭 舞
Seala/星蘭 ひとみ
Canon/天飛 華音
Yuri/水乃 ゆり

◆芸名由来チーム
レン/如月 蓮
レオ/輝咲 玲央
マオ/麻央 侑希
シン/極美 慎

◆早く人物相関図が見たい役たち
ヴィミー/白妙 なつ
ミシェル/紫月 音寧
キティ/夢妃 杏瑠
ニコラス/瀬央 ゆりあ
シーク・ジャフーリ/桃堂 純
テリー・ロイ/彩葉 玲央

タンヤン/有沙 瞳
チャウ・ヨンファ/夕渚 りょう
クリスティーヌ・チャン/舞空 瞳

少林寺管長/大輝 真琴
ドラゴンボートの歌手/音咲 いつき
プロデューサー/紫藤 りゅう
カジノの女/澪乃 桜季
カメラマン/遥斗 勇帆

正直まったく予想がつきません。
小柳先生がどんな作品を作られるのか、人物相関図の発表が待ち遠しいです。

星組冬のバウ主演は瀬央ゆりあだった

そして今日は2019年の公演で唯一発表になっていなかった星組バウ公演の詳細も発表になりました。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。

星組公演
■主演・・・瀬央 ゆりあ

◆宝塚バウホール:2019年11月28日(木)~12月9日(月)
座席料金:全席5,500円

音楽奇譚『龍の宮(たつのみや)物語』
作・演出/指田 珠子

遠い昔、夜叉ケ池という池で干ばつが続いた。村の長者は自らの娘を生贄として池に棲む龍神に捧げ、村には再び雨が降るようになったという……。

明治中期、実業家島村家の書生・伊予部清彦は、仲間達との百物語で、夜叉ケ池の怪談話を知る。
度胸試しに一人池へ向かった清彦は山賊に襲われている娘に遭遇する。
清彦が娘を助けると、娘はお礼に清彦を池の奥底にある龍神の城・龍の宮(たつのみや)へ連れて行く。

清彦が助けたのは、龍神の姫・玉姫であった。
清彦は姫を救った恩人として丁重にもてなされ、宮殿での豪華な生活に浸りながら、姫の怪しい美しさに惹かれていった。
やがて数日が過ぎ、友人達や島村家の令嬢百合子のことが恋しくなった清彦は、玉姫に地上へ帰りたいと告げるのだが……。

夜叉ケ池伝説と105年前にも宝塚で上演されたお伽話『浦島太郎』、青年と龍神の姫の愛憎織り成す異郷訪問譚。
この作品は、演出家・指田珠子の宝塚バウホールデビュー作となります。

https://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20190528_003.html

せおっち(瀬央ゆりあ)、おめでとうございます。
2018年「New Wave」「デビュタント」に続いてのバウ主演ですね。

あらすじを読むと明治時代の日本物のようですが、先日観劇した「鎌足」でせおっちの日本物が美しかったので雰囲気など似合そうだなと思いました。

演出の指田珠子先生は先日花組「CASANOVA」の新人公演を担当されていました。
2019年は雪組「PR×PRince」で町田菜花先生、指田先生と2人の女性演出家がバウデビューを果たされたことになります。

ところでこの星組バウ公演は詳細がなかなか発表にならず、先に2020年正月の雪組公演が発表になったので、組替え絡みで発表が遅れているのではないか?とヴィスタリアは予想していたのですがハズれでした。

こうなるとこっとん(礼真琴・舞空瞳)のお披露目公演「ロックオペラ モーツァルト」の2番手どころを誰がつとめるのかが気になります。
ヴィスタリアはこちらにせおっちが出るものだと予想していたのです。

「GOD OF STARS」の人物相関図や新人公演の配役、冬の別箱振分など星組の動向から目が離せません。

それにしても……寂しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください