月組

幸せな気持ち、悔しかったとき(美弥るりか様のインタビュー)

こんばんは、ヴィスタリアです。

美弥るりかちゃんのインタビューが泣けて仕方ない

美弥るりかちゃんのインタビューが朝日新聞に掲載されました。

会員登録をすると全文を読むことができます。

退団発表があってからるりかちゃんのインタビューを読むのは初めてでした。

なんかもう……ヴィスタリアは読んでいて泣きそうになりました。

有料記事なので直接引用はいたしませんが、るりかちゃんの心が伝わってきます。

◆たま様がトップスターになったときの思いやりの抱き方

◆たま様の月組で卒業することの思い

これらを読んで初日を前に掲載されたたま様のインタビューを思い出しました。

美弥るりか様退団公演月組「夢現無双/クルンテープ」初日によせておはようございます。ヴィスタリアです。 とうとうこの日が来てしまいました。 宝塚大劇場で月組「夢現無双/クルンテープ」が...

たま様の言葉も紹介されています。

美弥さんは私を支えてくれたというより、同じ方向を見て一緒に歩いてきた尊敬する方。

美弥さんとの出会いは、私の宝塚人生の大きな財産。
2人だからこそできた作品があった。

今回のインタビューはまるでたま様のインタビューと対になっているようだと思いました。

ヴィスタリアはたまるりが好きで、るりかちゃんの上に立つトップスターはたま様しかいないし、たま様の月組の2番手はるりかちゃんしかいないと、観劇する度に感じていました。

なぜそう感じるのかの一端にこの記事で触れたような気がします。

美弥るりか様の後輩へのメッセージの重み

インタビューのなかで非常に印象的だったのがるりかちゃんの後輩へのメッセージです。

「思うようにいかない時、悔しくてこの世の終わりみたいになった時、その時にどうするか」

という言葉から始まる内容は、学年も上がりポジションも極めつつあるからこその重みがあると思いました。

いろんなことがあって、いろんなことを受け止めたり乗り越えたりされたんでしょうね。

実際に乗り越えてたるりかちゃんだからこそ言えるものだと思います。

また宝塚歌劇団、組の実情を体感してきたからこそのメッセージでもあり、なんとなく想像できるものがあるようにも思いました。

るりかちゃんが「悔しくてこの世の終わり」と思ったのはいつだったんだろう…とつい考えてしまうのですが、るりかちゃんがそれを乗り越えていま見せてくれる舞台がすべてなのかなあと、思います。

あえて直接答えなかったことと、幸せなこと

このインタビューについて朝日新聞大阪芸能班さんがこんなツイートをされています。

語ればいろいろな推測を呼んでしまうであろうことを考慮して、お答えにならなかったるりかちゃんの、心の美しさ、思慮深さに触れたような気がします。

そしてインタビューの冒頭ではこんな一言があります。

「いま、こんなにも幸せな気持ちで卒業できるのも奇跡だなと思います」

数多の「思うようにいかないとき」や「悔しくてこの世の終わりみたいになったとき」を経て、いま卒業を前に幸せであるとるりかちゃんが言えてよかった、と思います。

トップさんは退団会見がありますが、こうして退団にあたっての言葉を聞けるインタビューは貴重でありがたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください