専科

カチャ茶レポ〜凪七瑠海はなんでもできる

こんばんは、ヴィスタリアです。

過日雪組「壬生義士伝/Music Revolution!」東京公演のカチャさん(凪七瑠海)のお茶会、カチャ茶に行ってきました。

レポOKとのことでしたのでヴィスタリアの記憶できた範囲で書いてみます。

カチャ茶のガチャガチャな魅力は伝えきれない

…と言ったものの、レポを書くのが難しいと感じています。
なぜならカチャさんモネマネが変幻自在かつ高度すぎて文字では魅力を伝えきれないのです。

しかもそれがカチャさんの「麗人とはこういうお方のことを言うのだ」という美貌とノーブルかつ穏やかな雰囲気からガラっと変わるギャップがすごくて、カチャさんのお話を実際に聞かないとわからない魅力は到底レポしきれないと思いますが、
「こういうお話があった」「こういう雰囲気だった」というのをヴィスタリアなりにお伝えしてみたいと思います。

言葉などは正確なものではなくニュアンスですし、話の順番なども前後しています。

凪七瑠海はなんでもできる〜スプーンは曲がるし耳は動く〜

初めてオフステージのカチャさんを拝見したのですが、麗人とはこのことかと思いました。

ショーの「Love Revolution」を歌いながら登場されたカチャさんは、黒燕尾風のジャケットにワイドパンツ、襟元のとろんとした白いシャツ、金色のネックレスが輝いていました。

姿勢、特に凛とした背筋の美しさ、腕まくりをしたジャケットからのぞく肘から先の細さと白さと筋の加減(どこ見てんだって話ですが)には惚れ惚れでした。

その麗しいカチャさんが乾杯の音頭からして「おっちゃかい♪おっちゃかい♪」と浮かれていて、この御方はものすごくおもしろい方なのでは…と確信しました。

そういえば「ICHIGO-ICHIEリターンズ」でも一人称は「ワシ」だったし、同期の89期のスターさんたちに「カチャの周りにはいつも人がいる」と言われて「私はウェ~~~イってやってるだけだよ」とお話していましたっけ。

感銘をうけたのは特技についてのトークでした。
サプライズで同期の雪組トップスターだいもん(望海風斗)の音声と差入れが届いたのです。

「得意のアレ、見せちゃってください」というだいもんからの差入れは大きめのしっかりとした2本のスプーンでした。

なんとカチャさんはスプーン曲げができるというのです!

「けっこうしっかりしたスプーンだね。これはちょっと集中しないといけないんですよ」とマイクを置いてほんの少し間をとったカチャさんは、次の瞬間には見事に曲がったスプーンを取り出してみせました。

(スタッフさんが「もう1本サラピンのスプーンがありますので固いというのをお客様に確かめてもらってください」というときの”サラピン”という単語が新鮮に聞こえました。関西だとサラピンっていうのかな。)

コツは柔らかいと思うことです!

昔からスプーンを曲げられるようになりたいと思ってたんですよ。
あるときテレビで教える人が100人くらいの人を前に”スプーンをうどんかパスタのように柔らかいと思ってください。ウドォ〜ン、パァスタ〜、ウドォ〜ン、パァスタ〜“って言い聞かせたら60人くらいの人ができていた。

できなかった人も背中に手を置いて”あなたはできます”って言われたらできてたんです。
ふつうの人にできることなら私にできないわけがないだろうと。

あと耳も動かせます。
これも小さいころからできるようになりたいと思ってたんです。

この耳を動かすのも見せてくださいました。
ちなみにスプーン曲げよりは難しいそうです。

この”自分はできる”と思うことの大切さは感銘をうけ心に留めたいと思ったのですが、一方でカチャさんがおもしろい変幻自在のモノマネネタをぶっ込んでくるのでおかしくてたまらなかったです。

「おとめ」の特技の欄に書いている鳥の着地のモノマネも「こうやって羽をしまうところまであるんです」と見せてくれましたし、それを雪組生の前で見せることになったきっかけをつくった沙羅アンナちゃんのグイグイ来るマネもしていましたし、
スプーン曲げを雪組生に伝授しているときの「カチャさんの顔を見るとテレちゃう〜」などもありました。

カチャさんはスプーン曲げは雪組生がけっこうできるようになって「きぃちゃん(真彩希帆)とあやこ(望海風斗)もできるようになりました」とのことでした。

師匠って呼ばれています。
来年の「おとめ」の特技にスプーン曲げって書いている雪組生がいたら私の弟子です。

来年の「おとめ」でカチャさんや雪組生が特技に何を書くのか注目したいです。

雪組生とのエピソード

雪組「壬生義士伝/Music Revolution!」に出演中ということで雪組生とのエピソードをだくさんお話してくださいました。

◆あやこ(望海風斗)とメンテナンスデート
だいもんのお誘いでメンテナンスに行かれてたそうです。
それはー160度に冷やされた縦型のカプセルに数分入って体を冷凍し、カプセルから出ると一気に血流などがよくなって疲労回復をはかるというものだそうです。トップアスリートの間などで流行っているとか。

おそらくこんな感じのものかと思います。

あやこに誘われてメンテナンスデートに行ったんですよ。
頭と手だけが出る縦型のカプセルに入って、初回は女性だと1分半くらいでギブアップするとお店の人が言ってたんですけれど私は2分半耐えました。

じゃんけんで負けて私が先に入って、もう寒くてなにも考えられないんですよ。
「じゃあ別のこと考えよう。今日なにが食べたい?」と訊かれてガタガタ震えながら「お鍋…お鍋がいいな何味かな。味噌かな。塩かな」って耐えました。

私は辛かったり痛かったりすると笑っちゃうタイプで、あやこは他のことが考えられなくなっちゃって言葉が出なくなるタイプ。他のことを考えようかと言っても「寒い…寒い」と。
あやこはそれでも2分入っていたんですけれど「くやしい~。負けた~」と言ってました。

でもこれをやった次の日はすごく脚が軽かったのでオススメです(にこっ)。

にこってされても……ヴィスタリアも体を動かす趣味をしているので鍼やらマッサージやら好きですが、いくら脚が軽くなるとしても過酷すぎてやってみたいと思えません。

まただいもんから同期のカチャさんへの思いやりがうかがえるようなエピソードもありました。

雪組は初めてで知っているのは4人くらいだったんですけれど、お稽古中にあやこが令和のカウントダウンパーティーに誘ってくれたんですよ。
「カチャの家で(チラッと上目遣い)」と言われて「えっ……わかった。片づけるね」と。
私もちょっと料理したりして、あと煌羽レオくんがすごくお料理が上手で煮込みハンバーグを作ってきてくれました。
男役ばっかり7~8人集まったんですけれど、これがきっかけで仲良くなれた。

だいもんは専科のカチャさんと雪組子の間を上手につないでよい雰囲気を作ってくれんだなあと思いました。

◆89期FOREVER

楽屋は専科部屋、幹部部屋、大部屋とあって私は梨花ますみさんと専科部屋なんです。
今日、お茶会に行く準備をしていたらあやことあゆみ(沙月愛奈)がしっつれいしま~すって専科部屋に
歌いながら入ってきたんです。
お風呂も入った後で化粧をパンパンしながらおっちゃかいおっちゃかいがんばって~って行進しながら。力が抜けるからやめてって言いました。

◆相手役の千風カレンさんとはある意味ラブラブ?
「壬生義士伝」で夫婦役を演じているのんちゃん(千風カレン)とは大変仲良く、楽しくやっておいでのようです。

のんちゃんが「私、ドS のイケメンが好きなんです~♡だからカチャさんタイプ~♡」と言ってくるので「あーはいはいそうなんだよかったね(超棒読み)」とあしらってます。

こののんちゃんのマネと超冷たい棒読みのギャップがすごくて大いに笑いました。

(相手役ということもあり)毎週化粧前にお花を飾ってくれています。
今朝はプレゼントにまつげケースとペットボトルキャップをデコしたのをくれました。

「壬生義士伝」の鹿鳴館メンバーは仲がいいんですけれど奥さんがセリフを噛んだりするんですよね。
この間もなにも間違えてないのに「しんせん…しんせんぐみ」って言いなおしたり。
ちょっとのんちゃん!(怒)と言ってます。

◆ひらめちゃん(朝月希和)にイタズラ

ショーの「Love Revolution」で私の片膝を立てたところにひらめちゃんが座ってる振りがある。
あるときひらめちゃんがすごく遠くに座ってしまい、腹筋がプルプルしていた。
(背後のカチャさんにもたれて必死でポージングするひらめちゃんのマネあり)
次の公演ではちゃんと座ったので耳元で「おばあちゃん♡」と囁いたら違う意味で腹筋をプルプルさせていました。

ひらめちゃんはアイスが大好きで(カチャさんいわく「北海道で食べたアイスがおいしすぎて泣いたらしいです(やや引き気味)」)、ひらめちゃんと何人かと朝あらアイスを食べに行ったりもされたそうです。

◆久しぶりにあーさ(朝美絢)と共演
久しぶりに一緒の舞台に立つあーさについて、あーさのイタズラ小僧のようなニヤニヤなモノマネ付きでお話してくださいました。

あーさと久々に一緒の舞台なんですけれどショーで隣のことが多いんですよ。
すごくうれしいですし、歌も上手になって。いまも変わらずかわいい下級生です。

先日衣裳部屋で一緒になったときもニヤニヤしていた。

◆凪様(彩凪翔)のヘアカット

東京公演中は自分で髪を切っているんですけれど、そのことを話したら「いいな~」と言われて、先日翔ちゃんの襟足を切ってあげました。
翔ちゃん、オフはすごくかわいいです。

◆退団されるJIJIくん(鳳華はるな)

宙組が初舞台でそれ以来慕ってくれていて、専科に行ったからこそこうして退団公演を一緒に出られるのも縁だなと思います。

◆新人公演でカチャさんのお役を演じたしゃんたん(壮海はるま)

研3とは思えないほどしっかりしているんですよ。
私はヘアスプレーの蓋をひっくり返して小物入れにしているんですけれど、先日デコった蓋をプレゼントしてくれました。

ちなみにカチャさんが「壬生義士伝」で演じている松本先生の見事な黒髪のリーゼントは「雪組生によくカツラですか?と訊かれるんですけれど地毛です」とのこと。

カチャさんはなんでカツラと思うのかふしぎそうな口ぶりでしたけれど、あの見事な乱れのないリーゼントですもの、カツラと思うのも当然なのでは。

他にもエピソードはありましたし、カチャさんのモノマネ込みじゃないとおもしろさは伝わらないと思いますが、カチャさんと雪組生がとっても仲良く楽しく公演をされているのがわかりました。

握手とゲームコーナーもすごかった

握手は参加者の動線の事前確認が完璧で非常にスムースでした。
お近くで拝見するカチャさんは息をのむほど美しかったです。

またゲームコーナーではスカイステージで放映された「叶えてプリンス」にちなんだもので(ヴィスタリアはスカステ難民なので詳細はわからないのですが)、
・顎クイ
・壁ドン
・椅子越しのバックハグ
をしてくれるという……これは夢かなにかでしょうか。

短い時間なんですけれどものすごく濃いといいますか、見ているこちらも呼吸するのを忘れそうになるくらいドキドキしました。
しかもカチャさん、一切照れないで「やる!」という男気を見せるようにきっちりやりきってくれるんです。

カチャさんの多才なおもしろさと美しさに存分に満たされた楽しいお茶会でした。
また行きたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください