宝塚

小川理事長年頭会見で明かした「夢組」構想/月組「赤と黒」ライブビューイング

こんばんは、ヴィスタリアです。

小川理事長 2020年年頭会見 過去最高の動員数と”夢組”

小川理事長の年頭会見の記事が各メディアに出ました。

日刊スポーツさん↓

スポーツ報知さん↓

2019年のライブビューイングを含めた観客動員は320万人とのことで、2018年の300万人からさらに20万人増えたことになります。
320万人の内訳は記事によると、下記のようになります。

大劇場120万人
東宝100万人
その他劇場60万人
ライビュ40万人

いずれも過去最高を記録したそうです。

たしかにヴィスタリア自身ライブビューイングのチケットも取りにくなり、
人気の高まりを実感しています。
特に東京の大千秋楽のライビュは苦労します。

驚いたのはみりおちゃん(明日海りお)のご卒業公演「A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!」の超拡大ライブビューイングについてです。

星組のトップコンビ、花組と退団が続き、感謝の念が絶えません。とくに明日海の東京ファイナルは、映画館を抑えきれませんでした。

(中略)東京公演千秋楽のライブビューイングには、約7万人の応募があったが、映画館での収容総数は約6万人になった。

抽選申込や一般発売のたびに映画館がどんどん増えていきましたが、それでも1万人もの方がチケット難に泣いたのですね。

映画館をおさえきれなかったとはいえ、いつもなら実施しない映画館ーー競合相手の映画館や小さな映画館でもライビュがあったのは劇団の尽力があってでしょう。

劇団からすると1万人分のライビュ売上を逃したとも言えるのでしょうけれど…。

さて。そんな夢のない話はさておいて、2025年の大阪・関西万博についての構想”夢組”についても語られています。

宝塚は関西の文化。要請があればご協力したい。
『夢組』でも作れないか。現役では無理だけど、OGを活用して。
(中略)
万博イヤーで芸歴55周年になるターコさん(麻実れい)にも言っておかなければ。OG公演は今でもあるが、もっと強めて。夢にしたいですね。

現役では無理という言葉があるのは、万博の会期中(4月13日~10月13日)にある程度の日数で元タカラジェンヌが出演する等の協力を小川理事長は想定されているのでしょうか。

1年前の2024年は宝塚歌劇団110周年でOG公演やイベントなどがあると思われますが、その流れで一層盛り上がるかもしれません。

また先日スカイステージで放送された年頭インタビューでも掲げていた2020年の目標である品格とクオリティの向上についてのお話もありました。

2020年宝塚歌劇が目指す2つのもの(理事長インタビュー)こんばんは、ヴィスタリアです。 スカイステージで放映された小川理事長の年頭のインタビューを試聴しました。 司会が元星...

人気なんか一瞬でなくなる。コンティニューはたいへんだけど、一度落ちたものを上げるのはさらにたいへん。
1作でも駄作を出すと、終わり。みなそれぞれ、1作1作が勝負と思ってやってほしい。

厳しいお言葉ではありますが、別箱のオリジナル作品は良作が多い一方で大劇場2本立てのオリジナルの芝居でクオリティに疑問を感じるものもあるので、ヅカファンとしてクオリティの向上は多いに歓迎します。

しかし新作を常に上演する劇団で1作の駄作も無いのは相当大変なことだと思います。

たびたび書いていますがヴィスタリアとしてはせめて脚本に矛盾がないよう、張った伏線を回収するよう、校正をきちんとした脚本を上演してほしいと願っています。

それだけでもかなりクオリティは変わってくるように思うのです。

月組「赤と黒」ライブビューイング決定!

月組御園座「赤と黒」のライブビューイング開催が発表になりました。

月組 御園座公演『赤と黒』ライブ中継について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホーム…
https://kageki.hankyu.co.jp/news/20200114_003.html
以下の通り、月組御園座公演の模様をライブ中継いたします。  日時2020年2月29日(土)15:30上映開始  料金4,400円(税込/全席指定)  会場全国各地、台湾、香港の映画館※台湾、香港の実施

トップコンビの主演作品で1箇所のみでの上演ですからきっと開催されるだろうと思っていました。

ライブビューイングとバウホールと2019年最大の後悔おはようございます。ヴィスタリアです。 昨日は星組「ロックオペラ モーツァルト」ライブビューイングの一般前売でした。 ...

スタンダールの「赤と黒」を読みはじめたのですが恋愛ドラマがものすごくおもしろくてはまっています。

これをたま様(珠城りょう)がやって、さくらちゃん(美園)がやって、
まゆぽん(輝月ゆうま)が……おはねちゃん(きよら羽龍)が……とあてはめ想像しながら読んでいます。

ライビュで見られたらうれしいのですがヴィスタリアは日程的に難しそうなのが残念でなりません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    小川理事長の記事を読みました。
    「制作陣にも厳命」とか「9割で『不入り』」とかの言葉。不穏な表現で気になります。トップが現場感覚を持つことは重要ですが、現場に口を挟みすぎてはいないか?演出家が理事長の意向ファーストで動くようになっているのではないか?と懸念します。

    こう思うには理由ありまして、自分は東京での初日を観劇することがあるのですが、小川理事長と近い席になることが多いです。(真後ろの席だったこともあり)
    たいてい彼は演出家と横並びに座っていらして、開演前や幕間に談笑してご覧になってます。まるで会社組織での役員と部長クラスのように。馴れ合いとまでは言いませんが、妙に仲が良すぎる気がしてました。

    舞台における傑作は、そういうサラリーマン臭からは生まれないと思うんですよね。そこそこのものや、他で成功しているものを単純に持ってくるというお手軽なアプローチになりがちなので。数多くの傑作を生んだAppleの故スティーブ・ジョブスは相当な変人だっと聞きます。

    あと「質を求めろ」の質もどういうものと考えておられるんだろう?と気になります。もしかしてポーの一族やIAFAでのヘリコプターなど、空中を浮遊する大道具にお金をかけることが質の向上であるとお考えなら相当ガッカリです。そんなことよりもっと足元のこと、たとえばジェンヌさんのお給料や手当を手厚くしてあげて欲しいです。彼女たちの尋常でない献身によって宝塚歌劇団は成り立っていると思います。

    自分はOSKさんの舞台も観劇しますが、舞台展開がほとんどない(たぶん予算がなくて)にも関わらず、役者さんの真摯な演技により貧弱な舞台セットや背景が全く気にならないことが多いです。OSKさんの舞台を観ると、ガラスの仮面での逆境時の北島マヤを思い出します。

    歌劇関係者には宝塚だけでなく、他の劇団の舞台も観に行っていただければ、自組織を見直すきっかけになるのでは?と思います。自分が海外に行ってはじめて日本文化を意識することになったように。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      たしか石田先生は「壬生義士伝」について理事長とぜひやりたいと昔から話していた、とインタビューでお話されていたと記憶しています。

      風通しはよさそうですが、演出家出身ではない小川理事長とスタッフの先生方、経営側と現場側の関係など気になるところですね。

      この記事を書いてからあらためて小川理事長の求めているクオリティとは、駄作とは、といったことを考えていました。

      今年のラインナップに1本物、それも映画・漫画と元ネタがあったり海外ミュージカルばかりなのは理事長の「駄作は許すまじ」という考え方があるのでしょうか。

      IAFAのヘリコプターには私も……でしたが(しかも新人公演ではエマのソロを削ったのにこのシーンがあったとSNSで知りました)、
      この公演から東宝のプロジェクションパネルが増設されていると思います。

      こういう設備面のアップデートもクオリティの向上に含まれるのかもしれませんが、値上げ分がパネルになったのだとしたらそれよりも生徒さんの手当を増やしてほしいと思いながら観劇していました。

      本当に、生徒さんの献身で成り立っている部分が大きすぎます。

      私はOSKさんの舞台は未見なのですが、一昨年帝劇で某海外ミュージカルを見たら宝塚歌劇とは違ってびっくりしました。
      再演だからなのか長い公演だからなのか、技術はすばらしい方たちばかりでしたが、キャストの熱意や心のようなものが散漫に感じられたのです。

      いろんな舞台、いろんな楽しみ方がありますが私自身は生徒さんの熱演があるからこそ心が動かされ宝塚歌劇に夢中になっているのだと思いました。

      宝塚は生徒さんの熱演でカバーされている部分が大きいと感じる作品もありますし、
      観劇の感想で手厳しいことを書いておきながら言うのも何ですが新作主義と駄作0の両立は難しいのでは?と思っています。

      演出家の先生方もいまのペースで毎年2本以上新作、良作のみを生み続けるのは相当厳しいのでは。

      過去の名作を再演する、通年で同じ演目を上演する(新作を出すぺースを落とす)くらいしないと駄作0にはならない気がします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください