雪組

雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」初日によせて

おはようございます。ヴィスタリアです。

雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」初日おめでとうございます

今日は東京宝塚劇場で雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」が初日を迎えます。
雪組さん、初日おめでとうございます。

この公演でご卒業されるヒメさん(舞咲りん)きゃびぃさん(早花まこ)もなみちゃん(美華)が大千秋楽の日まで輝かれますように。

インフルエンザ、新型コロナウィルスが猛威をふるっていることが心配ですが、どうか大千秋楽まで無事に、みなさまが元気に舞台に立たれることを心から祈っています。

雪組の初日観劇再び(ヅカバナのチケット事情)

ヴィスタリアの人生初の初日観劇は前作「壬生義士伝/Music Revolution!」の初日でした。

このとき初日には独特の緊張感があると感じました。

舞台からの気合、発散されるエネルギー値がいつも以上に高く、客席の集中力も研ぎ澄まされていて、これから始まる新しいものがどうなるのか、劇場中に緊張感があって身が引き締まるような思いでした。

また初日を観劇する機会があったらうれしいなあと思っていたら「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」初日のチケットを友の会がご用意してくれました!

例によって2階後方からの観劇ですが、やはりいつものようにどんなに後ろの席でも舞台に夢中になれば最前列と思って大切に観てきます。

「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」は初日ともう1公演、あとは幸運にもお友だちが新人公演のチケットを当ててくれたのですが、いつも以上に厳しい戦いでした。

貸切公演や抽選はハズれまくり、先着の争いには敗戦を重ね、雪組の人気の高さ、チケット難を実感しました。

すでにこの状態でだいきほ(望海風斗・真彩希帆)の卒業公演「fff/シルクロード」がどれほどのチケット難になってしまうのかを考えるといまから戦々恐々としています。

せめて1回は劇場で観劇できますようにとチケットの神様に祈るばかりです。

貴重なチケットを握りしめて劇場に向かいますが、だいきほの退団発表があって「あと何回いまの雪組を見られるんだろう」と思うと1枚のチケット、1回の観劇の重みがとても大きなものになってずっしりと感じています。

真ん中から端までどこをとっても完璧で美しい結晶のような雪組の舞台。
「ファントム」では類稀な歌唱力と完成度でこれは本当に宝塚歌劇なのか、外部の舞台だってこれほどのものは無いと思われてくれただいきほの雪組。

「20世紀号に乗って」は笑ってに笑って「壬生義士伝」は涙を搾り取られて、怒涛のショー「Music Revolution!」には熱くなって、
大作「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」をやっと見られると思ったら卒業が発表されて…こうやって続いていく宝塚ですけれど、いまの雪組が充実している分「時間が止まればいいのに」という思いが一層強くなります。

そんな思いを抱きつつ、初日にいってきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

あわせて読みたい