宙組

瑠風輝くんバウ主演決定!ほか最近発表になったこと

こんばんは、ヴィスタリアです。

今日のニュースとムラ遠征中で触れられなかったニュースについて書きます。

宙組瑠風輝くんが初のバウ単独主演!

宙組のバウホール公演の概要が発表になりました。

2019年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

宙組公演
■主演・・・瑠風 輝

◆宝塚バウホール:2019年9月5日(木)~9月16日(月)

バウ・ロマンス『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』
—F・スコット・フィッツジェラルド作「The Diamond as Big as the Ritz」より—
脚本・演出/木村 信司

「華麗なるギャツビー」の著者で20世紀のアメリカを代表する小説家の一人、F・スコット・フィッツジェラルド。

彼が残した数多くの短編小説の中でも、異彩を放つ「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」は、富がもたらす熱狂、狂乱を主題とした壮大な夢物語です。そこに主人公の恋を織り込み、宝塚歌劇ならではのロマン溢れる作品としてお届け致します。

アメリカの大学に通うジョンは、ある時友人のパーシーに誘われ彼の実家を訪ねることとなる。そこは贅を尽くした黄金の楽園のような場所だった。巨大なダイヤモンドの原石の中に建てられた豪華な館の中で、パーシーの妹キスミンと出会い、恋におちるジョン。
しかし次第に楽園の秘密が明らかとなり……。   

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190326_004.html

もえこちゃん、おめでとうございます。

98期生はバウ主演経験者がありちゃん(暁千星)、つかさちゃん(飛龍つかさ)、そしてもえこちゃん(瑠風輝)と3人になりました。

あらすじを読んでもおもしろそうですし、フィッツジェラルドと宝塚歌劇は「華麗なるギャツビー」「THE LAST PARTY」などの作品もあって馴染みがよいと思うので気になります。

宝塚巴里祭2019出演者は専科の愛月ひかるくん!

愛ちゃん、初の巴里祭おめでとうございます。

宝塚巴里祭2019

<構成・演出>中村 一徳

<出演者>(専科)愛月 ひかる ほか   

ホテル阪急インターナショナル
<日時>2019年7月15日(月・祝)・16日(火)
ディナー 18:15~19:45/ショー 19:45~20:45

パレスホテル東京
<日時>2019年7月30日(火)・31日(水)
ディナー 18:00~19:30/ショー 19:30~20:30

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190325_002.html

愛ちゃんは専科に組替えになってから星組全国ツアー、そして巴里祭とお仕事が続いて活躍されていますね。
うれしいことです。

他の出演者はスケジュール的に専科または花組、月組と思われるので、愛ちゃんが新しい組とショーをされるのを楽しみにしたいです。

しかしヴィスタリアは今年の巴里祭はれいこちゃん(月城かなと)かなあと予想していたのですが外れました。

2018年の夏の宙組が梅芸・バウ・巴里祭と3分割したように今年は月組が3分割するものばかりだと思っていたのです。

そうなるとれいこちゃん、おだちん(風間柚乃)はイシ様(轟悠)主演のドラマシティ・青年館「チェ・ゲバラ」組ということでしょうか。

花組「花より男子」城妃美伶ちゃんのつくしがつくし!!

柚香光くん主演のACTシアター「花より男子」の先行画像が出ました。

しろきみちゃん(城妃美伶)の牧野つくしが思っていた以上につくしでかわいい!!

これはぜひとも見たいです。
しろきみちゃんが新しい一面を見せてくれそうです。

ヴィスタリアは原作にもドラマにもまったく興味をそそられずに10~20代を過ごし、今回の舞台化もフラットな気持ちで受け止めていたのですが、俄然見に行きたくなりました。

明日海りお様の写真集の表紙が美麗

みりおちゃん(明日海りお)の写真集の表紙が発表になりました。

みりおちゃん、なんという美しさでしょう。
実際に手に取って見るのが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください