OG

元月組トップスター龍真咲さん、活動休止…どう言葉にすればいいのか

こんばんは、ヴィスタリアです。

元月組トップスター龍真咲さん、活動休止へ

月組の前トップスターまさきさん(龍真咲)が5月31日で活動を休止されるというニュースがありました。

所属事務所からも発表がありました。

アーティストとしての人生を見つめ直したいという本人の希望を尊重し、
2019年5月31日をもちまして所属契約を終了し円満退社することとなりました。

まさきさんたっての希望で今回の活動休止となったようです。
事務所退所にともなってファンクラブも解散されるとのことでした。

そしてまさきさんご自身がインスタを更新されています。

View this post on Instagram

皆さまこんにちは☀️ いつも温かいご声援をありがとうございます✨ 私事ではございますが 2019年5月31日をもちましてお世話になりましたスペースクラフトを退社する事となりました。 これまで私を見守り育てて下さいましたファンの皆様、そして事務所と関係者の皆様には感謝の気持ちで一杯です😌 🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡 🍡🍡 🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡自分が思っていた以上に今、沢山の方々から優しいお言葉を。そして体調を心配して下さるメッセージも頂戴してしまいました…。 心から、ありがとうございます❗️ 私は元気です😄 今は応援して下さる皆様に申し訳ない気持ちもあります。こんなに近くに自分の事を気にして思って下さる皆様がいらっしゃる。今は少しでもその想いにお応え出来る様4月28日から始まる LIVEツアーでは、お時間の許す限りお話もさせて頂きたいと思います。 なかなか言葉が見つからず、時間が経ってからのご挨拶になってしまいごめんなさい。 人生は挑戦と夢と希望のパレード。 皆さま、少しだけお待ちくださいね🙂 🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸 🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸 業務的な事はここでお伝えするべきではないのですがお許しください。↓ ※ファンクラブにつきましては、スペースクラフトの公式ファンクラブHOMEより郵送にてご案内をお送りさせて頂いております。ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。

龍真咲さん(@masaki_ryu)がシェアした投稿 –

人生は挑戦と夢と希望のパレード。

これを読むとまさきさんの中では前向きな選択なのかなと思います。

活動休止についてなんて言葉にすればいいのかわからない

宝塚歌劇から離れたいた時期のあるヴィスタリアはまさきさんの現役時代をほとんど知りません。
映像などでも数作品しか見たことがありません。

しかし退団されてからの活動、インスタで拝見するすっかりきれいなお姉さんになれたまさきさんに、 「まさきさんにしかできない活動をされていてすてき。ファンの方は幸せだろうなあ」 と思っていました。

退団後のまさきさんはハッとするほど美しい女性で、鮮烈な印象とうれしい驚きを与えてくれたように思います。

ちゃぴちゃん(愛希れいか)がさよなら特集の宝塚GRAPHで「まさきさん風」というポートを載せていたのをよく覚えています。

ミュージカル、コンサート、CD、朗読、ラジオ…まさきさんはいろいろなお仕事をされておいででした。

今度のライブツアーについても数日前に朝日新聞さんでまさきさんの記事を読んだばかりでした。

インスタでお写真や文章を見ることもできて、ファンクラブのサイトでもなにかしら発信されていたでしょう。

それが約1ヶ月後に終わってしまう。
想像をするとなんと言葉にすればいいのかわかりません。

宝塚を退団するときだって悲しいし寂しいし言葉にできないけれど「退団されてからもなにか活動をされて、応援したり拝見する機会があるかな」 という思いがヴィスタリアにはあります。

その思いを支えにしている部分があるかもしれません。
だからいま、まさきさんの活動休止のニュースをどう言葉にすればいいのかわからないでいるのかもしれません。

龍真咲さんがいつかきっと戻ってくると信じたい

舞台を見る側、ファンになる側として動揺する一方で、
まさきさんが宝塚歌劇団に入団されてからずっと、退団後もずっとずっと走り続けてこられて、「人生を見つめ直したい」 という境地に至るのは、おこがましいですがわかるような気がします。

「龍真咲」をおやすみされて、どうぞゆっくり好きなことを楽しまれてください。

退団は永遠の別れではないように、引退ではなく「活動休止」ですから永遠の別れではないと信じています。

きっといつか、まさきさんが戻ってきてくれると信じています。

ライブツアーがすばらしい一時になりますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください