星組

星組小桜ほのかちゃんが東上ヒロイン!/公式インスタ開始

あけまてしておめでとうございます。
ヴィスタリアです。

2020年もヴィスタリアなりの偏愛で宝塚歌劇を楽しみブログを書き続けていきたいと思いっています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元日から公演のある宝塚歌劇は世間の働き方改革から逆行している気もしつつ、
お正月から大好きな宝塚の舞台を見られたら幸せだなあとも思います。

今日は宝塚大劇場で雪組「ONCE UPON A
TIME IN AMERICA」
が初日を迎えました。
初日おめでとうございます。

出演者のみなさまにとって素晴らしい舞台となり、またご卒業される生徒さんが千秋楽まで輝かれますように。

星組「エル・アルコン」「シラノド・ベルジュラック」主な配役発表

元日から公演もあればニュースもあり、星組全国ツアー「エル・アルコン」イシ様(轟悠)主演の「シラノ・ド・ベルジュラック」の主な配役が発表になりました。

「エル・アルコン」

ティリアン・パーシモン礼真琴
ギルダ・ラバンヌ舞空瞳
ルミナス・レッド・ベネディクト愛月ひかる

昨年の星組全国ツアー「アルジェの男/ESTRELLAS」の2番手どころを専科として演じた愛ちゃん(愛月ひかる)が今回は星組生として入るのですね。

「シラノ・ドベルジュラック」

シラノ轟悠
ロクサーヌ小桜ほのか
クリスチャン瀬央ゆりあ

そしてイシ様のシラノの相手役は小桜ほのかちゃんとなりました。

ほのかちゃん、東上ヒロインおめでとうございます。

ほのかちゃんは「ロックオペラ モーツァルト」のアロイジア役の蠱惑的で甘〜い艶をたたえた演技と美しい歌声が記憶に新しく、
こうして大きなヒロインが決まって本当にうれしいです。

また「GOD OF STARS-食聖-」新人公演でタンヤン(本役 有沙瞳)を本役とはちがうキャラクターに作り上げていたこと、
アイリーン/舞空瞳(本役 綺咲愛里)との2人芝居が自然で巧かったことが強く印象に残っています。

実力とかわいさを兼ね備えたほのかちゃんの実力が遺憾なく発揮されるであろう配役に心からおめでとうを言いたいです。

せおっち(瀬央ゆりあのクリスチャンも期待が高まります。
この「シラノ・ド・ベルジュラック」がますます見たくなりました。

宝塚歌劇団が公式Instagramを開始

そして元日から驚きのニュースがありました。

宝塚歌劇団がInstagramを開設しました。

これまでFacebookはありましたが、ヴィスタリアは諸事情によりFacebookを見られないので、こうしてSNSを開始してくれるのはうれしいです。

ポスターの画像などたいへん凝っていて美しいですからInstagramで見て興味を持つ方も大勢おられるでしょう。

これからどのように更新されていくのかも注目したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    自分も小桜ほのかさんのヒロインを喜んでいます。アロイジアの演技と歌が劇団関係者に評価されたのかな。(そう思いたい)

    でも轟さん主演公演でヒロインが「主な配役」として劇団ホームページのキャストの線より上に載るのはすごいことなのでは?と思いまして、ここ数年で娘役さんがヒロインを演じたケースで「主な配役」だったケースを調べてみました。(敬称略)

    2013年星組 南太平洋 妃海風
    2013/14年専科 第二章 夢咲ねね
    2016年宙組 双頭の鷲 実咲凛音
    2017年月組 長崎しぐれ坂 愛希れいか
    2018年星組 ドクトルジバゴ 有沙瞳
    2018年雪組 凱旋門 真彩希帆

    と壮々たるメンバーでした。
    (リンカーンでの仙名彩世さんも「主な配役」ではなかった)

    小桜さんはドクトルジバゴで主人公のパートナー(奥さん?恋人?)という重要な役だったそうで、そこで轟さんに認められたからこそなんだろうなーと。
    いずれにしても楽しみです。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      小桜ほのかちゃんのロクサーヌ、本当にうれしいですね。
      多くの方々が喜んで祝福しているのを感じます。

      最後の新人公演でヒロインをもう一度…と思っていたのでアロイジア、ロクサーヌと大きな役が来て嬉しいです。

      そして轟さん主演作の主な配役、本当にすごい娘役さんばかりですね。
      たしか一時期ジンクスで「轟さんの相手役をつとめるとトップ娘役になる」というようなものがあった気がしますが、
      「主な配役」ではなかった仙名さんがトップ娘役になったのはドラマチックだなあと思います。

      「ドクトル・ジバコ」が実家のHDDで待機してるので帰省中に見られるといいのですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください